ミリタリー・戦争 女性主人公 歴史 青年漫画

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第8巻| 大西巷一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

15世紀、中央ヨーロッパで巻き起こるフス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争。指揮官ヤン・ジシュカの知略により再び十字軍を退けたフス派軍だったが、様々な人物の思惑が対立し、フス派は分裂してしまう。泥沼化する内紛に巻き込まれた少女兵シャールカは、予期せぬ幸福を手にするが、過酷な選択を迫られることに――。 アマゾンより引用。

 

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第8巻

 

第7巻からの続きになります。表紙には赤ちゃんを抱きかかえている成長したシャールカが描かれていていますので、そろそろこの物語も終わりに近づいてきたのか、シャールカに何か変わったことがあったのか分かりませんが、シャールカの子供であるなら相手は一体誰なのかが大変気になるところですね。

序盤からいきなり街の中で戦争の準備が物々しく始まっていている感じなのですが、どうも様子がおかしく、プラハの広場の前では、中央の井戸を挟んで、ワゴンブルク同士が陣形を組んで向き合っており、どうやらフス派のジシュカとプロコプが指揮するワゴンブルクが戦争を始める準備をしているようです。

一体何が起こったのか?、シャールカが悲しそうな顔でどうしてこんなことに・・・と泣きながらこのような状態に至った4ヶ月前の話がここで始まることになります。

4ヶ月前。

スポンサードリンク


ジシュカに対してオレープの未熟な戦士たちのために良い指導者を遣わしていただけませんか?、と相談を受けていた時に、ジシュカが自らターボルは俺がいなくてもやっていけるといい、ターボルを出てオレープに神の軍団を創り上げると言いながら、オレープで軍隊の指導を行うのですが、ターボルでは・・・。

ジシュカ弾劾の準備が行われており、それを察知したジシュカが先手を打って抜け出したのではないかとの話になっており、何やら物々しい雰囲気の中、ジェリフスキーが暗殺されてしまい、その信奉者達が怒り狂い、大暴動をおこしてプラハ旧市街地を荒らし回ることになり、ジシュカに救援を求めることになります。

その結果、ジシュカが同じフス派の軍隊と市街地で向かい合って戦闘態勢になっているようで、今まさに戦闘が始まろうとしているところに、待てい、双方控えよと叫びながら、フス派同士ボヘミア人同士が戦ってはならぬと、オーランド王の甥を名乗る、ジクムント・コリブートが騎士団を連れて現れることになります。

そして、自分がボヘミア王であることを名乗り、ジシュカ達フスは同士が行おうとしてた戦争は一旦その場で収まることになりました。

シャールカと表紙の赤ちゃんについては序盤では全く出てきませんので、後半以降の話になるのかもしれませんから、まだまだ気が抜けない乙女戦争の続きが気になるようでしたら、是非8巻を見てみて下さい。大変面白い作品ですが、登場人物の名前が分かりにくいのが欠点ですね。

スポンサードリンク

-ミリタリー・戦争, 女性主人公, 歴史, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

監禁嬢 第1巻|河野那歩也 (著)

スポンサードリンク 高校教師、岩野裕行には愛する妻がいて、子供も生まれたばかり。生徒からの信頼も厚く、満たされた日常を送っていた――はずだった。目覚めると全裸で監禁状態。そして現れたのは「カコ」と名乗 …

no image

クダンノゴトシ 第5巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 実家だけでなく、ついに自らの影をも失ってしまった光。いったい自分は何者なのか? 消え行く自身への絶望から自暴自棄になった光は、「神様の子供が欲しいの」と誘惑する舞の口車に乗せられ、 …

no image

信長のシェフ 第6巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 信長が陣を構える大坂と、本拠地・岐阜を結ぶ要路にある宇佐山城。そこを守る森可成のもとに向かったケンだが、その時、森はわずか三千の手勢で三万の浅井・朝倉連合軍と対峙していた。必死に止 …

no image

アビス 第1巻|長田龍伯 (著)

スポンサードリンク 記憶を失い、目覚めたのは見知らぬ迷宮。人を喰らう怪物が無数にうろつく。手元には不思議な力を秘めたトリガーが一つ。安らかに死を受け入れるか? 追い詰められて吠えるか? しぶとく戦い続 …

no image

スプライト 第1巻|石川優吾 (著)

スポンサードリンク その日、女子高生・スー(時任好子)の目には、黒い雪が舞っているのが映っていた。同日午後、友人のキリコ、ミキとともに、叔父・正午が住むマンションを訪ねたスーは、そこで大地震に襲われた …