グルメ サバイバル 少年漫画 男性主人公

山賊ダイアリー 第3巻|岡本健太郎 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

空気銃で鳥を仕留め、山を見回り、罠を仕掛ける。獲れた鹿を捌いて食い、余った肉で燻製作り、付け合せは河原で採れたクレソン。とはいえ、時には暗い山の中で数時間も過ごすハメに……狩猟は自然の恐怖と隣り合わせでもある。近代的なマンションに住みながら、ちょっと山まで狩りに行ける、猟師・岡本の生活をあなたも味わってみませんか? おまけの1話「天然スッポン」の回も収録。 アマゾンより引用。

 

山賊ダイアリー 第3巻

 

第2巻からの続きになります。今回の表紙にはカラスがおにぎりを落としている?ようなシーンが描かれています。岡本さんの狩猟体験記を漫画にしたこの作品の中身を見ていくことにしましょう。

2009年12月9日。 前回、罠で鹿を獲るために入った山に来ています。しかし、今日のところは餌だけもっておくことにしたらしく、何しろ罠を仕掛けた次の日にイタズラをされたようなので、暫く様子を見たいと思いますとのことです。

犯人はこの道を通って来たんだよなぁ、とつぶやく岡本さんの説明が始まり、罠は仕掛けませんが、獣道から目立つところに罠用のネームプレートをつけておき、プレートに近寄ったことが分かるように、黒いミシン糸を張り、これが人間の胸くらいの高さなので、鹿やイノシシが通っても切れないそうです。

今後のためにも、罠にイタズラをされるのが昼間なのか夜なのかだけでもしっておく価値はあるでしょうとのことで、翌日、翌々日も罠を回ってみると、糸は切られていないので、罠にイタズラはされていないようです。

スポンサードリンク


ちなみに、仕掛けた罠の餌は食べられているので、シカが罠によってきたことに間違いはなく、岡本さんが仕掛けた罠にイタズラをしているであろう悪意のある人間はそこに近寄っていない状態ですから一安心。

12月12日。原付きで山に出かける岡本さん。目的地についたら路肩に軽トラが止まっていて、無線機がついているのを確認。その場合は間違いなく猟師であるとのことです。山に入って無線機がついている軽トラがいればそれで分かるみたいですね。

競争率が高い山は諦めて、人気が少ない山に移動した岡本さんは、そこでイノシシが使っている獣道を発見、木の幹が乾いた泥で白くなっているので、イノシシが体を擦り付けた傷跡であることがわかるそうです。

イノシシの気配はあっても、シカの気配がない、でもイノシシを獲るには良さそうな場所だとあたりを見回していたところ、ピピピピと猟犬用のソナー音が聞こえてきて、岡本さんに迫ってきているのに気が付きました。

相手はイノシシ用の殺気立っている狩猟犬。まさか人に噛み付くことはないと思うけど、他人の犬など信用出来ないので、そのままクマ用スプレーを持ち、木の上に登ってここに人がいるよと叫ぶのでした。

岡本さんいわく、木の上はそれなりに安全なんだそうです。今回の序盤から為になる話が満載なので、狩猟に興味がある人、山に興味がある人にはお勧めです。

スポンサードリンク

-グルメ, サバイバル, 少年漫画, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

アルテ 第3巻|大久保圭 (著)

スポンサードリンク 女性でありながら画家修行をするアルテに対しほかの工房の親方や徒弟から疑問視する声があがる。 果たして彼らを認めさせ、工房の徒弟として修行を続けることはできるのか?アルテの『覚悟』が …

no image

あせびと空世界の冒険者 第1巻|梅木泰祐 (著)

スポンサードリンク ここは、空に浮かぶ陸で人が生きる世界。空には人や船を襲う“竜魚”という巨獣が彷徨う。そんな竜魚から人を守る“衛士”である優しい青年・ユウは、アンドロイドの少女・あせびと旅に出た。人 …

no image

魔法使いの嫁 第1巻|ヤマザキコレ (著)

スポンサードリンク 羽鳥チセ15歳。身寄りもなく、生きる希望も術も持たぬ彼女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使いだった…。 アマゾンより引用。 魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS) &nb …

no image

DEAD Tube ~デッドチューブ~ 第6巻|北河トウタ (著), 山口ミコト (著)

スポンサードリンク 殺人鬼クレイジーラスカルを撮影すれば、1秒毎に100万円のボーナスゲーム!! 前巻から続く「孤島編」、ついに殺人鬼の正体が判明!! そして、最悪の結末に…!! 不吉な予感で胸のざわ …

no image

信長のシェフ 第15巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 織田・徳川と武田の決戦・長篠の戦いが迫る中、戦場となる村に捕らわれたケン。武田側についた村人を説得し、戦が始まる前に一夜にして城を築かねばならないが、武田勝頼は織田・徳川軍の眼前へ …