ギャンブル 女性主人公 少年漫画

ビリオネアガール 第1巻|支倉凍砂 (著), 桂明日香 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

「狼と香辛料」の支倉凍砂×「ハニカム」の桂明日香=トーゼン美少女!! ――冴えない毎日、冴えない収入。大学生活はひたすら無為に過ぎてゆく。“とびきり”の出来事なんて起きやしない。そんな高遠恵(たかとお・けい)に妙なバイトが降ってくる。なんと時給は1万円で、さらに教え子・藤岡紫(ふじおか・ゆかり)は美少女。ただし、ちょっと内気でひきこもりがちなだけに見えた紫は、170億円を稼ぎだすほどの天才的デイトレーダーだった! まるで住む世界が違う紫と出会ったことで、恵の平凡な日常は変わり始める――。 アマゾンより引用

 

ビリオネアガール 第1巻

 

表紙には青いロングヘアーの女性が描かれていて、何やら本を持っているようなのですが、それ以上は表紙からは分からないとはいえ、帯にはヒロインは資産170億円の凄腕トレーダーと記載があるので、株式投資の漫画であることが分かりますね。

暗い部屋には多くのパソコン用のディスプレイが設置されていて、恐らくは株式投資をしているのでしょうけど、それを見ながら自信ありげに笑っている女性が急にどこかに出かけていきます。

その後、平凡な大学生である高遠恵(男)が求人票を見てバイトを探しているですが、もっと楽をして稼げるバイトがないかとため息をついていたところ、同級生の公雄がやってきて、やっとお前もバイトをする気になったのかと話しかけます。

スポンサードリンク


公雄はついでに、理論研究室の大貫教授が呼んでいたと伝えて、え?おじさんが?と答えていたので、高遠恵と大貫教授は親類関係にあるようですね。

大貫教授の用事というのは、実はアルバイトの紹介であり、その話を聞いた高遠恵は不安そうな顔をしたため、大貫教授はなんだいその顔はと不満を漏らすことになるのですが、実はこのバイトはただの数学の家庭教師のバイトであり、週に2回、2時間ほどのバイトでした。

高遠恵が時給を聞くと、大貫教授は1万円と答え、法外な時給ゆえに君が訝しむのもわかるよと伝えるのですが、どうやら依頼者は年頃の女性らしくて、信用がおける人以外は雇いたくないようで、それでこのような待遇になっているとのことでした。

あまりに高い時給ですから、大金持ちの娘さんなのかと大貫教授に聞くと、大金持ちなのは娘さん本人だけであり、その資産を全て自分で稼いだらしく、それが冒頭で株式投資をしていたあの女性だったのです。

しかし、この女性が研究室にやってくると、家庭教師は高遠恵の漢字を見て、てっきり女性だと思っていたらしく、現場で初めて見た高遠恵が男性であることを知り驚いてしまうのですが、大貫教授はあっさりとその場をまとめて立ち去ってしまいます。

気まずい雰囲気の中、二人で食堂に行って今回のバイトの件について話す高遠恵と多額の資産を築いたこの女性のバイトの話は一体どうなるのか?、資産170億円の秘密はどうなるのか?、これからストーリー展開が始まります。

スポンサードリンク

-ギャンブル, 女性主人公, 少年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

ヤスミーン 第1巻|畑優以 (著)

スポンサードリンク ライオンが支配する王国! そこに暮らす草食動物のトムソンガゼルはシマウマ等とは違いライオンに喰われることがない! なぜなら彼らは「不味い」から!! 美食に狂うライオン、彼らに真っ向 …

no image

エデンの檻 第14巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 謎の医者・錦織(にしきおり)が支配する“ピラミッド”へと辿り着いたアキラたち。そこで見たものは“ピラミッド”の地下へと続く不気味な入り口と、その中で見つかったという大きな牙と鱗を持 …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第3巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 対馬に陸続と上陸する蒙古軍に一矢報いるため、夜襲を仕掛けた対馬軍!だが、女真族出身の征東軍副元帥・劉復亨が驚異的な戦闘力で迎え撃つ!身内の裏切りもあり苦境に立つ朽井!危機を脱するこ …

no image

江戸前の旬 第1巻| 九十九森 (著)、さとう輝 (著)

スポンサードリンク 銀座『柳寿司』三代目・柳葉旬。柳寿司の末っ子として生まれ、父親の跡を継ぐために寿司職人となって迎えた二度目の春――。寿司職人として大輪の花を咲かすべく、ただ今奮闘中!! 真鯛をけな …

no image

プリニウス 第1巻|ヤマザキマリ (著), とり・みき (著)

スポンサードリンク どうしても、この男が描きたかった! 世界史上もっとも著名な博物学者にして、ローマ艦隊の司令長官。古代ローマ一の知識人にして、風呂好きの愛すべき変人。その男の名はプリニウス――。『テ …