シリアス 少年漫画 歴史 男性主人公

海賊とよばれた男 第1巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

昭和20年8月15日、日本敗戦。それは、石油販売会社「国岡商店」が何もかも失った日でもあった。莫大な借金だけが残り、もはや再生不可能と全社員が覚悟する中、店主・国岡鐡造は「愚痴をやめよ」と発し、会社再生、そして日本再建にとりかかることを表明する。一人の馘首もせずに再生の道を模索する鐵造だったが、売る油は一滴もない。前途は絶望的であった。アマゾンより引用

 

海賊とよばれた男 第1巻

 

表紙には、見るからに強い意志を持っていそうなメガネを掛けた男性がラフスケッチのようなデッサンで描かれていて、只者ではないことは容易に分かりますし、タイトルの海賊とよばれた男についてもこの男性と深い意味がありそうです。

石油、20世紀を支配する人類に欠かすことのできない大切なエネルギー。この石油を手に入れるかどうかで国の運命が決する時代。世界の大国相手に一歩も引かず互角に戦った・・・この物語に登場する男たちは実在した。

1945年8月15日。正午のラジオから、これより謹みて玉音をお送り申しますとアナウンスされた後、全国民に戦争終結を告げる天皇の声が静かに流れ出た、そして玉音に耳を傾ける大勢の中にその男の姿もあった・・・。

国岡鐵造60歳。石油販売会社を1代で築き上げた明治生まれのこの男が還暦を迎えた子の年、日本は連合国の降伏条件。ポツダム宣言を受諾。これにより1941年12月8日より約3年8ヶ月に渡り続いた大東亜戦争は終結した。

スポンサードリンク


兵士約230万人一般人約70万人合わせて300万人という多くの犠牲者を出し、この日、日本はすべてを失ったのだ・・・。

冒頭から太平洋戦争終了時に、その人国岡鐵造がどのような眼差して皇居を見ていたのかが描かれていて、その1ページを見ただけでも凄まじいエネルギーを感じる実話を元にした石油に絡むお話のようです。

戦後の廃墟の中で、国岡鐵造は運転手が運転する車で移動しながら、日本兵がばら撒いているビラを食べている子どもたちを見て、もはや栄ある帝都の面影はどこにもないこと、多くの仲間達を失い、苦しさに耐えながら勝利すると信じて戦った結果がこれなのか、果たしてこの国はどうなってしまうのかと不安を感じていました。

国岡商店とは、国岡鐵造が25歳で立ち上げた石油販売会社であり、創業34年国内の営業所こそ8店だが、海外には62店を展開、1000名を超える店員、そのうち700名弱が、朝鮮・満州・中国・そして南方のフィリピン、ベトナム、インドネシアで活躍する会社である。

そして、荒れ果てた廃墟を見ながら会社に到着した国岡鐵造は店主室に入ると、常務の甲賀治作が空襲が終わったので窓の木材を外しているのを見て、日本が負けたため、海外に多くの営業所を持つ国岡商店はその営業所を失い、莫大な借金のみが残ることを懸念するのでした。

実話をもとにしていることや、これから国岡商店がどのようにして戦後から立ち上がるのか、それは壮大な展開になっていくようなので、よろしければ海賊と呼ばれた男の1巻を手にとってぜひ見ていただきたい一冊になるかと思います。

スポンサードリンク

-シリアス, 少年漫画, 歴史, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

コンシェルジュ プラチナム 第5巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 魔法のようにお客様の心を読むコンシェルジュ、九音響也――。今巻は、悪徳占い師との対決、店舗従業員の効果的な教育法、口癖から読み取る人間の心理、筆跡に表れる人間性の法則など、ますます …

no image

Sエス―最後の警官― 第1巻|藤堂裕 (著), 小森陽一 (著)

スポンサードリンク 韓国大統領の来日に向け、警備に追われるNPS隊員たち。しかし、雑用を押し付けられた神御蔵の近くで無差別殺傷事件が発生。犯人の命を奪ってでも事態を解決する制圧部隊SATが出動したため …

no image

人狼ゲーム 第1巻|川上亮 (著), 小独活 (著)

スポンサードリンク 高校2年生の仁科愛梨は、ある晩何者かに拉致されてしまう。目覚めると、謎の密閉空間に同じ高校の生徒たちが集められていて、強制的に「人狼ゲーム」に参加させられることになる。そしてそれは …

no image

亜人 第4巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 不死の新生物・亜人となった高校生・永井圭。その圭を仲間に取り込もうとして失敗した亜人テロリスト・佐藤は、在野の亜人に結集を呼びかけた。招集に応じた亜人たちに佐藤は人類虐殺を提案する …

no image

医龍 第1巻|永井明 (著), 乃木坂太郎 (著)

スポンサードリンク NGOキャンプで優秀な外科医として働いていた朝田は、今は医者を辞め、悠々自適の田舎暮らしの毎日。そこへ大学助教授の加藤が現れ、彼を自分の大学病院に迎えようとする。だが、朝田はまるで …