グルメ 少年漫画 歴史 江戸時代 男性主人公

そば屋幻庵 第11巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

大人気シリーズ第11巻!!かどたひろし氏が、江戸っ子たちの粋と人情を、美麗かつ艶やかな画で描き出す!身分を隠し、蕎麦作りに熱中する玄太郎の屋台[幻庵]には、様々な想いや事情を抱えた人々が訪れ、色とりどりの物語が繰り広げられる。[幻庵]の人気転覆を狙う男の陰謀劇や、育ての親に心労をかけてしまった義賊の物語、兄からの独立を目指す娘の奮闘記…… アマゾンより引用

 

そば屋幻庵 第11巻

 

第10巻からの続きになります。今回の表紙は頭に手ぬぐいを被り、キセルを持って樽の上に座っている玄太郎、手前にはきれいな着物を着て蕎麦を手に持っている藤丸が描かれています。

冒頭から廃屋のような小屋の中で、怪しげな男から、俺に力を貸せば借金をチャラにしてやると話を持ちかけられ、それを黙ってきいている男が座っていて、その話を聞いている男の目は真剣そのものです。

その頃、玄太郎の屋敷では、外では雨が降る中、1人座敷の中で囲碁を打っている玄太郎がいて、どうやら息子の嫁が妊娠をしているらしく、かつての自分のことを思い出していました。

その後、やっと雨があがったと縁側に出て嬉しそうな顔をします。

雨が降るとそばの屋台が出せない為、それで雨が止んだ事に喜んでいる玄太郎の屋台には、いつもの常連客が既に沢山集まっており、もちろんあの藤丸の姿もそこにあります。

スポンサードリンク


・・・と、そこにかけをくださいと顔を笠で隠した怪しげな男がやってきて、玄太郎がそばを出すと、ひとくち食べたその男が、この程度か・・・とボソッと独り言を話します。

それを聞いた玄太郎は、この程度、この程度、この程度だ・・??、と、いつもは笑顔を絶やさない玄太郎が珍しく真顔になっていて、顔中が汗だらけになっていた所、藤丸が割り込み、ちょっとアンタ、オヤジの蕎麦をこの程度って言われちゃあ黙っていられないねとつっかかります。

それを見た玄太郎は我に返り、赤い顔をして藤丸をなだめるのですが、笠をかぶった怪しげな男は、悪くはないさ、江戸で評判の店だというから来てみたが、及第点だな、まあ、俺の蕎麦と比べたら可愛そうだと自信ありげに答えるのでした。

そして、食べ比べをしようと持ちかけ、俺とオヤジの蕎麦、どちらが旨いか客に判断してもらうのさ、もちろん客は一元に限る、常連票を入れられちゃたまらんからな・・・、それを聞いた玄太郎は受けて立つと笑顔で答えるのでした。

この笠をかぶった怪しげな男の正体は、冒頭に出てきた借金をチャラにすると誘われていた男であり、その話を持ちかけたのは、玄太郎に深い恨みを持っている、あのいつものそば屋の店主その人だったのです。

その後、玄太郎の屋台を舞台にこの怪しげな男と蕎麦対決が始まります。この漫画では料理対決はめったにありませんから、今回は結構希少なシーンになるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

-グルメ, 少年漫画, 歴史, 江戸時代, 男性主人公
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

バトル・ロワイアル 第10巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(10) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第10巻   第9巻からの続きになります。表紙には、秋也が切ない表情で何 …

no image

信長のシェフ 第10巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 織田包囲網最強の大名・武田信玄は、「三方ヶ原の戦い」で徳川・織田連合軍に圧勝しながらも病死した。この好機に信長は、将軍・足利義昭を討つという大きな決断を下す。そして今、時代は大きく …

no image

アビス 第1巻|長田龍伯 (著)

スポンサードリンク 記憶を失い、目覚めたのは見知らぬ迷宮。人を喰らう怪物が無数にうろつく。手元には不思議な力を秘めたトリガーが一つ。安らかに死を受け入れるか? 追い詰められて吠えるか? しぶとく戦い続 …

no image

そば屋幻庵 第4巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 道場主の娘に淡い想いを寄せる少年剣士や、妻を亡くしてやる気を失ったそば屋の主人を助けたり、最高の蕎麦の実を求めて信州に旅立ったり……勘定方の重職を早々に息子へ譲り、念願のそば屋台を …

no image

終戦のローレライ 第1巻|福井晴敏 (原作), 虎哉孝征 (画), 長崎尚志 (脚色)

スポンサードリンク ドイツのライン川に伝わる伝説、その美しい歌声で船員を魅了し船を水中に引きずり込むという魔女の名“ローレライ”――。太平洋戦争の終結が迫る昭和20年(1945年)7月の日本。日本海軍 …