グルメ 少年漫画 男性主人公

そばもん 第1巻|山本 おさむ (著)

投稿日:

スポンサードリンク

 

そばもん 第1巻

 

表紙を見ればわかる通り、そばを題材とした漫画であり、そば切り包丁でそばを切る男性と、その男性が大きなバックを持った全身が描かれていますので、サブタイトルにもある通り、日本全国を旅してそばを作っていくような感じでしょうか?

東京の街を歩いているサラリーマンたちが、蕎麦屋はこんなにたくさんあるのに、なかなかうまい店が見当たらないと相談をしながら歩いていて、そんな店がないんじゃないか?と結論が出そうになった際に、あるとレッカーされている車から求めるここがあれば、うまい蕎麦屋ときっと出会えると元気良く話しかけます。

現在、東京都心だけで約6600軒の蕎麦屋があり、そして、そのうち約1,000軒が生まれたり消えたりしている。ひと口にそばと言っても、手打ち、機械打ちに始まり、十割そば、二八そばなど、その世界は多岐にわたり、私たちは美味しいそばを求めて、様々な暖簾をくぐることになり。あなたは好きなお店、好きなそばがありますか?

この物語を通してあなたと美味しいそばとの出会いをお手伝いできればいいのですが・・・。このそばもんは、そういった趣旨のそば漫画のようですね。

スポンサードリンク


先ほど車でレッカーされていた際にうまい蕎麦屋について話ていた男性がいたのですが、それから蕎麦屋にはいって、これからそばを食べようとした際に、その蕎麦屋に製麺機が置いてあるのをみて、ここは手打ちそばじゃないから出ようと叫ぶサラリーマンたちがいました。

すると、店員から木鉢はちゃんと手作業でやっていることを告げられ、それに対してゴタゴタ話ていたレッカーの男性とサラリーマンたちは、結局この店は他の有名な蕎麦屋に入れなかったら来ただけだと言い放ち、結局そちらの店に行くことになります。

そして、うまいと評判の手打ち蕎麦屋にいくと、ガラス越しにそばを手作業で作っている職人がいて、派手なパフォーマンスをしながら、そばを茹で上げているのですが、それを見て感動したサラリーマンたちは、うまいと言いながらそばを食べ始めます。

しかし、あのレッカーされた男性はこれがそば?、そば粉で作ったガムを噛んでいるのかと思ったぜ、飲み込むのに苦労したと苦言を言い放ち、それを聞いた周囲のサラリーマンたちは大騒ぎを始めます。

そして、レッカーされた車の男性は、そばは不味いが、手打ちショーは面白かった。しかし俺はショーを見に来たのではなくて、そばを食いにたことを告げ、俺のショーを見せてやると突然、突然その場で出されたそばを使って何かを始めることになります。

スポンサードリンク

-グルメ, 少年漫画, 男性主人公
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

コンシェルジュ プラチナム 第8巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 鬼塚小姫と有明先生が長い長いつき合いの果てにゴールイン!! 祝福ムードのクインシーホテル。でも、有明先生の昔の女性が登場したり、小姫と仲の悪い母親を式場に呼ぶことになったりと九音の …

no image

アビス 第1巻|長田龍伯 (著)

スポンサードリンク 記憶を失い、目覚めたのは見知らぬ迷宮。人を喰らう怪物が無数にうろつく。手元には不思議な力を秘めたトリガーが一つ。安らかに死を受け入れるか? 追い詰められて吠えるか? しぶとく戦い続 …

no image

信長のシェフ 第9巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 病に侵された信玄のために料理を作らされることになったケン。信玄が病死しなければ信長は危機的状況になることを知っているケンは苦悶するが…。武田VS徳川・織田連合軍が激突した「三方ヶ原 …

no image

彼岸島 第1巻|松本光司 (著)

スポンサードリンク 吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実 …

no image

私の少年 第1巻|高野ひと深 (著)

スポンサードリンク スポーツメーカーに勤める30歳、多和田聡子は夜の公園で12歳の美しい少年、早見真修と出会う。元恋人からの残酷な仕打ち、家族の高圧と無関心。それぞれが抱える孤独に触れた二人は互いを必 …