ホラー ミステリー 少年漫画 男性主人公

書生葛木信二郎の日常 第1巻|倉田三ノ路 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

時は大正。小説家を目指して帝都・東京に上京した書生・葛木信二郎。彼が下宿先に選んだ「黒髭荘」は、なんと住民すべてが妖怪という不思議な館だった!管理人の尋(ひろ)ちゃんや、一緒に上京した妖怪の「ちま」と共に、今日も信二郎の一風変わった日常が始まる―――。大正浪漫の香り漂う妖怪奇譚、いよいよ開幕!! アマゾンより引用

 

書生葛木信二郎の日常 第1巻

 

表紙には若干古い時代の衣装を着用している男性と女性が描かれていて、男性の右肩には座敷わらしのようなものがくっついていますので、幽霊や妖怪などがでてくる、大正時代位の物語ではないかと想像できます。

帝都・東京の一角。何故か人の記憶に留まることが出来ない屋敷がある。昼なお暗い古びた洋館・・・。黒鬚荘が僕の下宿だ。伸二郎は寝ていたところ、座敷童のような小さな物体に髪の毛を引っ張られる形で起こされてしまい、もっとマシな起こし方はないのかと愚痴を言っています。

そこに朝ごはんの連絡をしてきたのは尋ちゃんというきれいな女性。座敷わらしのような小さな物体を掴んで怒っている伸二郎の手から逃れて、尋ちゃんの方に飛び乗った座敷童のような物体は、ちまといい、泣きながら尋ちゃんの背中に隠れます。

スポンサードリンク


伸二郎はこの黒鬚荘に住み始めて3ヶ月ほどであり、丁度3ヶ月前にここにやってきたようなのですが、その際に尋ちゃんからはこのお屋敷で人間以外の下宿人はあなたが初めてです伸二郎さんと言われ、笑顔で黒鬚荘へようこそと歓迎をされます。

巫女であった祖母のおかげで、幼い頃から人に見えないものが見えてしまうことがあった。そんな僕が異形だらけの黒鬚荘を下宿にしたのは。紹介してくれた祖母を誰よりも尊敬していたから、それと、尋ちゃんの笑顔が家族に向けるもののように、温かかったからだ・・・。

それから、学生時代の恩師である菊池先生の自宅にお邪魔して、そこで座敷に招待されて話をしていると、そのやつれた姿を見た伸二郎は、先生はどこか患っているのではないですか?、もしそうなら出直しますととても心配そうに確認を行います。

菊池先生はここ2週間ほど寝ていないことを告げ、それを聞いた伸二郎は驚くのですが、その時菊池先生の奥さんがお茶を持って座敷にやってきて、小説の構想が浮かぶと、1週間、2週間も寝ずに書き続ける、酷いときは1ヶ月も書き続けると答えるのですが・・・。

その時、座敷童のようなちまが、奥さんを見て震え始め、奥さんがどうなさいましたか?と問いただした先を見ると、そこには猫のような不気味な影が映っていたのでした・・・。そっと、ちまを隠す伸二郎。

帰り際に、奥さんから方に糸くずがついていると手を載せられ、小さな声で耳元で、余計な口出しは災いのもとですよと囁かれ、その場を後にすることになります。

スポンサードリンク

-ホラー, ミステリー, 少年漫画, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

DEAD Tube ~デッドチューブ~ 第5巻|北河トウタ (著), 山口ミコト (著)

スポンサードリンク 戦慄の「孤島編」急展開!! 銃を持ってロッジを占拠した石崎は、ゲーム参加者の女性達をロッジに監禁。<王様の城>と化したロッジで石崎の本性が現れる アマゾンより引用 DEAD Tub …

no image

エデンの檻 第4巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 突然の飛行機事故で、アキラ達が放り出された弱肉強食のジャングル! アキラと大森(おおもり)は仲間とはぐれ、大人だけのグループに拉致された。大森の先輩・十和(とわ)の死体を見つけたア …

no image

サバイバル 1巻|さいとう・たかを (著)

スポンサードリンク 大地震で、文明がもろくも崩れ去った中で、サトル少年のサバイバルが始まった。 ただ一人、荒野をさすらうその行く手に待ち受けているのは生か死か…。過酷な少年の運命を通して、文明を失った …

no image

ライジングサン 第1巻|藤原さとし (著)

スポンサードリンク ニュースや本じゃわからない自衛隊の”今”を、18才の新隊員たちを主人公に、細部までとことんリアルに、ドラマは最高に熱く描く、笑いと涙の青春自衛隊ストーリー!災害派遣で被災者に感動を …

no image

五時間目の戦争 第1巻|優 (著)

スポンサードリンク 瀬戸内の離島の中学校。新たな授業として三年生たちに課されたのは、正体不明の敵との「戦争」だった! ところが、クラス一の俊足の双海朔と、その幼馴染の安居島都の二人だけは、なぜか出兵不 …