サバイバル ホラー 女性主人公 青年漫画

巨蟲列島 第4巻|REDICE (著)、藤見泰高 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

ジグモの巣から茉莉華先生と睦美を救い出そうとする青山たち。一方、寺に逃げ込んだグループにも新たな脅威が襲いかかる。だが待望の救助船が、ついに島に到着……!! Amazonより引用

巨蟲列島 4 (チャンピオンREDコミックス)

 

巨蟲列島 第4巻

 

第3巻からの続きになります。表紙には巨大なクモに襲われる女子生徒が草むらで倒れながら抵抗しているシーンが描かれていますので、全巻の続きの通り、巨大なクモに睦美達が襲われてしまったシーンからの続きになりそうです。地球防衛軍のような巨大な昆虫が沢山出てくる展開に興味がある人は見る価値はあるかと思います。

冒頭からジグモにとらわれて巣に引き込まれている睦美と教師の2人をおいて、他の生徒達が一斉に階段の上のお堂に逃げ込むことになり、そこで委員長が武器を探して睦美を助けに行くと他のメンバーに声をかけるのですが、誰も助けに行こうとはしないまま、この場で助けをまとうとします。

しかし、相変わらず坊主の男子生徒は勝手なことばかりしていて、団体行動が全くできていない感じですけど、このクラスのメンバーがよくこの異常な状態で生き残れると思えるような展開の連続になるので、見ていて若干イライラしてしまう人も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク


その頃、睦美を助けようとしていた委員長は柱にぐるぐる巻きにされて縛られてしまっていて、甲斐が1人お堂を抜け出して睦美を助け出しに行くわけですが、ジグモの巣に連れ去られた睦美が目を覚ますと、同時ジグモに連れ去られた教師がこの状況について睦美に問いただします。

どうやらこの2人はジグモの巣の中で食料として保管されている状態らしくて、暴れるほど糸が身体に食い込んでしまい、このままでは絶体絶命の状態です。

その頃、ふすまを背負った甲斐と教師を慕っている女子生徒の二人が睦美たちを助けに来ており、何やら作戦があるようで、ジグモの巣の前で何かをしているようなのですが、その時突然、ジガバチの羽が羽ばたく音がしてきていて、それに反応したジグモが突然素を飛び出し初めた為、睦美と教師は偶然外に出ることが出来ました。

しかし、ジガバチの羽の音を聞いてジグモが驚いて飛び出したものの、睦美達が周辺を見てもジガバチは飛んでおらず、不思議がる睦美だったのですが、どうやら甲斐と女子生徒が襖を背負った状態で携帯電話に録音をしていたジガバチの羽の音を大きくさせて、ジグモたちをおびき出していたようです。

ただ、ガラケーで録音して、ガラケーのスピーカーを使って、あの巨大なハチの羽の音を振動を含めて再現するのにはかなり無理があるのではないかと思うんですが、今後の展開はどうなるんでしょうね・・。地球防衛軍が好きな人なら見ていて面白く感じるのかもしれません。

 

巨蟲列島 4 (チャンピオンREDコミックス)

スポンサードリンク

-サバイバル, ホラー, 女性主人公, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

ONE PIECE 第1巻|尾田 栄一郎 (著)

スポンサードリンク ONE PIECE 1 (ジャンプ・コミックス)   ONE PIECE 第1巻   表紙には麦わら帽子をかぶった少年、赤い髪の女性、緑の単発の髪で酒を飲んでい …

no image

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第2巻|よしづき くみち(著)

スポンサードリンク 君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 2 (ジャンプコミックスデラックス)   このブログを立ち上げるきっかけになった漫画、君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研 …

no image

バトル・ロワイアル 第2巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク デス・ゲームに乗る者たちの暗躍。死者は刻一刻と増え続ける…!!理不尽な殺人実験から逃れる術はないのか!!? アマゾンより引用 バトル・ロワイアル(2) (ヤングチャンピオン・コミッ …

no image

悪の教典 第1巻|貴志祐介 (著), 烏山英司 (著)

スポンサードリンク 先生も、生徒も、親も、みんな怪物! 頻出するトラブルを解消すべく、とびきり有能な英語教師が暗躍する。その果てに待っていたのは、犯罪史上に残る未曾有の大事件だった!! 貴志祐介の話題 …

no image

万能鑑定士Qの事件簿 第1巻|神江 ちず (著), 清原 紘 (企画・原案), 松岡 圭祐 (原著)

スポンサードリンク 万能鑑定士・凜田莉子と週刊誌記者・小笠原悠斗が、都内全域に大量に貼られた“力士シール”の謎に挑む。シールに秘められた真実とは! ?松岡圭祐原作の大ヒットミステリ、ついに …