グルメ サバイバル 少年漫画 男性主人公 登山

岳 第1巻|石塚真一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

秋の北穂高岳。登山中の中年男性・黒岩が、雪に足をとられて崖から転落、腕を骨折して動けなくなってしまった。山麓の警察署では下山時刻が遅れていることから、山岳遭難防止対策協会のボランティア・三歩に救助を要請することに。見かけは頼りなさそうな三歩だが、ヒマラヤや南米の山を歩いてきた経験豊富な救助員で… アマゾンより引用

 

岳 第1巻

 

表紙を見れば、中央に登山用のリュックを背負った男性が立っていて、一目で登山の漫画であることがわかりますが、イラスト自体はとてもシンプルにまとまっており、極端に背景が描かれていると言った印象はなくて、明るい感じの雰囲気がする感じになります。

舞台は北穂高岳東面秋。男性が滑落をしたシーンから始まり、登山計画書の話をしている役所の人たちが遅れている登山者について心配そうにしていたところ、ボランティアの三歩にたのむか・・・と言った感じで、山の頂上の方で、トイレ?に座っている感じの男性が登場してきます。

滑落した男性はその後に目を覚まして、会社での話を思い出してしますのですが、はっと目が覚めて、自分が滑落したことに気がつき、もはや自力ではその場から脱出できないことに気がつき始めるのですが、その時三歩は温泉に入ろうとしていました。

スポンサードリンク


どうやら、散歩は山のスペシャリストらしくて、海外のヒマラヤで8人のご遺体を無事に運び、嵐が過ぎる10日間にわたって、そのご遺体を一人でとも過ごしたとあるんですが、そんな極限の冬山で10日間も過ごせる人がいれば凄いですね。

食料とかトイレとかどうなっているのか?、暖房はどうなのかと心配してしまうのですが、冬山の高い場所は風邪のウイルスなどがいないそうなので、寒さをしのげる状態で食料があれば、なんとなるらしいのがまたすごいところです。

その後、滑落した男性はもう自分の死を覚悟していて崖の部分で寝込んでいたところ、先ほどの三歩が崖の下から這い上がってきて、滑落したおじさんを助けようとするのですが、一人で凄まじいクライミングを行い、断崖絶壁を無事に登りきり、登山道具を固定して、無事に滑落して生きることを諦めていたおじさんを助け出すこととなります。

そこで、滑落したおじさんから苦労してマイホーム手にするサラリーマンの苦悩のような話を持ちかけられる三歩だったのですが、それを聞いた三歩は、自分のテントを指差して、あれがマイホームだよと、一言笑顔で対応するのでした。

無事に滑落したおじさんを助け出した三歩は、断崖絶壁によくある足場のようなもの作り、そこでお湯を沸かしてコーヒーを飲みながら、満月を満喫してその日が終わるのですが、こんな断がい絶壁でよく怖くないものだと驚きますね。

スポンサードリンク

-グルメ, サバイバル, 少年漫画, 男性主人公, 登山
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

アイアムアヒーロー 第1巻|花沢健吾 (著)

スポンサードリンク 鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき… …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第5巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 壇ノ浦の合戦から対馬に落ち延びた曾祖父・安徳帝に面会した輝日は、防人の末えいといわれる「刀伊祓」という集団が拠点とする入り江へ向かうよう指示を受ける。だが、その平和な入り江にも蒙古 …

no image

きららの仕事 ー江戸前鮨職人 第1巻|早川 光 (著), 橋本 孤蔵 (著)

スポンサードリンク 銀座一の鮨店にひとり現れた少女が握りの技で職人を打ち負かした…。そんな「辻斬り」の噂を聞きつけグルメ記者の高野は真相解明に乗り出す。ようやくたどり着いた先は、下町の小さな鮨店。そこ …

no image

6000―ロクセン― 第1巻|小池ノクト (著)

スポンサードリンク 暗黒と狂気が支配する深海6000メートル。フィリピン海の巨大深海プラント「コフディース」。日本企業と中国企業の思惑が複雑に入り組んだこの施設で起こった、原因不明の作業員全滅の事故。 …

no image

バトル・ロワイアル 第12巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(12) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第12巻   第11巻からの続きになります。表紙にはスポットライトに照ら …