ギャンブル バトル 学園 男性主人公 青年漫画

蟻の王 第1巻|伊藤龍 (著), 塚脇永久 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

日本の全てを牛耳る財閥の長・六道鬼三郎が死んだその瞬間、鬼三郎の隠し子である田舎ヤンキー・亜久里四郎の生活は一変! ナイフやボーガン、日本刀に拳銃と何でもアリのサバイバルバトルに巻き込まれて…!? 最強ヤンキーVS国家権力! 前代未聞どころではないバイオレンスがここにある!! アマゾンより引用
蟻の王 第1巻

大変リアル系な表紙であり、一万円札がそこらじゅうに飛び散っている中、中央には男性が頭を押さえて何かをじっと見つめています。蟻の王のタイトルとこの男性、1万円冊の関係はよくわかりませんが、まずお金が絡んだ一波乱ありそうな展開に期待ができます。早速、中身を見ていくとしましょう。

序盤で、六道鬼三郎の葬式から始まり、昭和を支えた最後の大人物がついに逝ったか、この先、巨大な六道財閥グループの舵は誰が切るんだと葬式の参列者が話していると、鬼三郎の3人の子供達が力を合わせて跡目を引き継いでいくんだろうと聞こえてきます。

莫大な遺産も子供達のものかと一人の参列者が羨ましがっていたところ、噂によると彼には3人の実子の他に・・・となり、実は隠し子がいたらしいとの噂があるらしいとのことで、場所は変わって電車に乗り込む会社員二人が、やけに視界の悪い電車であることに気がつきます。

スポンサードリンク


なんと、その電車は車内でバットなどを持った不良たちが占有していて、タバコを吸いながら待ち構えていた電車であり、それに気がついた会社員2名は逃げ出そうとしたのですが、間に合わずにそのまま電車に乗って移動することとなりました。

会社員二人は震えながらなるべく不良から離れて知らないふりをしていたのですが、不良たちのすぐ横には年配の男性が立っていて、不良からオジイちゃんここ座りたい?ときかれると、足腰は丈夫ですのでと断ります。

それを聞いた不良はさらに悪態をつき、高齢の男性に絡んでいくのですが、近くで赤ちゃんを抱きかかえている女性がいて、赤ちゃんが泣いていると、不良がそのうるさいに猿のぬいぐるみの電池を抜かないと燃やしますよとタバコの火を押し付けようとします。

そして、今にもタバコの火を赤ちゃんに押し付けようとした瞬間、目の前に猫の着ぐるみが現れて、不良の顔に蹴りを食らわしKOさせてしまいます。それを見た不良の仲間たちが一斉に襲いかかろうとするのですが・・・。

猫の着ぐるみから出てきた男性を見て驚いてその場で立ち止まり、亜久里四郎だと言い。県内、あったら逃げるのおすすめ不良ランキング殿堂入りの相手だったのです。そのため、KOされた不良が起き上がって挨拶をするのですが、その場でまた蹴られてしまって、その後に何度も蹴られまくります。

最初の2名の会社員がそれを見て、それ以上やると死んでしまうよと止めに入るのですが、それを見た亜久里四郎は、俺が正義の味方に見えたの?、俺はただの悪いやつだよと言いながら、このサラリーマンを殴り倒してしまうのでした。

スポンサードリンク

-ギャンブル, バトル, 学園, 男性主人公, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

ゴールデンカムイ 第1巻|野田サトル (著)

スポンサードリンク 『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵 …

no image

真犯人!! 第2巻|門尾勇治 (著)

スポンサードリンク 20XX年、刑法第11条「死刑改正」。法務省より無作為に選ばれた国民100名は死刑執行人となり、死刑囚を処刑することを義務とする……。何者かに よって、最愛の妻・美樹を殺され、その …

no image

アカメが斬る! 第1巻 |タカヒロ (著), 田代哲也 (著)

スポンサードリンク 殺し屋集団ナイトレイド――その一員である黒髪赤目の少女アカメ。彼女と出会った時、少年タツミの運命は大きく動き始める…。「つよきす」「真剣で私に恋しなさい!」のタカヒロが贈る、ダーク …

no image

特攻の島 第6巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 水中特攻兵器「回天」での作戦に臨んだ渡辺。だが「回天」の故障により出撃できず帰還した。再びの特攻作戦へ志願する渡辺だったが、板倉指揮官は拒否。渡辺に後進の指導を命じる。目標を失い、 …

no image

医龍 第1巻|永井明 (著), 乃木坂太郎 (著)

スポンサードリンク NGOキャンプで優秀な外科医として働いていた朝田は、今は医者を辞め、悠々自適の田舎暮らしの毎日。そこへ大学助教授の加藤が現れ、彼を自分の大学病院に迎えようとする。だが、朝田はまるで …