アニメ化作品 ミリタリー・戦争 少年漫画 男性主人公

アルスラーン戦記 第1巻|田中芳樹 (著), 荒川弘 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた……。奈落へと落ちたアルスラーンの運命! 激動の英雄譚、開幕!! アマゾンより引用

 

アルスラーン戦記 第1巻

 

表紙には白髪の若い男性がいて、その方には鷹のような鳥がのっていますし、アルスラーン戦記とありますので、何かしらの戦いの漫画であることはなんとなく分かりますから、詳細は中身を見ていくことにしましょう。

どうやら舞台は中世のヨーロッパのような場所であり、それっぽい鎧をまとった馬になった兵士たちが騎馬戦の戦を行うシーンから始まり、相手の歩兵舞台を騎馬隊で次々と蹴散らしていっています。

実際の戦闘では、馬に乗って武装をしている騎馬隊は、歩兵部隊から見れば相当な脅威だったらしくて、重さ1トン近い馬が全力で突進してくるだけでも、それは多くの歩兵たちが恐怖したと聞いています。

スポンサードリンク


その後、どこかのお城で剣術を教えている老人と、表紙の白髪の男性が剣で相見えているのですが、教えている側の老人がかなり強いようで、白髪の男性はあっさりと腰をついてしまうのですが、この男性の名前はアルスラーン殿下のようですね。

しばらく母親やこの老いた剣の先生との雑談が終わった後に、表紙に出ていた鷹のような鳥アズライールがアルスラーン殿下の元に戻ってきて、戦争に出兵していたアルスラーン殿下の父親、アンドラゴラス陛下が帰還したことを伝えます。

その堂々たる帰還の中で、捕虜になっている幼い子供を見て、敵国であるルシタニアがあんなに小さい子供を戦争に出すのかと同情する町民たちが野次を飛ばしていて、次々と隊長クラスも帰還してきます。

そして、アルスラーン殿下が先ほどの剣の先生とともに、父親であるアンドラゴラス陛下のもとにやってきて、ご無事で何よりです、遠い地での戦で心配・・・と声をかけるのですが、父親のアンドラゴラス陛下は相手にせず、留守の間の報告を剣術の先生にするように命令します。

先ほど捕虜として連行されていた少年が木製の檻の中に閉じ込められていて、他のりょの姿がなくその少年だけだったので、それを見た子供たちが何かしらガツンと行ってやつ通りに近づくのですが、逆にやられってしまって、檻を壊して捕虜の少年が脱走していまいます。

その際に、アルスラーン殿下が少年たちをかばって、逃走した捕虜の少年に誘拐されてしまうことになり、お城では城門を下ろして厳戒態勢が取られることになりました。

スポンサードリンク

-アニメ化作品, ミリタリー・戦争, 少年漫画, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

信長のシェフ 第1巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 現代の料理人・ケン。彼が目を覚ますとそこは戦国時代だった。京で評判の料理の噂を聞きつけた信長は、強引にケンを自分の料理人にするが…!?戦と料理が織りなす前代未聞の戦国グルメ絵巻!コ …

no image

村上海賊の娘 第1巻|吉田 史朗 (著), 和田 竜 (著)

スポンサードリンク 戦国時代――――応仁の乱に始まった乱世により、足利将軍家の権力は完全に衰退。全国各地の有力武将が次々に天下に名乗りをあげた、群雄割拠のこの時代―――破竹の勢いで進撃を続ける織田信長 …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第3巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 老夫婦の銀行強盗、スターを利用した犯罪、遺産相続でもめる女性、迷子の少女の捜索、失われた料理の再現。ホテルと商店街に迫る様々な問題を”心を読む”コンシェルジ …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第4巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク お客様の心の扉をひらくための白金の鍵を持つコンシェルジュ、九音響也が今巻で魅せるのは、友人との関係性を知るコツ、覆面調査員を見抜く術、記憶の混同が起こるメカニズム、値段交渉のテクニ …

no image

カラダ探し  第1巻|ウェルザード (著), 村瀬克俊 (著)

スポンサードリンク 【「少年ジャンプ+」人気No.1サバイバルホラー!!】友人の遥から「私のカラダを探して」と依頼された明日香たち。それは、学校に伝わる“赤い人”の怪談を予感させるものだった――。早く …