グルメ 少年漫画 男性主人公

そばもん 第1巻|山本 おさむ (著)

投稿日:

スポンサードリンク

 

そばもん 第1巻

 

表紙を見ればわかる通り、そばを題材とした漫画であり、そば切り包丁でそばを切る男性と、その男性が大きなバックを持った全身が描かれていますので、サブタイトルにもある通り、日本全国を旅してそばを作っていくような感じでしょうか?

東京の街を歩いているサラリーマンたちが、蕎麦屋はこんなにたくさんあるのに、なかなかうまい店が見当たらないと相談をしながら歩いていて、そんな店がないんじゃないか?と結論が出そうになった際に、あるとレッカーされている車から求めるここがあれば、うまい蕎麦屋ときっと出会えると元気良く話しかけます。

現在、東京都心だけで約6600軒の蕎麦屋があり、そして、そのうち約1,000軒が生まれたり消えたりしている。ひと口にそばと言っても、手打ち、機械打ちに始まり、十割そば、二八そばなど、その世界は多岐にわたり、私たちは美味しいそばを求めて、様々な暖簾をくぐることになり。あなたは好きなお店、好きなそばがありますか?

この物語を通してあなたと美味しいそばとの出会いをお手伝いできればいいのですが・・・。このそばもんは、そういった趣旨のそば漫画のようですね。

スポンサードリンク


先ほど車でレッカーされていた際にうまい蕎麦屋について話ていた男性がいたのですが、それから蕎麦屋にはいって、これからそばを食べようとした際に、その蕎麦屋に製麺機が置いてあるのをみて、ここは手打ちそばじゃないから出ようと叫ぶサラリーマンたちがいました。

すると、店員から木鉢はちゃんと手作業でやっていることを告げられ、それに対してゴタゴタ話ていたレッカーの男性とサラリーマンたちは、結局この店は他の有名な蕎麦屋に入れなかったら来ただけだと言い放ち、結局そちらの店に行くことになります。

そして、うまいと評判の手打ち蕎麦屋にいくと、ガラス越しにそばを手作業で作っている職人がいて、派手なパフォーマンスをしながら、そばを茹で上げているのですが、それを見て感動したサラリーマンたちは、うまいと言いながらそばを食べ始めます。

しかし、あのレッカーされた男性はこれがそば?、そば粉で作ったガムを噛んでいるのかと思ったぜ、飲み込むのに苦労したと苦言を言い放ち、それを聞いた周囲のサラリーマンたちは大騒ぎを始めます。

そして、レッカーされた車の男性は、そばは不味いが、手打ちショーは面白かった。しかし俺はショーを見に来たのではなくて、そばを食いにたことを告げ、俺のショーを見せてやると突然、突然その場で出されたそばを使って何かを始めることになります。

スポンサードリンク

-グルメ, 少年漫画, 男性主人公
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

エデンの檻 第21巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク アキラがみつけた写真、りおんに取りついた謎の病原菌、扉に描かれたエデンの園、ヘリを踏みつぶした巨大獣、記憶喪失の少女・ミイナ……。最後の塔で続々と判明していく島の謎。アキラ達が行き …

no image

君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 第4巻|よしづき くみち(著)

スポンサードリンク そこは失われたはずの未来にある、もうひとつの春日研究所。十年前の大災禍で姉・亜紀を失った瑞紀は、姉の遺した研究を引き継いだ。過去をかえる事ができない時間旅行。その意義を見出せぬまま …

no image

信長のシェフ 第16巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 東の脅威・武田勝頼を長篠の戦いで撃破した信長は織田家の当主を辞めると断言。ケンに嫡男・信忠の料理人になるよう命じる。だが、嫡男への家督相続に異議を唱える三男・信孝は織田家家督相続の …

no image

特攻の島 第1巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 「生還を期さない兵器」特殊兵器への志願を問われた時、少年たちが受けた説明はそれだけだった。様々な憶測が飛び交う中、志願した少年たちはある島へと送られる。その島で少年たちが見たものは …

no image

クダンノゴトシ 第6巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 「東京を引き金に世界は滅ぶ」――千鶴父の残した予言に抗うべく、“呪い”の元凶である光は自らの存在を消し去ろうと奔走する。しかし通り魔事件で注目を集めてしまった彼の体には、再び影が戻 …