タイムトラベル 一押し作品 女性主人公 少年漫画

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第2巻|よしづき くみち(著)

投稿日:

スポンサードリンク

 

このブログを立ち上げるきっかけになった漫画、君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜の第2巻になります。

1巻同様に表紙には主人公の女性が綺麗に描かれていますし、背景もとても丁寧に描かれていてこれだけでも好感が持てるくらいなのですが、1巻のストーリー自体がとても良かったので、そのストーリーを見た後にこの表紙を見ると、余計に感情移入してしまいそうになるくらいです。

まだ、君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜の1巻をご覧になっていない方は、このブログでも過去記事で紹介していますので、最初から読んだ方が絶対に楽しめますので、ぜひ第1巻をご覧になってみてください。

時は2025年、亜紀所長のことを考え、涙を流しているあのアシスタントの男性の前に突然やってきたのが、すでに研究所の事故で亡くなっているとされていた、妹の風見鶏瑞紀だったのです。

と思った瞬間、次のページになると、2022年の話に戻り、亜紀所長とアシスタントの男性、宮山さんが二人で、客がこなくて生活に困窮している話をしているのですが、そこでやってきたお客さんが、志田文彦さんになり、なんでも、会社の重要なデータを処分して困って相談にやってきたようです。

ただ、タイムトラベル40万円の看板があれば、相当怪しいと感じる人も多いのでしょうけど、困っている人はやってくるようですね。

スポンサードリンク


そこで、亜紀所長に相談をしている際に、志田文彦さんの額にある大きな傷の話になった際に、子供の頃の交通事故でこの傷を負ってしまったことを話すのですが、何か意味深い伏線のような雰囲気を残しながら、タイムトラベルが始まります。

しかし、そこで想定外のトラブルが発生してしまい、この志田文彦さんが、タイムトラベル中にトラックに轢かれそうになってしまい、それを助けようとした女性が大怪我をしてしまう事故が発生します。

それを研究所のモニター越しから見ている亜紀所長と宮山さんがその間抜けぶりに呆れてしまっているのですが、亜紀所長は冷静に、向こうは架空の世界なので用が済んだら戻ってくるだけですと答えるのですが・・・。

この志田文彦さんはドジっ子なのか人がいいのか、そのまま病院で助けてくれた女性を介抱することになり、そこで毎日お見舞いすることを告げて、タイムトラベルをした目的を完全に忘れてしまっているのですが、どうやら恋愛関係を持ってしまったようです。

公園のベンチで顔を赤くしてぼーっとしていた志田文彦さんでしたが、そこに亜紀所長のロボットがやってきて、目的を済ませて早く帰りましょうと声を変えるのですが、志田文彦さんは、あくまでも彼女が全快するまで面倒を見ると言い出します。

これからタイムトラベルの世界で志田文彦さんはどうなってしまうのか?、続きは2巻でご覧になってください。

スポンサードリンク

-タイムトラベル, 一押し作品, 女性主人公, 少年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第8巻| 大西巷一 (著)

スポンサードリンク 15世紀、中央ヨーロッパで巻き起こるフス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争。指揮官ヤン・ジシュカの知略により再び十字軍を退けたフス派軍だったが、様々な人物の思惑が対立し、フス派は分裂し …

no image

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第4巻| 大西巷一 (著)

スポンサードリンク カトリック派が堅守する重要拠点「ヴィシェフラト城」。ヤン・ジシュカ率いるフス派軍は難攻不落のこの城を攻めあぐんでいた。そこへ天才工学者コンラート・キーザーの孫娘、リーゼロッテが援軍 …

no image

八重の桜  第1巻|竹村 洋平 (著), 山本 むつみ (著)

スポンサードリンク 江戸時代末期。山本八重は鉄砲を携え、国の為に戦った──。会津の女として激動の時代を強く生き抜いた幕末のジャンヌダルクの軌跡がここに!! アマゾンより引用 八重の桜 1 (ジャンプコ …

no image

東京ESP 第1巻|瀬川 はじめ (著)

スポンサードリンク “空飛ぶペンギン”を追いかけ、新東京タワーにたどりついた極貧女子高生・リンカの前に、突然現れた“空を泳ぐ魚”の群れ…。そして彼女は、人を超えた“ある力”を手に入れる──。 アマゾン …

no image

競女!!!!!!!! 第1巻|空詠大智 (著)

スポンサードリンク 2003年の法改正により産まれた新たな公営ギャンブル「競女」!その競技で武器となるのは女性ならではの膨らみ、お尻と胸!水上でガチンコぶつけあって目指すぜ一攫千金! アマゾンより引用 …