ホラー 男性主人公 青年漫画

クダンノゴトシ 第1巻|渡辺潤 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

卒業旅行帰りの大学生7人が事故で轢いてしまった、“異形の何か”。その出遭いこそが、悪夢の始まりだった。前途洋々だったはずの若者たちに、突如下される“余命7日間”の宣告。逃れる術は、無いのか――。『三億円事件奇譚 モンタージュ』の渡辺潤が描く、戦慄の“異形”ホラー!! アマゾンより引用

 

クダンノゴトシ 第1巻

 

表紙には、不気味な感じで血まみれになっている男性の顔がアップで描かれているのですが、それ以外はほぼ真っ黒で、クダンノゴトシのタイトルが白抜き文字で書かれているので、より一層不気味さを引き立てる要因になっていますから、ホラー系のストーリー展開がされるものだと思われます。

7日後に必ず死を迎えるとしたならば、あなたならどうする・・・

断崖絶壁から1人で海を見下ろしている茶髪の青年が旅館から出てきたような格好で何か真剣な眼差しで立っています。見た感じではこの場から飛び降り自殺でもしそうな雰囲気ですね。

その後、大学の旅行サークルの卒業旅行で伊豆に車で来ている、藤澤伸司と馬場あゆみは、せめて沖縄旅行にならなかったのかとか、しょうがないじゃん、ビンボーだし、うちらの代で潰れるサークルなんだからとか話しているようです。

どうやらこの車にはかなりの学生が乗っているようで、小野寺洋太、河合舞、白石辰巳、そして冒頭に断崖絶壁で一人立っていた茶髪の辻元光たちも、テニスサークルはイタリアに言っているだとか、社会人なれば金もあるだろうから、お盆あたり海外デビューしちゃうとか、話していると・・・。

スポンサードリンク


1番後方の座席に座っていた、辻元光が、幸せな内定組の君らが俺の旅費を出してくれるのなら海外行ってやってもいいけど・・・、と辛そうな顔で話しています。

その1番後方の座席で就職先が決まっていない辻元光の隣りに座っていた女性、桜井千鶴に対して、辻元光はヒモの素質があるから気をつけろと笑いながら話すメンバーたちだったのですが、今一体何処を走っているのか?そう話が始まると、カーナビには表示されていない山道を走っていることに気がつきます。

なぜ?山道を走っているのか、Uターンしたほうが良いとかメンバーが話していた時、突然ドンと大きな音が発生して、何かに車がぶつかり凄まじい衝撃とともにその場で急停止することになりメンバー達が大慌てをする中、何かを轢いた・・・まさか人ではないよね?、そう言いながらメンバーで轢いたものを確認しにいきます。

スマートフォンの照明をかざしながら、メンバーたちが向かった先にあったものはなんと、表紙に描かれていた不気味な男性の顔をした真っ黒な牛であり、その姿を見たメンバーたちは恐怖をして、その場で男性の顔をした牛を集団で殴り倒すことになります。

序盤の展開はホラー作品でよくある、大学サークルのアットホームな環境から始まり、いきなり男性の顔をした牛が出てくる急展開になるのですが、この謎の生き物と大学生達の関係はどうなっていくのか、個人的には続きを見てみたいと感じた作品です。

スポンサードリンク

-ホラー, 男性主人公, 青年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

とりぱん 第1巻|とりのなん子 (著)

スポンサードリンク 少し変わってて、少しクールで、割と背が高い、北の町に住んでるイトコからの手紙――そんなような漫画です。東北の某ベッドタウン在住の作者(30代・独身・女)が、野鳥、ネコ、風物、方言、 …

no image

信長のシェフ 第9巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 病に侵された信玄のために料理を作らされることになったケン。信玄が病死しなければ信長は危機的状況になることを知っているケンは苦悶するが…。武田VS徳川・織田連合軍が激突した「三方ヶ原 …

no image

遮那王 義経 源平の合戦 第1巻|沢田ひろふみ (著)

スポンサードリンク 穏やかな月日が流れ、漂太(ひょうた)の奥州下向から6年が経った治承4年(1180年)。平氏の横暴に不満を持った源氏が日本各地で動き始めていた――。そんなある日、奥州平泉に1人の密使 …

no image

亜人 第4巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 不死の新生物・亜人となった高校生・永井圭。その圭を仲間に取り込もうとして失敗した亜人テロリスト・佐藤は、在野の亜人に結集を呼びかけた。招集に応じた亜人たちに佐藤は人類虐殺を提案する …

no image

死役所 第1巻|あずみきし (著)

スポンサードリンク お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“助けたこと …