推理 男性主人公 青年漫画

憂国のモリアーティ 第2巻|三好 輝 (著), コナン・ドイル (企画・原案), 竹内 良輔 (編集)

投稿日:

スポンサードリンク

 死こそが人の心を動かす── 陸軍内で、麻薬組織掃討の気運が高まる中、極秘の特務機関創設の情報を得たアルバート。直後、ロンドンを訪れたウィリアムが何者かに攫われて――!? 国に巣くう歪みを正すため、モリアーティが仕立てる鮮烈な“犯罪劇”がついに始まる!!  Amazonより引用

 

憂国のモリアーティ 第2巻

 

第1巻からの続きになります。表紙には前巻に登場していないカジュアルな格好をしている若い男性が1人描かれているのですが、この段階ではこの男性が誰なのかよく分かりませんので、この第2巻でどのような人物であるかが解き明かさえるのが楽しみになってきますね。

コナン・ドイルの原作で、モリアーティ教授が主役の漫画ですから、もしかしてこの男性は有名なあの人でしょうか?

ロンドン陸軍省にて、新造アヘンがロンドンで広まっており、地方都市や社交界に汚染が拡大してく情報を読み上げながら、陸軍でマフィア掃討作戦を行う主張が陸軍内で行われているのですが、なかなか話が進まない状況で、どうやら陸軍上層部も手を出せない状況にあるようです。

それで、アルバート達が話をしていると、現在ロンドンで流通しているアヘンについて、上級貴族や王族が関わっていて、アジアにアヘンを流していた組織やルートも海軍や大貴族が密かに受け継いだとの噂もあるらしく、それで陸軍の議会でも話が全く進まない状況にあるようでした。

スポンサードリンク


廊下の奥で、その話を聞いていた大佐が陸軍の中にも海軍よりの議員と親しい者がいて、陸軍も一枚岩ではないことや、陸軍が相当したマフィアが海軍の紐付きだった場合は、群動詞の政治的な衝突すらありえると二人に説明を行います。

そのため、陸軍では絶対に出撃許可を出せない事を理解したアルバート達は、女王陛下直属の特務機関の噂があることを思い出し、それで政治に全く左右されないその特務機関が手に入ればウィリアムの手足になると1人考えるアルバートでした。

その頃、モリアーティ邸にはアルバートからの手紙が届いており、どうやらロンドンに来て何かを依頼する段取りになっているようです。

1ヶ月後ロンドン陸軍省の情報部にいたアルバートは、公には存在しない機関の設立、先程の特務機関を設立するにあたっての1番の問題は予算の確保であり、陸軍にはその予算がないため、その資金の問題を自分が解決してご覧に入れましょうとその場で自身に満ち溢れた状態で上官に提案をします。

ロンドンに到着したモリアーティ達は、駅の前で他のメンバーが買い物などに出かけてしまって、モリアーティ一人になっていた所、怪しげな連中にその場で拐われてしまい馬車の中に無理やり押し込められてその場で誘拐されてしまうことになります。

シャーロック・ホームズの悪役であるモリアーティ教授を主役に描いたこの推理漫画、かなりおもしろいので、お勧めできます。

スポンサードリンク

-推理, 男性主人公, 青年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

僕だけがいない街 第8巻|三部 けい (著)

スポンサードリンク 売れない漫画家だった藤沼悟は「再上映」という現象に巻き込まれて何を“得て”何を“失った”のか。自分の人生をやり直した彼が、辿り着いた時間に待っていたものとは …

no image

山賊ダイアリー 第2巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 狩り。それは作者兼主人公・岡本(おかもと)にとっての日常である。イノシシを丸ごと1頭解体し、脂がたっぷりのった肉を食らう。仕留めたキジで猟師仲間と生肉&鍋パーティー、スズメバチ駆除 …

no image

山賊ダイアリー 第4巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 身悶えるジビエ(野生肉)の愉悦! とある日は牛タンより美味(!?)なイノシシのタンに舌鼓。またある日は、オスのイノシシの臭味に悶絶。狩りに釣りにイモ掘りに、新米ハンター・岡本は今日 …

no image

東京喰種トーキョーグール 第1巻|石田スイ (著)

スポンサードリンク 【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青 …

no image

辺獄のシュヴェスタ 第5巻|竹良実 (著)

スポンサードリンク 16世紀神聖ローマ帝国。魔女狩りで天涯孤独となった少女・エラは「魔女の子供達」を集めた女子修道院に収容された。仲間達との友情をあたためて穏やかな感情を覚えたエラだが、処刑人となる“ …