グルメ サバイバル 少年漫画 男性主人公

山賊ダイアリー 第5巻|岡本健太郎 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

岡本が猟師になって早1年。禁猟期でも狩猟本能は止まらない。春には山菜、夏にはアメリカザリガニ、秋には猟期に備え、自給自足の訓練!? 今冬は、ついにヌートリアの捕食に成功する。その一方で、岡本は狩りの最中、目を負傷してしまう。師匠の佐々木さんに救助されるが……。慈愛溢れる狩猟エッセイコミック第5弾!  アマゾンより引用

 

山賊ダイアリー 第5巻

 

第4巻からの続きになります。表紙にはカピパラ?、ヌートリア?のような動物が描かれていますので、今回のターゲットの中にこのカピパラ?、ヌートリア?のような動物が出てくるのかもしれません。

春は山菜採りの季節です。

猟師だからといって、肉ばかり食べているわけではありません。山野草も立派なごちそうなんですよ・・とのことです。このことから、今回の序盤は、岡本さんが山菜採りを行ったときのことから描かれているようですね。

2010年4月3日。

スーパーカブに乗った岡本さんは、車も入れない悪路までやってきて、まだ少し寒いけど、どうやらこの先にお目当てのものがあるそうです。その先にあったものは、タラの芽であり、タラの芽は幹にトゲがあるのでわかりやすいらしく、食べごろの大きさの目を手で採取する岡本さん。

ただし、高いところにあるタラの芽は少し工夫が必要とのこと。

ここで、岡本さんはクマ対策として、蚊取り火をつけた線香を腰に取り付けます。どうやら蚊取り線香の匂いでクマがこちらに気がついてくれて、回避してくれるらしく、タバコでも代用できるとのことです。

スポンサードリンク


先程の高い位置にあるタラの芽ですが、鉤棒やロープなどで枝をたぐり寄せて取れば簡単に取れるそうなのですが、タラの芽はあまり取りすぎないようにしておくのが最低限のマナーらしく、新芽がなくなると木が枯れてしまいますとのことでした。

採取したタラの芽は濡れた新聞紙にくるんで持ち帰るとのことで、暫く山道を歩いていると、コシアブラを発見した岡本さん。タラの木と同じウコギ科のコシアブラも強壮成分が多い山菜とのことですが、コシアブラはこの漫画で初めて知りました。

大きな溜池の法面に着いた岡本さんは、ワラビを発見し、ツクシとノビルも発見して採取をしていたところ、クロモジという紅葉のような葉っぱを発見します。乾かしてお茶に出来ますが、生木からでもお茶は出るそうで、独自の芳香があり、胃腸に良いと言われているため、高級な爪楊枝に使われているそうです。

その場でクロモジを沸かして飲み干す岡本さんは見るからに満喫してそうです。

小一時間で、この場所から得られた主な野菜がこちらだそうで、ツクシ、ノビル、イタドリ、葉わさび、タンポポの葉、ヤブカンゾウ。短時間でこれだけの野草が取れれば狩猟で得た肉と合わせても色々と調理ができそうですね。

この後、帰宅した岡本さんが、これらの採取した野草を調理するシーンが詳しく書かれていますので、興味があれば是非第5巻を見てみてください。

スポンサードリンク

-グルメ, サバイバル, 少年漫画, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

バトル・ロワイアル 第13巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(13) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第13巻   第12巻からの続きになります。表紙には銃を持った川田と秋也 …

no image

信長のシェフ 第2巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 伊勢の北畠氏を討伐するため出陣した信長は、料理頭のケンを従軍させる。苦戦 を強いられる中、信長がケンに命じたのは…「おぬしが戦を終わらすのじゃ!」平成の料理人・ケンが戦国の世で武将 …

no image

アントルメティエ 第1巻|早川光 (著), きたがわ翔 (画), 高木康政 (監)

スポンサードリンク 小さな喫茶店に勤める小椋かのこは、パティシエを目指して奮闘中。そんなある日、偶然かのこのシュークリームを口にした超有名パティシエ・城ヵ崎から、まさかの大抜擢を受ける! 期待と不安を …

no image

バトル・ロワイアル 第12巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(12) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第12巻   第11巻からの続きになります。表紙にはスポットライトに照ら …

no image

僕だけがいない街 第7巻|三部 けい (著)

スポンサードリンク リハビリを開始した悟はついにアイリと再会する。記憶が取り戻せず、もがき悩んでいた悟は、アイリとの出会いをキッカケにかつての自分を取り戻すことは出来るのだろうか?そして…アイツも動き …