サバイバル シリアス 学園 男性主人公 青年漫画

僕たちがやりました 第1巻|金城宗幸 (著), 荒木光 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

金城宗幸(神さまの言うとおり)×荒木光(ヤンキー塾へ行く)が織りなす、「今日」に満足してる若人たちの「そこそこ」を目指す青春譚。だが、このタッグが、それだけで終わるハズがない!! 因果応報、驚天動地、賛否両論の第1巻!!!!! アマゾンより引用

 

僕たちがやりました 第1巻

 

表紙にはいかにも何かに反省しているような男性がアップで描かれていて、タイトルの僕たちがやりましたの文言が大きく目立っていますので、多分、何かをやってしまってそれについて反省している主人公が活躍する漫画なのかなと感じました。

冒頭では電車の中で第三次世界大戦でも起きてくれないかな?と妄想している男子高校生がシートに座っていて、でも死ぬのは嫌だなと都合のいいことばっかり想像しているのですが、俺の人生には希望しかないわで結論が出てしまったようです。

その後、友人たちと一緒に登校しながら歩いていて、俺には絶望しかないと話している友人や、新しい彼女ができましたと話している友人たちと、のほほんと歩いていると、そこでカツアゲにあっている生徒を偶然見ることになります。

ただし、見て見ぬ振りをするとのことで全員一致し、あんなもんに絡まれている方が悪いんだよ、草食動物はライオンに食われる運命であると、真顔で目の前のカツアゲがなかったのごとくそのまま学校に登校していきます。

スポンサードリンク


学校に着くと、教師が先ほどのカツアゲの事件がこの付近で発生したことを生徒に知らせて、警察も恐喝と傷害で調査をするような話を適当しているのですが、あとはそのまま部活のシーンに移ることになります。

その部室には20歳でニートの先輩が遊びにやってきて、トランプをしながら、金をやるから散髪に行って来いと集まっている生徒の一人に話して散髪に行くことになるのですが、どうやらこの先輩は地主で大金持ちなので、ニートでやっていけるそうです。

その影響からか、あまり好かれてはいないようであっても、いつもおごってくれるからあのニートの先輩に好感を持っている友人もいるようで、そこで二人で歩いていると、朝カツアゲをしていた矢波高の連中がバイクの前でたむろしている現場に遭遇します。

おかっぱ頭が矢波高全員死ねと遠くから叫んでいると、すぐ後ろの矢波高の仲間がいて、俺たちが何か悪いことをしたのかと絡んでくることになり、服を全部脱げと脅されてしまっていたところ、あのニートの先輩が車で通りかかり、やめとけと言い放ちます。

ニートの先輩にからんでくる矢波高の不良に対して、これでどいやと合計一万五千円を手渡し、これで手打ちにしろと交渉をしてその場の危機を乗り越えるのです。

スポンサードリンク

-サバイバル, シリアス, 学園, 男性主人公, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

エデンの檻 第14巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 謎の医者・錦織(にしきおり)が支配する“ピラミッド”へと辿り着いたアキラたち。そこで見たものは“ピラミッド”の地下へと続く不気味な入り口と、その中で見つかったという大きな牙と鱗を持 …

no image

アゲイン!! 第1巻|久保ミツロウ (著)

スポンサードリンク 『モテキ』の久保ミツロウが描く、高校生活タイムスリップストーリー! ――高校生活3年間、友達も思い出も作らず卒業式を迎えた今村金一郎(いまむら・きんいちろう)。だが同級生の女子・暁 …

no image

シドニアの騎士 第1巻|弐瓶勉 (著)

スポンサードリンク 対話不能の異生物・ガウナ(奇居子)に太陽系を破壊されて千年。人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する、巨大なる播種船・シドニア。シドニアの最下層で育った青年・谷風長道(たにかぜ・ …

no image

五時間目の戦争 第1巻|優 (著)

スポンサードリンク 瀬戸内の離島の中学校。新たな授業として三年生たちに課されたのは、正体不明の敵との「戦争」だった! ところが、クラス一の俊足の双海朔と、その幼馴染の安居島都の二人だけは、なぜか出兵不 …

no image

亜人 第1巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変 …