グルメ サバイバル 少年漫画 男性主人公

山賊ダイアリー 第2巻|岡本健太郎 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

狩り。それは作者兼主人公・岡本(おかもと)にとっての日常である。イノシシを丸ごと1頭解体し、脂がたっぷりのった肉を食らう。仕留めたキジで猟師仲間と生肉&鍋パーティー、スズメバチ駆除、美しいヤマドリとの出会い、猟銃のウンチク……自然と戦い、獲物を獲って、さばいて、食べるまで。山から山へ、エア・ライフル(空気銃)を携え、罠を仕掛ける。新米ハンター・岡本の狩猟と食の記録! アマゾンより引用

 

山賊ダイアリー 第2巻

 

第1巻からの続きになります。表紙には可愛いイノシシの絵が描かれてますし、第1巻をみていますから、この漫画がリアルな狩猟系の漫画であることは既に分かっていますので、早速中身を見ていくことにしましょう。

2009年11月24日午後、今日もアキ君と狩猟中の作者の岡本さんが、田んぼの真中にキジを見つけましたが少々位置が遠いらしい・・・。

ここで、岡本さんたちが狙っているキジについての詳しい説明があり、世界中で狩猟対象にされているオスは顔が赤、体が暗緑色、背や翼が灰青の派手な鳥、実は飛ぶのがあまり得意でなく、メスは非狩猟鳥獣と解説されています。

見通しが良すぎて近寄れないと、岡本さんはアキ君と向かい合った位置に移動を始め、俺がこっちにキジを追い出してみるよ、向い合せになるけど合図をするから俺を撃つなよとそのまま移動します。

スポンサードリンク


その後、移動をした岡本さんはアキ君は隠れている僕の正確な位置を分かっていないので、このまま猟を行うのは危険です。キジを追い出す前にアキ君に僕の位置を知らせますと、ここで岡本さんが行っている音を出さずに相手に位置を知らせる方法がかかれています。

ライトや鏡などで信号を送る場合、まず、指でスコープを作り、相手をその中に入れるそうで、今回はナイフを使って反射光を手に当てて、光が相手に届くようにして位置を知らせているようですね。

それを見たアキ君がこっちに気がついたようで指を掲げて合図をし、岡本さんがそれを確認して一安心。

そして、岡本さんが立ち上がり、大声で叫ぶと、キジがびっくりして、その場からふらつきながら駆け足をして飛ぼうとするのですが、岡本さんの解説にあったとおり、キジは飛ぶのが下手らしく、あえなくアキ君のショットガンで打たれてしまいました。

少し先の茂みに落ちたキジを探して、岡本さんとアキ君が草むらに入っていくのですが、キジが見つかりません。岡本さんの解説では、弾が当たったからといって、絶命しているとは限らないらしく、翼にあたっただけならキジは走って逃げてしますそうです。

そうしていると、赤木さんが車でやってきて、狩猟犬のジョンにキジを捜させる事になったのですが、流石は狩猟犬、赤木さんの指示通りに動き、あっという間に草むらに落ちているキジを探し出し無事に回収することが出来ました。

こういった生活をやってみたいものですね。

スポンサードリンク

-グルメ, サバイバル, 少年漫画, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

コンシェルジュ プラチナム 第3巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 老夫婦の銀行強盗、スターを利用した犯罪、遺産相続でもめる女性、迷子の少女の捜索、失われた料理の再現。ホテルと商店街に迫る様々な問題を”心を読む”コンシェルジ …

no image

不能犯 第1巻|神崎 裕也 (著), 宮月 新 (原著)

スポンサードリンク 数々の変死事件現場にあらわれる謎の男・宇相吹正。しかし、誰も彼の犯行を証明することができない。人は彼を、犯罪を実証することができない容疑者「不能犯」と呼ぶ…。憎悪、嫉妬、欲望そして …

no image

そば屋幻庵 第8巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 元勘定方の牧野玄太郎が身分を隠して絶品蕎麦を振る舞う屋台[幻庵]を舞台に繰り広げる大江戸人情百景。「仁王」の異名を持つ南町奉行の娘に恋した役人、玄太郎の蕎麦仲間の店を買収しようとす …

no image

トモダチゲーム 第1巻|山口ミコト (著), 佐藤友生 (著)

スポンサードリンク 主人公の友一は4人の友達とともに、借金返済のため謎のゲームにのぞむ。友情さえあれば、おそろしく簡単なゲームのはずだった。そう、友情さえあれば…。だが、誰かのおかした裏切りが疑心を生 …

no image

ソムリエール 第1巻|城アラキ (著), 松井勝法 (著), 堀賢一 (著)

スポンサードリンク 「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、 …