アニメ化作品 バトル ホラー ミステリー 学園 少年漫画 映画化作品 男性主人公

DEATH NOTE  第1巻|大場つぐみ (著), 小畑健 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!! アマゾンより引用

 

DEATH NOTE  第1巻

 

高校生らしき男性が死神の鎌のような武器を持ち、その後ろには見るからに怪しい大男が描かれていて、背景にはドクロの石像のようなものが確認できますから、これはタイトルのデスノートから想像できる通り、死神が関わる作品であることが分かります。

最初のページを開くと、予想どおり死神の世界がかかれていて、あの表紙の大男はどうやら死神らしく、どうやらデスノートをどこかで落としたようで、それを探しに行くところから始まりますので、タイトルのデスノートの意味は、死神が使っているノートの名称のようです。

そのデスノートを偶然見つけた高校生の夜神はついつい手に取ることになるのですが、全部英語で書かれていて不思議に思ったものの、このノートに名前を書かれた人間は死ぬとの注意書きを見て大笑いをしながら自宅に帰宅することになります。

しかし、自宅に戻った夜神はデスノートに書かれている注意書きをじっくりと見ることとなり、そこには、各人物の顔が頭に入っていないと効果はない、ゆえに同姓同名の人物に一遍の効果は得られない。

スポンサードリンク


名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くとその通りになる。死因を書かなければ全てが心臓麻痺になる。死因を書くと更に6分40秒詳しい死の状況を記載する時間が与えられる。と書かれていますので、完全に暗殺ノートのことですね。

ただ、今時点では夜神やデスノートのことをただのイタズラだと思い込み、そのままくだらないと放置してしますのですが、それから5日後、自分の部屋に戻ると、机の中に隠していたデスノートを手に取ります。

その瞬間、すぐ後ろであの大男の死神が現れ、自分が死神で名前がリュークであることを名乗り、夜神がデスノートのことを普通のノートでないことを察知している趣旨の会話を始めます。

夜神は驚きもせずに、逆に死神を待っていて、自分が書き込んだノートのページを見せてリュークを大喜びさせるのですが、デスノートと利用する際の代償を問い合わせた際に、リュークからそのようなものはない事を聞かされて、なぜ自分をデスノートの所有者に選んだのかと問い合わせます。

リュークの答えは、自惚れるな、ただデスノートを落とししただけだの回答でした。

そこで、夜神はこの5日間の間に、大勢の名前をデスノートに書き込み、本当に心臓麻痺や交通事故で人が死んでいくのを目の当たりにして、このデスノートの力が本物であり、その使い道について強い意志を決意するのでした。

スポンサードリンク

-アニメ化作品, バトル, ホラー, ミステリー, 学園, 少年漫画, 映画化作品, 男性主人公
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

いぶり暮らし 第1巻|大島千春 (著)

スポンサードリンク 週に一度のお休みが被る日曜日。 頼子と巡は、この一日を贅沢に過ごすため、燻製に挑戦してみるのでした。 ゆっくり待って、おいしくいただく。 夜ご飯がちょっと楽しくなる、幸せグルメ漫画 …

no image

亜人 第6巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 不死のテロリスト・佐藤(さとう)たちの大規模テロにより、亜人の恐怖が全国に蔓延した。そんな中、亜人として全人類に追われつつ寒村に潜伏していた高校生・永井圭(ながい・けい)は、同朋の …

no image

アバンチュリエ 第1巻|森田 崇 (著), モーリス・ルブラン (原著)

スポンサードリンク ミステリーの世界でホームズと並ぶ永遠のヒーロー、アルセーヌ・ルパン。貴族や金持ちからしか盗まない怪盗であり女性には優しい義賊の顔も持つ。ベル・エポックの時代を駆け抜けた冒険家(アバ …

no image

賭ケグルイ 第1巻 |河本ほむら (著), 尚村透 (著)

スポンサードリンク 名門・私立百花王学園。この学園には階級制度が存在する。生徒会を頂点とするこの学校は「ギャンブル」に支配されている。勝てば天国。負ければ地獄。ギャンブル強者は羨望、弱者は被虐のクルっ …

no image

三億円事件奇譚 モンタージュ 第1巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 「ボクは三億円事件の犯人の息子です」――1968年12月10日に起きた昭和史最大の未解決事件、三億円事件。大規模な捜査が行われたが、7年後に時効を迎えた……。そして時は流れ現代。1 …