ホラー 男性主人公 青年漫画

クダンノゴトシ 第6巻|渡辺潤 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

「東京を引き金に世界は滅ぶ」――千鶴父の残した予言に抗うべく、“呪い”の元凶である光は自らの存在を消し去ろうと奔走する。しかし通り魔事件で注目を集めてしまった彼の体には、再び影が戻ってしまっていた。光は東京を救うことができるのか!? そして、夢の中で見た「光」の意味とは――。“件”の呪いを廻る怪奇譚、ここに完結! Amazonより引用

 

クダンノゴトシ 第6巻

 

第5巻からの続きになります。表紙には骸骨の煙のような不気味な物体が描かれていて、いつもの通り真っ黒な背景なんですけど、何でもこの6巻で完結するとのことなので、一体どのようなラストを迎えるのか、件とはなんだったのかが明かされるといいんですけど、残り1巻でそれが実現できるかどうかになるでしょうね・・・。

序盤から、前回のラストの続きになるんですけど、河合舞が死んでしまっていて、そのお腹から出てきた怪しげな赤ちゃんが光の方に向かって歩いてきながら、どんどん成長をしていき、光の目の前に近づいてきた時には、既に光と同じくらいの大きさに成長しているのかと思ったら若干小さいようです。

そして、光にそっくりなその成長した赤ちゃんは、僕の邪魔をするなと光に警告をしてきます。

スポンサードリンク


その頃、週刊誌の編集部では、件に関わり死んでいったあの大学のメンバーの話がされていて、更にはこの時のメンバーが件の相談をしていた民俗学者の教授までが死んでいることについて、そのメンバーの写真を見てみると、なんとあの光が写っていたのをその場の1人が確認して驚くことになります。

これも、前巻を見ていないとわからないのですが、渋谷で件に殺されると予言されていた男が刃物を持ってめった刺しにしても死ななかった不死身の男、それが光だったのです。

光と舞から生まれてきた赤ちゃんが成長した光にそっくりな物体が雨の中あれからもずっと話しており、どうやら光はこの世から消えて無くなる予定だったのに、余計なことをして存在を戻してしまっていると、光にそっくりな成長した赤ちゃんが光に話をしているようです。

その成長した赤ちゃんは、お願いだからじっとしておいてよと話すと、そのままどろどろに溶けてしまって、そのまま排水口の中に流れていきます。

それを見て驚く光だったのですが、我に返るとお腹を裂かれてしまってその場で死んでいる舞の存在に再度気がつき、予言されても死なないはずの舞が死んでしまった理由として、先程の件のような赤ちゃんを産んでしまったのが原因なのか、俺のせいだ・・・と舞の目をそっと指で閉じるのでした。

このペースで無事にこの巻で話が終わるのかどうかわからない感じなんですけど、せっかくここまで来たので、続きは是非読んでいきたいものですね。

 

スポンサードリンク

-ホラー, 男性主人公, 青年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

エデンの檻 第12巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 「人類最後の砦」となるはずだったベースは跡形もなく崩れ落ち、3種類の絶滅動物たちに包囲されたアキラたちは、絶体絶命の危機に陥っていた! そんな時、本物のミイナが口にした、誰も知るは …

no image

海賊とよばれた男 第5巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 関門海峡一帯での石油販売業を成功させた国岡商店。大正3年、次なる販路を求めて、店主の国岡鐡造(くにおか・てつぞう)は海外・満州に狙いを定める。満州にはアジア最大といわれる南満州鉄道 …

no image

闇鍵師 第1巻|赤名修 (著), 中島かずき (著)

スポンサードリンク 『勇午』(講談社刊)の赤名修と、劇団☆新感線の中島かずきのまさかのコンビが放つ新感覚☆時代劇! 江戸で評判の錠前屋・錠之介の裏の顔。それは町にはびこる魔を封印する“枢り屋”である! …

no image

信長のシェフ 第3巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 越前・朝倉氏攻めに、料理人として従軍したケンを待ち受けていたのは、信長の義弟・浅井長政の裏切りだった!絶体絶命の「金ヶ崎の退き口」に遭遇したケンは!?大好評、タイムスリップ戦国グル …

no image

僕だけがいない街 第3巻|三部 けい (著)

スポンサードリンク 雛月は消えてしまった。事件の解決に失敗した失意の悟に、再び【再上映】が起こる。2006年現代に戻ってきた悟を待ち受けていたもの、それは…母親殺しの容疑者という現実だった! !  ア …