グルメ サバイバル 少年漫画 男性主人公

山賊ダイアリー 第4巻|岡本健太郎 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

身悶えるジビエ(野生肉)の愉悦! とある日は牛タンより美味(!?)なイノシシのタンに舌鼓。またある日は、オスのイノシシの臭味に悶絶。狩りに釣りにイモ掘りに、新米ハンター・岡本は今日も山へ行く。空気銃と罠を駆使し、時にはラペリング降下で獲物を回収。山に遊び、糧を得る究極のアウトドア! 猟犬の成長を見守り、来季に思いをはせる初猟シーズンファイナル! アマゾンより引用

 

山賊ダイアリー 第4巻

 

第3巻からの続きになります。表紙には釣り餌に食いついたすっぽんが描かれていますので、今回は山だけではなくて川での狩猟も含まれているのかもしれない期待が持てます。

岡本さんが子供の頃、1巻で紹介されていたシベリアから戻ってきた、あのおじいちゃんと一緒に罠を使って雀を捕まえていた子供の頃の思い出から始まり、そこで捕まえた雀を焼いておじいちゃんと一緒にスズメを食べていたそうです。

ここで、スズメについての解説があり、どうやらスズメには2種類がいて、普通のスズメは秋から冬にかけて田畑や民家の周囲に群れて生息、ピョンピョン飛び跳ねて歩く方。それともう片方がニュウナイスズメ、こちらは穴の中に営巣するスズメ、普通のスズメより目にする機会は少ない、赤っぽい色をしているそうです。

ニュウナイスズメはこの漫画で初めて知りました。

スポンサードリンク


岡本さんが大人になり、焼き鳥屋さんでメニューにスズメの丸焼きがあったのを見て注文してみたら、なんだか痩せていて、おじいちゃんに食べさせてもらったスズメとは別物だったらしく、店主に聞くとそりゃ輸入物だからねの一言。

それがきっかけで、もう一度あのスズメの焼き鳥を食べたいと思った岡本さん。

2010年1月17日。

そこにはスズメを求めてバイクで走り回る岡本さんの姿があったのでした。

昔はうるさいほどいたはずのスズメがあまりいなくなっているらしくて、最近は稲木架けをしなくなったり、稲刈りをしたら天日で干した後、脱穀をするのですが、現在はその工程をライスセンターに委託するのが普通になったからだそうです。

おじいちゃんから教わった、小鳥を調理するコツは、鳩より小さな小鳥は骨ごと食べるので、背骨や手羽などのふとい骨は包丁の背で砕きます。ただし、まれに自分の顔を方向で切る人がいるので注意してくださいとのことです。

スズメを探してバイクで走り回る岡本さん、どうやら田んぼでスズメを見つけたらしいのですが、ポンプ式の空気銃で何度狙撃しても、捕らえきれなかったらしくて、残念ながら、穫れる気がしないと落胆しながら手ぶらでその日は帰宅しました。

その辺にいるスズメって食べると案外美味しいものなんですね、ただ、あれだけ小さいとライフルとか空気銃では捕獲が難しいでしょうし、罠に関しては法律の問題があるのでしょうから、スズメはなかなか食べれない食材になってしまったのかもしれません。

スポンサードリンク

-グルメ, サバイバル, 少年漫画, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

僕だけがいない街 第3巻|三部 けい (著)

スポンサードリンク 雛月は消えてしまった。事件の解決に失敗した失意の悟に、再び【再上映】が起こる。2006年現代に戻ってきた悟を待ち受けていたもの、それは…母親殺しの容疑者という現実だった! !  ア …

no image

亜人 第3巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 既存の人類との共生か、それとも敵対か――。亜人となった永井圭が最初に接触を試みた同朋、「帽子」こと佐藤の正体は凶暴なテロリストであった。自分に凄惨な人体実験を行った当局の研究員の命 …

no image

アルテ 第2巻|大久保圭 (著)

スポンサードリンク 自らの制御できない感情に思い悩むアルテを引き連れ、貧民街へとやってきたヴェロニカ。 そこにはヴェロニカと同じように、かつて高級娼婦として活躍していた女性の落ちぶれた姿が……。 ヴェ …

no image

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 第1巻|竜田 一人 (著)

スポンサードリンク 福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画! 「いちえふ(=1F)」とは福島第一原子力発電所の通称。「F」は福島。「1」は第一。現場の作業員や地元住人は「フクイチ」ではな …

no image

シャトゥーン~ヒグマの森~  第1巻|増田俊也 (著), 奥谷通教 (著)

スポンサードリンク “シャトゥーン”――それは冬眠に失敗し、飢えて雪山を徘徊する凶暴なヒグマ。零下40度の閉ざされた大森林で、地上最大最強の肉食獣による圧倒的な暴威になすすべも無い人間達……最悪の惨劇 …