恋愛 男性主人公 青年漫画

モテキ 第1巻|久保ミツロウ (著)

投稿日:

スポンサードリンク

藤本幸世(ふじもとゆきよ)、29歳、彼女なし。恋にヘタレな草食系男子。そんな彼に、人生初の「モテ期」がやってきた!? 過去すれ違った女性たち……ロックフェスで盛り上がり損ねた、アクティブ美人・亜紀(あき)、温泉旅行でも友だち以上になれなかった、ボーイッシュ系・いつか、ラブホまで行っただけ……のフェロモン美女・夏樹(なつき)他多数との再会と恋のチャンスに孤軍奮闘する幸世の、痛くてせつないラブコメディー!! アマゾンより引用

 

 

モテキ 第1巻

 

表紙には二つ折りのガラケーを両手に持った酔っぱらっている感じのメガネの男性が描かれていて、左手に持った赤いガラケーで何かを操作しながら、右手の青いガラケーで会話をしていますので、何かを調べて説明しているのか単純に酔っぱらっているのかわかりませんが、モテキのタイトルから察するに恋愛関係の話でしょう。

冒頭からタイトルの男性のガラケーにメールが来ていて、どうやら以前の派遣先で知り合った女性かららしいのですが、その後に3年前に片思いをした女性からも電話がかかってきて、他にも突然いろいろな女性か一斉に電話がかかってくる状態です。

これがいわゆるモテキか?と女性が担いでいる神輿に乗っかっているイメージになっているので、この男性に突然やってきたこのチャンスを一体どのようにしてやりくりしていくかの流れになりそうです。

スポンサードリンク


メールを送信してきた派遣先で知り合った女性、土井亜紀の回想シーンに移り、そこで、この男性の名前が藤本であることが分かるのですが、二人でハイキングにいったり、ライブに行ったり、というよりも野外のライブのような気がします・・・。

そこで二人でデートをしているような状態になり、自然と恋人のように手をつないで歩いているの気がつき、思わず手を握りしめてしまう藤本なのですが、やりすぎたかと思ったら土井亜紀も手を握り返してくることになりますのでモテキですね。

それから二人で歩いていると、土井亜紀の上着がずれているのを見たり、俺の手に絡みついてくるその女性の手を感じで、俺のことが好きなのかと土井亜紀に声をかけそうになる藤本なのですが、そこでちょと待っていてと土井亜紀が離れます。

そして、その先に立っていた男性の元に土井亜紀が移動していき仲良く話していると、他の同僚たちがやってきて、実はあの二人は付き合っている彼氏と彼女であることを聞かされて、モテキの絶頂だと感じていた藤本は泣きながらその場を走り去るのでした。

それと同時に大雨が降ってきて、濡れたまま傘もささずに泣きながら走りつづける藤本はこらから一体どうなってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

-恋愛, 男性主人公, 青年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

プラチナエンド 第1巻|大場つぐみ (著), 小畑健 (著)

スポンサードリンク 「私が“生きる希望”をあげる」 架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。 …

no image

そば屋幻庵 第9巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 勘定方の要職を早々に致仕し、安くて旨い蕎麦を食べさせる屋台を家族に内緒で開店した牧野玄太郎。本作は、そば屋[幻庵]を舞台にした、味のある店主と個性豊かな常連客たちが織りなす極上の[ …

no image

海賊とよばれた男 第1巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 昭和20年8月15日、日本敗戦。それは、石油販売会社「国岡商店」が何もかも失った日でもあった。莫大な借金だけが残り、もはや再生不可能と全社員が覚悟する中、店主・国岡鐡造は「愚痴をや …

no image

外道の歌 第1巻|渡邊ダイスケ (著)

スポンサードリンク 書店も電子書籍も超話題の売れ筋コミック「善悪の屑」の第2部!法で裁けない屑には屑による直接制裁を!復讐代行人の一人「カモ」の過去が遂に明らかに!?残酷でも読み終えた後にスッキリする …

no image

終戦のローレライ 第1巻|福井晴敏 (原作), 虎哉孝征 (画), 長崎尚志 (脚色)

スポンサードリンク ドイツのライン川に伝わる伝説、その美しい歌声で船員を魅了し船を水中に引きずり込むという魔女の名“ローレライ”――。太平洋戦争の終結が迫る昭和20年(1945年)7月の日本。日本海軍 …