サバイバル バトル ホラー 学園 少年漫画 男性主人公

バトル・ロワイアル 第1巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

生存者1名になるまで殺し合わなければならないという殺人実験“プログラム”に巻き込まれた中学3年生42人の悲劇!! アマゾンより引用

 

バトル・ロワイアル 第1巻

 

表紙には学生服を着た同じ男性の顔が表情を変えて5人分書かれていて、バトルロワイヤルのタイトル、そのロゴのようなものにライフル銃のスコープの照準が書かれていますので、ただならぬ雰囲気がありますが、これ以上は表紙だけでは分からないので、早速中身を見ていく事にしましょう。

大東亜共和国って国があり、バリバリの軍事国家で、米帝を始め、世界各国と対立をしており、おかげで半分鎖国状態さっといった感じで、始まるのですが、どうやらこの国にはもう一つ最悪な代物があり、それが国家的プロジェクト、あるゲームなのだそうです。

対象年齢は中学三年生、では、どんなゲームなのか見ていきます。

子供が児童施設でテレビを見ていると、優勝者の女の子が放送されていて、笑っているけど何かがおかしい表情で、軍隊の車から下されるのですが、それを見ていた施設の子供たちを見て、施設の良子先生がテレビを消してしまいます。

そして、俺たちも中学三年生になったら、あのプログラムに参加しないといけないのか?と良子先生に聞くと、選ばれる子供はほんの一部だから問題ない事を告げるのですが、それから時は流れ、中学三年生の子供たちが紹介されていきます。

スポンサードリンク


ギターが好きな七原、その友人の国信、バスケット選手の三村、やたら体格がいい川田、武道の達人である杉村、暴力団を壊滅させている桐山、体を武器に大人をあしらう相馬、普通の女性徒である中川、とにかく癖のある生徒がたくさん出てきます。

そのメンバーで、バスに乗り、修学旅行なのかどこかに移動していると、突然生徒が眠り始めてきて、その様子を見た体格の良い川田が窓を割ろうとしているのですが、割る事ができずにそのまま寝てしまいます。

意識がなくなる状態でバスの運転手を見てみると、ガスマスクをしていて、どうやら例のプログラムに強制参加をさせられてしまったようで、目をさますと見覚えのない教室で首をされた状態で全員が席に座らされていたのでした。

その時、教室に嘉門を名乗る担任教師が入ってきて、ここに皆さんがいるのはあるゲームをしてもらう為であり、ここにいる42人のみなさんの中で、たった一人の優勝者が決まるまで、殺し合いをしてもらいますと宣言するのでした。

それを聞いた生徒たちは信じられないといった態度で嘉門に対してといつめるのですが、嘉門がそこで袋に入ったあるものを教室に持ち込み、その袋を開けてみると、そこには担任の林田先生の遺体が入っていたのでした。

果たしてこの中学生たちはどうなってしまうのか?、バトルロワイヤルの第1巻をご覧になってください。

スポンサードリンク

-サバイバル, バトル, ホラー, 学園, 少年漫画, 男性主人公
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

シャトゥーン~ヒグマの森~  第1巻|増田俊也 (著), 奥谷通教 (著)

スポンサードリンク “シャトゥーン”――それは冬眠に失敗し、飢えて雪山を徘徊する凶暴なヒグマ。零下40度の閉ざされた大森林で、地上最大最強の肉食獣による圧倒的な暴威になすすべも無い人間達……最悪の惨劇 …

no image

勇午 Final 第1巻|赤名修 (著), 真刈信二 (著)

スポンサードリンク 交渉とは言葉を武器にした戦いである。世界一の交渉成功率を誇る交渉人・別府勇午(べっぷ・ゆうご)。長きにわたり読者を魅了し続けた男が最後の交渉に挑む。舞台はトルコ。「勇午」史上、最凶 …

no image

黒鷺死体宅配便 第1巻|山崎 峰水 大塚 英志

スポンサードリンク 死体となったアナタをどこにでも「宅配」します。死体を配達する黒鷺死体宅配便。メンバーは仏教大学の学生5人。チャネリング、エンバーミング、ダウンジング、テレパシーが使える4人とリーダ …

no image

とある科学の超電磁砲 第1巻|冬川 基 (著), 鎌池 和馬 (その他)

スポンサードリンク とある魔術の禁書目録外伝とある科学の超電磁砲(1) (電撃コミックス)   とある科学の超電磁砲 第1巻   表紙にはブレザー姿の女子高生2人が、巨大な風力発電 …

no image

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね 第1巻|榊原 宗々 (著), 要 マジュロ (原著)

スポンサードリンク 2015年最大の問題作、解禁。恋が殺意に侵される――美しくもグロテスクなダーク・ラブ≒サスペンス。「俺は君を殺したい」――神城卓の花園魅香への想いは単なる片思いだった。そう、ある日 …