シリアス 少年漫画 歴史 男性主人公

スティーブ・ジョブズ 第1巻|ウォルター・アイザックソン (著), ヤマザキマリ (著)

投稿日:

スポンサードリンク

ウォルター・アイザックソンが著した世界的なベストセラー『スティーブ・ジョブズ』を、『テルマエ・ロマエ』で一躍脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化!! 第1話の試し読みは1週間で5万人以上が読み、第1話の掲載『Kiss』発売日には英・ガーディアン紙も取り上げた、超話題作登場!! アマゾンより引用

 

スティーブ・ジョブズ 第1巻

 

表紙にはもう誰が見ても一目で分かる、アップルの創設者、スティーブ・ジョブズの有名な写真を元にしたイラストが描かれています。タイトルもそのままスティーブ・ジョブズですから、この漫画がスティーブ・ジョブズの伝記的な話であることが分かります。

独特のタッチで、とても綺麗にスティーブ・ジョブズの顔がリアルに描かれています。

なあ、ウォルター、僕の伝記を書かないか?、それは散歩の途中でのあまりに突発な提案だった・・・。延々と歩きながら話をするのがスティーブ・ジョブズ流・・・。

君の伝記だって?、コロラドまで来て君が僕と話したかったのはそのことなのか、それに対してスティーブ・ジョブズは、ああ、そうさ、僕はよい被写体になるだろうと答えるのでした。

ウォルターは、こんなに若いのに伝記だって?、まさか私が最近フランクリンやアインシュタインの伝記本を執筆しているから・・・、スティーブは自分をこの2人に連なる人物だと思っているのか・・・、そう考えると、まだ早いだろ、あと10年か、20年したらじゃないかな、君が引退する頃に書くよ。

スポンサードリンク


どうやらこの時の散歩の際に、漫画の元になったスティーブ・ジョブズの伝記が書かれることになったらしく、それについてはこの漫画で初めてしました。とてもわかり易く序盤から描かれていますので、とても見やすいです。

その後、何度かこの男と電話でやり取りをしながら、10年後のための資料を少しずつ貯めていくようになった、その後も出版社のパーティーなどで一緒になると、私を部屋の隅に連れていき、軽く僕の伝記を書いてみないかと催促されたりした。

プライバシーを固く守るスティーブがなぜここまで熱心なのか、私にはわからなかった、しかし間もなくして、スティーブ・ジョブズの妻ローリンから電話があり、スティーブ・ジョブズの本を書くのであれば、今すぐやるべきよ・・・。

実はスティーブは癌なの・・。

ローリンは更に、スティーブがあなたに会いにコロラドに行った時、実はもう既に病気だったの、明日癌の摘出手術なのよ・・・。

その話を聞いたウォルターは、パーティーでのスティーブ・ジョブズの会話を思い出し、君が僕の伝記を書き始めても、僕は一切口を挟まない、確認のために見せてくれる必要もない、それは、君の本だ、僕は君が何を書いたか読むこともしないよ。

思い出したウォルターはスティーブ・ジョブズ伝記を書き始める事になります。

とてもいい話で、スティーブ・ジョブズらしいやり取り、癌になっても変わらないスティーブ・ジョブズ流を貫く様子がわかりやすいので、ぜひ見ていただきたい作品です。

スポンサードリンク

-シリアス, 少年漫画, 歴史, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

クダンノゴトシ 第5巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 実家だけでなく、ついに自らの影をも失ってしまった光。いったい自分は何者なのか? 消え行く自身への絶望から自暴自棄になった光は、「神様の子供が欲しいの」と誘惑する舞の口車に乗せられ、 …

no image

東京喰種トーキョーグール 第1巻|石田スイ (著)

スポンサードリンク 【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青 …

no image

信長のシェフ 第17巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 織田家家督相続の儀を無事に終えた信長は、岐阜城を後にした。一方、顕如と松永久秀は果心居士の予言を利用しようと考え…。信長と顕如の最終決戦、天王寺合戦で信長を抹殺する計画が動き出す! …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第2巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 博多への途上に浮かぶ対馬に、蒙古の先鋒部隊が上陸を開始する!見たこともない炸裂弾。馴染みのない集団戦法。朽井迅三郎は、海を越えてやって来た未知の敵に、どう立ち向かうのか?いよいよ両 …

no image

プラチナエンド 第1巻|大場つぐみ (著), 小畑健 (著)

スポンサードリンク 「私が“生きる希望”をあげる」 架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。 …