アニメ化作品 サバイバル スマホ・携帯 バトル ミリタリー・戦争 男性主人公 青年漫画

BTOOOM! 第1巻|井上淳哉 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

日々を無為に過ごす典型的なニートの坂本竜太は、突如見知らぬ男たちの手によって南海の孤島に連行される。そこで彼が強いられたのは、同じく島に連れ去られて来た人々との爆弾を駆使した殺し合い!? なぜ、誰が、何の目的で!? ゲームの名は『BTOOOM!』。その中身は驚愕の「リアルボンバーデスゲーム」。時限式、クラッカータイプ、リモコン型。数種の爆弾を使いこなし生き残るために爆殺せよ!! 容赦なしのサバイバルゲームがスタート!! アマゾンより引用

 

 BTOOOM! 第1巻

 

最初にこの漫画の表紙を見た瞬間、ゲームソフトのパッケージなのかと思ってしまうくらい、某MicrosoftのXBOXのソフトウェアのパッケージによく似ているのですが、これはどう見ても意図的にやっているでしょうから、ゲームがメインの話であるのが容易に想像できますね。

カジュアルな格好をした男性が四角い時計のようなものを手に持って腰にはボールのようなものをたくさんぶら下げているのですが、これが一体なんであるかは中身を見てのお楽しみといったところでしょうか?

序盤から始まるのは、ネットゲームの対戦シーンであり、ここでよくあるFPSとかTPSスタイルの対戦ゲームが行われて、それのランキングを競い合っている男性が表紙に書かれている男性のようなのですが、日本ランキングでトップの人らしいです。

スポンサードリンク


ただ、この居心地のいい空間に逃げ込んでいたのかもしれない・・・の言葉の後、いきなりシーンが変わって、先ほどのゲームをしていた男性がパラシュートをつけたまま、木にぶら下がっていて、そこで突然目を覚まします。

あまりに突然に場面が変わってしまうのですが、どうやら本人の知らない間にいつの間にかパラシュートでどこかの知らない森に投下されてしまって、そこでなんとかパラシュートを取り外してここがどこなのか?、なぜここにいるのかを思い出そうとします。

そこで初めて、携帯電話が圏外であること、手に血痕があること、さらには左手に謎のガラスのようなものが埋め込まれていることに気がつき、UFOにさらわれたのではないかと周囲を見渡すと自分のバッグをみつけて、とりあえずお茶を飲み始めます。

森の中を彷徨い、顔に蜘蛛の巣が絡まって悲鳴をあげながら、なんとか砂浜に出てみると自分が引きこもりで仕事もせずに親の金で過ごしていて、母親が勝手にスーパーで働かせようとして怒っている自分を思い出し、さらには黒服の男たちのことも思い出します。

砂浜で弁当を食べていると表紙に書かれていた四角い時計のようなものがあり、手で触っているうちにカウントダウンされていったため、嫌な予感を感じで放り投げたら、その時計のような四角いものが大爆発をしてしまいます。

焦っていると初めての自分以外の人が近寄ってきて、助けを求めていると、相手が四角いものを投げてくるですが、それも同じく爆弾であり、初めて自分がやっていたゲームと同じことを現実世界でしないといけないことに気がつくのでした。

スポンサードリンク

-アニメ化作品, サバイバル, スマホ・携帯, バトル, ミリタリー・戦争, 男性主人公, 青年漫画
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

そば屋幻庵 第1巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク お江戸の町は新橋辺り、柳の下でほのかに灯る、担ぎ屋台の掛行灯。夢まぼろしの如き神出鬼没の蕎麦屋台、人呼んでその名も「幻庵」―――勘定方の重職をあっさり捨てて、早々に隠居した元旗本・ …

no image

無職強制収容所 第2巻|鎌倉敦史 (原作), 昭伶 (画)

スポンサードリンク ある日突然、職を失い、強制収容所に送られた神条達也。異常な訓練と洗脳の中、訓練官の謎の死をきっかけに、達也は脱出を決意する。そしてある日の野外訓練の中、仲間とともに脱出を決行するが …

no image

シャトゥーン~ヒグマの森~  第1巻|増田俊也 (著), 奥谷通教 (著)

スポンサードリンク “シャトゥーン”――それは冬眠に失敗し、飢えて雪山を徘徊する凶暴なヒグマ。零下40度の閉ざされた大森林で、地上最大最強の肉食獣による圧倒的な暴威になすすべも無い人間達……最悪の惨劇 …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第10巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 震災以降、消費者に敬遠されがちな東北の農産物をアピールしたいという依頼が!! 何とか協力したい想いの九音だったが、イメージダウンを恐れて商店街からなかなか了承を得られない。 しかも …

no image

アビス 第1巻|長田龍伯 (著)

スポンサードリンク 記憶を失い、目覚めたのは見知らぬ迷宮。人を喰らう怪物が無数にうろつく。手元には不思議な力を秘めたトリガーが一つ。安らかに死を受け入れるか? 追い詰められて吠えるか? しぶとく戦い続 …