アニメ化作品 バトル ホラー ミステリー 学園 少年漫画 映画化作品 男性主人公

DEATH NOTE  第1巻|大場つぐみ (著), 小畑健 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!! アマゾンより引用

 

DEATH NOTE  第1巻

 

高校生らしき男性が死神の鎌のような武器を持ち、その後ろには見るからに怪しい大男が描かれていて、背景にはドクロの石像のようなものが確認できますから、これはタイトルのデスノートから想像できる通り、死神が関わる作品であることが分かります。

最初のページを開くと、予想どおり死神の世界がかかれていて、あの表紙の大男はどうやら死神らしく、どうやらデスノートをどこかで落としたようで、それを探しに行くところから始まりますので、タイトルのデスノートの意味は、死神が使っているノートの名称のようです。

そのデスノートを偶然見つけた高校生の夜神はついつい手に取ることになるのですが、全部英語で書かれていて不思議に思ったものの、このノートに名前を書かれた人間は死ぬとの注意書きを見て大笑いをしながら自宅に帰宅することになります。

しかし、自宅に戻った夜神はデスノートに書かれている注意書きをじっくりと見ることとなり、そこには、各人物の顔が頭に入っていないと効果はない、ゆえに同姓同名の人物に一遍の効果は得られない。

スポンサードリンク


名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くとその通りになる。死因を書かなければ全てが心臓麻痺になる。死因を書くと更に6分40秒詳しい死の状況を記載する時間が与えられる。と書かれていますので、完全に暗殺ノートのことですね。

ただ、今時点では夜神やデスノートのことをただのイタズラだと思い込み、そのままくだらないと放置してしますのですが、それから5日後、自分の部屋に戻ると、机の中に隠していたデスノートを手に取ります。

その瞬間、すぐ後ろであの大男の死神が現れ、自分が死神で名前がリュークであることを名乗り、夜神がデスノートのことを普通のノートでないことを察知している趣旨の会話を始めます。

夜神は驚きもせずに、逆に死神を待っていて、自分が書き込んだノートのページを見せてリュークを大喜びさせるのですが、デスノートと利用する際の代償を問い合わせた際に、リュークからそのようなものはない事を聞かされて、なぜ自分をデスノートの所有者に選んだのかと問い合わせます。

リュークの答えは、自惚れるな、ただデスノートを落とししただけだの回答でした。

そこで、夜神はこの5日間の間に、大勢の名前をデスノートに書き込み、本当に心臓麻痺や交通事故で人が死んでいくのを目の当たりにして、このデスノートの力が本物であり、その使い道について強い意志を決意するのでした。

スポンサードリンク

-アニメ化作品, バトル, ホラー, ミステリー, 学園, 少年漫画, 映画化作品, 男性主人公
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

大正処女御伽話  第2巻|桐丘さな (著)

スポンサードリンク 時は大正―――。事故で右手の自由を失った珠彦は父から田舎の別荘と金で買われた嫁の夕月をあてがわれた。家を追われ、引き籠もりの厭世家となり果てた珠彦にかいがいしく、心を込めて世話をす …

no image

万能鑑定士Qの事件簿 第2巻 |神江 ちず (著), 清原 紘 (企画・原案), 松岡 圭祐 (原著)

スポンサードリンク 万能鑑定士・凜田莉子。彼女はいかにして万能鑑定士になりえたのか?沖縄県波照間島から上京してきた5年前の出来事が明らかに!!莉子と小笠原の関係にも微妙な変化が?“力士シール”の謎に迫 …

no image

アルキメデスの大戦 第1巻|三田紀房 (著)

スポンサードリンク 戦艦「大和」を阻止せよ!!! 日本の未来を1人の数学の天才が変える!? 時は1933年。日本海軍の中枢・海軍省の会議室で、次世代の旗艦を決める新型戦艦建造計画会議が開かれ、2つの陣 …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第2巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 「商店街コンシェルジュ」として活躍する彼は、その力を駆使して商店街を活性化させていく。一方「ホテルキャピタル白金平」の専務・千羽は九音を取り込もうと娘の四月鑑を彼の元へ送り込む。お …

no image

そば屋幻庵 第2巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク そば屋幻庵 2 (SPコミックス)   そば屋幻庵 第2巻   第1巻からの続きになります。表紙には和服で扇子を持って踊っている芸者さんと、武家の侍が描かれてい …