サバイバル バトル ホラー 学園 男性主人公 青年漫画

インフェクション 第1巻|及川徹 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

友人達によって、学校の倉庫に閉じ込められてしまった高校生・天宮晴輝と、そこに居合わせた少女・磯波きらら。ただのいたずらのはずが……、なぜか開かない扉。二人は三日に及ぶ苦闘の末、どうにか倉庫を脱出した。ところが、外の世界は一変。人を襲う“保菌者”によって、町は埋め尽くされていた!! アマゾンより引用
インフェクション 第1巻

表紙には男性が二人、女性が二人いて、全員高校生の印象があるのですが、右から二番目の女性の頭にはリボンがあり制服も違います、その手には刺又のようなものを持っています。気になるのは一番左の女性であり、この人の下半身って・・・大丈夫なの?。

表紙を見てもタイトル見ても、それだけでは、パンツを履いていない女子高生?以外には、これがどのような漫画であるのかすらよくわからないので、早速中身を見てみるとしましょう。

第一保菌者発症推定時刻21分前。

教室内では、好きなんだろうと詰め寄られて好きな女子に告白するしかないと言われている男子高校生、天宮が一番後ろの席で顔を赤くして困っている様子です。そしてその女性を好きなことは認めたのですが、あくまで親とか妹が好きな感情であると言います。

そうやってよくある告白の手順や方法などで勝手に周囲が盛り上がっていると、クラスメイトの恋を全力応援すると委員長がやってきて、なんだかんやで勝手に体育準備室を使ってそれを実行することになるのですが、その中に一人無理やり押し込まれた天宮は見知らぬ女子高生がそこにいることに気がつくのでした。

スポンサードリンク


その際に、体育準備室はどうやら外から鍵をかけられて出られないらしくて、そのせいで最初からいたこの磯波を名乗る女子高生はここからでれなくなったので、なんとかしろと言いよるのですが、そこである不思議なことに気がつきます。

すでに部活の時間になっているのに、全く野球部の音がしないこと、そしていきなり体育準備室のドアがドンドン叩かれたこと、そんな状態が続き、結局閉じ込めた同級生や委員長は体育準備室のドアを開けにくることがなく、ついに翌日になってしまいます。

そして、とうとうトイレ限界になってしまった磯波が暴れ始めると、偶然出口を見つけて、そこから翌日ぶりに外に出ることができたのですが、そこは凄く静かな学校であり、誰一人いない異常な状態だったですが、とにかくトイレに急ぐ二人でした。

そして、お互いとも自分の教室に戻り、携帯などを手にして確認をしていたところ、と当然磯波のスカートが後ろから脱がされてしまいます。更には廊下で天宮が委員長が歩いているのを見て近寄ろうとした際に、逃げてと携帯から指示がありました。

意味もわからずに近寄ってくる委員長の顔を見ると、その目にはウジがたくさん湧いていて、口の中からも大量のウジが出てくる状態で、更には教室の中では恋愛話をしていたクラスメートが委員長と同じような状態になり、共食いをしていたのでした。

スポンサードリンク

-サバイバル, バトル, ホラー, 学園, 男性主人公, 青年漫画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

亜人 第7巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 不死のテロリスト・佐藤の凶行は第2ウェーブへと移行。亜人利権に浴する要人11人の暗殺を開始した。佐藤を止めるべく永井圭は亜人管理委員会の戸崎とその配下の戦闘集団と共闘することを決意 …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第10巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 震災以降、消費者に敬遠されがちな東北の農産物をアピールしたいという依頼が!! 何とか協力したい想いの九音だったが、イメージダウンを恐れて商店街からなかなか了承を得られない。 しかも …

no image

孤高の人 第1巻|坂本眞一 (著), 鍋田吉郎 (著), 新田次郎 (著)

スポンサードリンク 孤独な青年・森文太郎は転校初日、同じクラスの宮本にけしかけられ校舎をよじ登ることに。一歩間違えば死んだかもしれない、だが成し遂げた瞬間の充実感は、今までになかった「生きている」こと …

no image

亜人 第1巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変 …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第7巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク クインシーメンバー大集合!! 最上の誘いでクインシーホテルに研修へ行く事になった九音。モンスター顧客からのクレームや40年前の発言に対する言質取りなど、無理難題に九音と最上の名コン …