バトル ホラー ミステリー 少年漫画 男性主人公

屍鬼 第1巻|小野不由美 (著), 藤崎竜 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

199X年猛暑の夏、山に囲まれた人口わずか1300人の外場村で、原因不明の3名の死体が発見された。同時期、古い洋館に越して来た桐敷一家と接触した女子高生・清水恵が行方不明に。相次ぐ怪事件…凄烈なる夏が始まる! アマゾンより引用

 

屍鬼 第1巻

 

表紙には独特のポーズをとっているネクタイにYシャツ姿の男性が描かれていて、背景は真っ黒なので、タイトルの屍鬼と合わせてもこれだけではよくわかりませんが、屍鬼とある以上、それにみったホラー展開になるでしょうから早速見ていきます。

序盤からハエが飛んでいて、そのハエが行き着いた先には老婆が息絶えており、それから村の道路のシーンに移り、清水恵がこんな村、大嫌いよと一人道路で叫んでいます。

その理由は、死にたくなるような事実だけど、あたしはこの外場村で生まれ育ったの、ご覧の通りなーんもありません、細長い三角形をしていて、外につながる道は国道一本のみという山に囲まれた超田舎、人口1300人で電車すらない村だから。

恵はとにかくこの村を出たくて、都会の大学に進学し、芸能界にスカウトされたり夜のクラブでハングアウトしたりをきぼうしていて、その日も村のお地蔵さんが壊されたおばあちゃんたちの話題を聞き、ただの石ころじゃないとその先を見ると、そこには大きなお城があります。

スポンサードリンク


この村には昔、兼正という村の実力者の家があったんだけど、その人たちが突然ひっこしてしまい、その後に大きなお城のような洋館が建てられて、それを見た村人が悪口ばかりを言っていたのですが、清水恵はこの洋館に憧れます。

清水恵にとって、この村で意味がある事の一つがこの洋館であり、もう一つは、同級生の昨年の夏頃都会から引っ越してきた、結城夏野らしくて、彼の庭先の茂みに隠れながら、清水恵は結城夏野の部屋をじっと見つめているのでした。

8月6日土曜、仏滅。冒頭で息絶えていた老婆の遺体が発見されて、その部屋には他にも腐乱した男性の遺体もあり、第一発見者の寺の若御院、室井静信が警察から事情聴衆をされているのですが、どうやら遺体は他にも複数あるようです。

また、食い荒らされている遺体は野犬が襲って食べたのではないかとの話になり、この辺りでは最近多いと警察からも話が出ていたところ、検死に立ち会った尾崎がやってきて、不思議なことを語るのでした。

それは、どう見ても腐乱死体で発見された爺さん二人よりも、同じ部屋で死んでいたばあさんは後に死んでおり、その亡くなった美江子婆さんはここ何日か死体と暮らしていたことになると告げるのでした。

果たして、この小さな村で発生した連続して不自然に人が死んでいる状況は事件なのか事故なのか、お地蔵さんが壊された事件と洋館は関係あるのか?、これからそのなぞが解き明かされていきます。

スポンサードリンク

-バトル, ホラー, ミステリー, 少年漫画, 男性主人公
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

うずまき|伊藤 潤二 (著)

スポンサードリンク 佐藤優氏絶賛のホラーの古典、新装版で登場!! 女子高生・五島桐絵が生まれ育った黒渦町に、ある日突然、異変が 起き始める。つむじ風が舞い、草木の枝葉がとぐろを巻き、火葬場の煙が 渦を …

no image

コンシェルジュインペリアル 第3巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク 九音、十津川、笑美など前作のプラチナムのメンバー大集合!失敗を否定しない「アドラーの心理学」、顧客の満足度をあげる「ゲスト・ヒストリー」など、サービスを充実させるビジネステクニック …

no image

そば屋幻庵 第6巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 一旗揚げようと上方から江戸に来た若い商人・大吉と時次の青春を描く「大坂の商人」「大吉の恋煩い」、ヘマばかりしている奉公人・磯吉が、泣く子も黙る南町奉行・常磐の屋敷に仕えることになっ …

no image

海賊とよばれた男 第6巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 昭和23年、石油の輸入自由化により、国岡(くにおか)商店は石油元売会社の指定を受けることに成功する。一方、他の元売会社は次々と欧米の石油メジャーと提携し、民族資本を守ろうとする国岡 …

no image

約束のネバーランド 第1巻|白井カイウ (著), 出水ぽすか (著)

スポンサードリンク 母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知 …