グルメ サバイバル 少年漫画 男性主人公

山賊ダイアリー 第3巻|岡本健太郎 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

空気銃で鳥を仕留め、山を見回り、罠を仕掛ける。獲れた鹿を捌いて食い、余った肉で燻製作り、付け合せは河原で採れたクレソン。とはいえ、時には暗い山の中で数時間も過ごすハメに……狩猟は自然の恐怖と隣り合わせでもある。近代的なマンションに住みながら、ちょっと山まで狩りに行ける、猟師・岡本の生活をあなたも味わってみませんか? おまけの1話「天然スッポン」の回も収録。 アマゾンより引用。

 

山賊ダイアリー 第3巻

 

第2巻からの続きになります。今回の表紙にはカラスがおにぎりを落としている?ようなシーンが描かれています。岡本さんの狩猟体験記を漫画にしたこの作品の中身を見ていくことにしましょう。

2009年12月9日。 前回、罠で鹿を獲るために入った山に来ています。しかし、今日のところは餌だけもっておくことにしたらしく、何しろ罠を仕掛けた次の日にイタズラをされたようなので、暫く様子を見たいと思いますとのことです。

犯人はこの道を通って来たんだよなぁ、とつぶやく岡本さんの説明が始まり、罠は仕掛けませんが、獣道から目立つところに罠用のネームプレートをつけておき、プレートに近寄ったことが分かるように、黒いミシン糸を張り、これが人間の胸くらいの高さなので、鹿やイノシシが通っても切れないそうです。

今後のためにも、罠にイタズラをされるのが昼間なのか夜なのかだけでもしっておく価値はあるでしょうとのことで、翌日、翌々日も罠を回ってみると、糸は切られていないので、罠にイタズラはされていないようです。

スポンサードリンク


ちなみに、仕掛けた罠の餌は食べられているので、シカが罠によってきたことに間違いはなく、岡本さんが仕掛けた罠にイタズラをしているであろう悪意のある人間はそこに近寄っていない状態ですから一安心。

12月12日。原付きで山に出かける岡本さん。目的地についたら路肩に軽トラが止まっていて、無線機がついているのを確認。その場合は間違いなく猟師であるとのことです。山に入って無線機がついている軽トラがいればそれで分かるみたいですね。

競争率が高い山は諦めて、人気が少ない山に移動した岡本さんは、そこでイノシシが使っている獣道を発見、木の幹が乾いた泥で白くなっているので、イノシシが体を擦り付けた傷跡であることがわかるそうです。

イノシシの気配はあっても、シカの気配がない、でもイノシシを獲るには良さそうな場所だとあたりを見回していたところ、ピピピピと猟犬用のソナー音が聞こえてきて、岡本さんに迫ってきているのに気が付きました。

相手はイノシシ用の殺気立っている狩猟犬。まさか人に噛み付くことはないと思うけど、他人の犬など信用出来ないので、そのままクマ用スプレーを持ち、木の上に登ってここに人がいるよと叫ぶのでした。

岡本さんいわく、木の上はそれなりに安全なんだそうです。今回の序盤から為になる話が満載なので、狩猟に興味がある人、山に興味がある人にはお勧めです。

スポンサードリンク

-グルメ, サバイバル, 少年漫画, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

信長のシェフ 第4巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 義弟・浅井長政を討つため出陣した信長は、ケンを敵方の料理人に仕立て上げ、浅井の本城へと送り込む。だが、その正体が見破られ…。戦史を代表する凄惨な戦い「姉川の合戦」が迫る中、ケンは! …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第10巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 震災以降、消費者に敬遠されがちな東北の農産物をアピールしたいという依頼が!! 何とか協力したい想いの九音だったが、イメージダウンを恐れて商店街からなかなか了承を得られない。 しかも …

no image

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第6巻|よしづき くみち(著)

スポンサードリンク それぞれの世界で懸命に生きることを決意した亜紀と瑞紀。しかし、彼女たちを狙う陰謀はその凶暴な本性を見せ始め…。タイムトラベル装置を巡る二人の姉妹と二つの世界の物語、遂に衝撃の完結─ …

no image

海賊とよばれた男 第5巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 関門海峡一帯での石油販売業を成功させた国岡商店。大正3年、次なる販路を求めて、店主の国岡鐡造(くにおか・てつぞう)は海外・満州に狙いを定める。満州にはアジア最大といわれる南満州鉄道 …

no image

いぬやしき 第1巻|奥浩哉 (著)

スポンサードリンク その男には誰にも言えない秘密がある! 58歳サラリーマン2児の父。希望もなければ人望もない冴えない男。しかしある日を境に男のすべては一変する――。『GANTZ』で漫画表現の極地を切 …