ホラー 男性主人公 青年漫画

クダンノゴトシ 第3巻|渡辺潤 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

辰巳に続いてあゆみを亡くし、悲しみに暮れる光たち。しかし、そんな悲しみも束の間、次は伸司が余命7日間の宣告を受けてしまう。生き残るため、“呪われた1人”を必ず殺すことを宣言し、光たちへの決別を告げた伸司。その後ヤクザの事務所へ単身乗り込み、自らの命を買ってくれと願い出る。崩壊していく友情と、次々と起こる奇怪な現象。呪いに立ち向かうため、それぞれが選んだ行動とは――。 Amazonより引用

 

クダンノゴトシ 第3巻

 

第2巻からの続きになります。表紙には恐らくはあの件(くだん)だと思われる、不気味な男性の顔がアップで描かれており、血と汗が滲んでいるような感じで背景は全体が真っ黒で不気味な雰囲気を感じるような表紙になっていますので、益々ホラー感が強くなってきています。

暴力団の事務所に押し入り、俺の命を買ってくれと組長に話しかける伸司をみて、組長の配下の組員からコイツの実家がうちの息のかかった金融から金を借りていて、2000万円位のお金の取り立て代行を最近ウチの組が初めたことを伝えると、組長は幾らで買ってほしいんだ?と、伸司に問いかけます。

すると伸司は1億と答えるのですが、それを聞いた組長は拳銃で伸司に発泡をしてその場で信じを撃ち殺してしまい、極道を軽く見るなと言いながら、拳銃と死体の始末をしておけと配下の組員に指示を出した所、死んだはずの伸司が起き上がりながら、説明の手間が省けたと組長に話しかけることになります。

スポンサードリンク


その頃、千鶴は大学の民俗研究所の中で、妊娠した状態で布団の上で寝ている状態であり、この不可思議な現象が何であるかはそばにいた光も知っているとは言え、この状況が理解できないまま、遂に千鶴の破水が始まり、千鶴の体から件が生まれてくることになります。

千鶴から生まれてきた件は、そのままへその緒を食いちぎり、起き上がりながら光の方をじっと見つめているのですが、その件の顔は光の顔そのものだったのです。

その瞬間、光の頭のなかでは、江戸時代から太平洋戦争の時代まで、色々な時代の記憶がフラッシュバックされはじめて、最後には小学生の光が千鶴の父親のタクシーに跳ね飛ばされてしまった際の自分の葬式のシーンが浮かんできて、それから光はその場から走っていなくなります。

それと同時に、千鶴から生まれてきた件はどろどろに溶けてしまって、どうやら死んでしまった様子・・・。

光は千鶴から自分の顔をした件が生まれてきて、それを見た瞬間自分が小学生の頃に死んでる事を思い出してしまい、1人で混乱している様子なんですけど、ちょっと意味が分かりにくいところがたたありますが、他にあまりない感じのホラー作品なので、見ていても新鮮味はあるかと思います。

 

スポンサードリンク

-ホラー, 男性主人公, 青年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

エデンの檻 第2巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 謎だらけの島に不時着してはや、数日。いまだ救助は来ず、巨大絶滅獣の襲撃に怯えるアキラたち。社会の檻から解き放たれた同級生たちは、理性を失い、眠っていた野性が覚醒する!? 生き延びる …

no image

エデンの檻 第4巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 突然の飛行機事故で、アキラ達が放り出された弱肉強食のジャングル! アキラと大森(おおもり)は仲間とはぐれ、大人だけのグループに拉致された。大森の先輩・十和(とわ)の死体を見つけたア …

no image

彼岸島 第1巻|松本光司 (著)

スポンサードリンク 吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実 …

no image

信長のシェフ 第14巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 明智光秀は、果心居士から自分が信長を討つと予言され激怒するが、信長による蘭奢待切りの予言が的中したことに驚愕する。そんな中、時代は織田・徳川と武田の決戦、長篠の戦いに向けて動き出す …

no image

無職強制収容所 第2巻|鎌倉敦史 (原作), 昭伶 (画)

スポンサードリンク ある日突然、職を失い、強制収容所に送られた神条達也。異常な訓練と洗脳の中、訓練官の謎の死をきっかけに、達也は脱出を決意する。そしてある日の野外訓練の中、仲間とともに脱出を決行するが …