サバイバル ミリタリー・戦争 女性主人公 歴史 青年漫画

辺獄のシュヴェスタ 第2巻|竹良実 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

16世紀神聖ローマ帝国。罪なき賢者が「魔女」と呼ばれた時代。魔女狩りで天涯孤独になった少女・エラは「魔女の子供達」が集められる女子修道院に収容された。絶大なる権力を誇る修道院内で少女達への虐待と洗脳が横行する中、エラは修道院総長への復讐心で繋がった相手と…!? アマゾンより引用

 

辺獄のシュヴェスタ 第2巻

 

第1巻からの続きになります。表紙にはエラが鍵をくわえて窓格子の後ろに立っている姿が描かれていて何かをじっと見つめています。魔女の子とされる少女が集められ想像を超えた虐待が行われるこの修道院でエラはどうやって生き残っていくのか?

早速中身を見ていくことにしましょう。

昨晩、薬が入って院内の食事は摂れないため、なら、みんなが寝静まっている間に代わりの食料を探さなきゃ、しかし当然宿舎の外壁には鍵、窓には鉄格子がついているため出ることが出来いない。

そこで、エラたちは最後の望みとして下水道を使用することを選択することにします。

そして、下水道に入りエラは二人で奥へ進んでいた所、行き止まりにさしあたり、そこで足音がした目、修道院側が見回りをしているのかと身を潜めて警戒していた所、なぜか、宿舎から出れないはずの、自分たちと同じサンダルを履いた一年生の足元を見ることになります。

暗い下水道の中から、その足元だけしか確認できかったとはいえ、右の内くるぶしに傷があることを見ていたエラはあれが誰なのかを突き止めることになります。

スポンサードリンク


翌日、掃除当番でもないエラは、字が読めないフリをして掃除当番の中に紛れ込み、それに騙された本来の掃除当番の修道女が、ラッキーと思いながら、他の修道女もそれを見てクスクスと笑っている中で、字を読めないふりをして紛れ込んでいるエラに掃除を押し付けてその場からいなくなります。

修道院の当番制の仕事の一つに、足洗当番があり、これは衛生のためであると同時に、イエスが弟子たちの足を洗ったことにちなみ、友愛の心を育むためでもある。それを利用して、エラは昨晩下水道から見た足に傷がある修道女を探すことにしたのです。

そして、エラが順番に修道女の足を洗っていると、ついに昨晩、下水道で見かけた足に傷がある修道女を発見することになります。

この足に傷がある修道女はテアと言い、院に来た夜に、洗礼的な拷問を受けてしまい、こんなところであるなら馬車に乗る前に逃げておくべきだったと与えられた自分の部屋を見ていた所、その部屋の中で隠し通路の出入り口を発見したのでした。

この異常や修道院から、密かに脱走を計画していたテアはその出入り口を使って経路の下見をしていたところを、同じく脱走をしようと計画しているエラたちに下水道から、発見され、その抜け道をエラたちがテアに尋ねることになります。

誰も信用できないこの魔女狩りを名目に拷問や虐待を繰り返す修道院から、無事にエラやテアは協力して脱出することは出来るのでしょうか?

スポンサードリンク

-サバイバル, ミリタリー・戦争, 女性主人公, 歴史, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第5巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 壇ノ浦の合戦から対馬に落ち延びた曾祖父・安徳帝に面会した輝日は、防人の末えいといわれる「刀伊祓」という集団が拠点とする入り江へ向かうよう指示を受ける。だが、その平和な入り江にも蒙古 …

no image

信長のシェフ 第2巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 伊勢の北畠氏を討伐するため出陣した信長は、料理頭のケンを従軍させる。苦戦 を強いられる中、信長がケンに命じたのは…「おぬしが戦を終わらすのじゃ!」平成の料理人・ケンが戦国の世で武将 …

no image

アウターゾーン 第1巻|光原伸 (著)

スポンサードリンク アウターゾーン 1 オンデマンド (ペーパーバック)   アウターゾーン 第1巻   表紙を見た感じ、かなり古い漫画であることがひと目で分かる絵柄になっており、 …

no image

煉獄デッドロール 第1巻|吉村 英明 (著), 河本ほむら (原作)

スポンサードリンク 天才高校生・境裕明は、ある日自殺しようとする女生徒に巻き込まれ、校舎から転落する。目が覚めるとそこは、自殺者たちが絶えず「殺し合いゲーム」をさせられる空間「煉獄」であった…。敗北= …

no image

海賊とよばれた男 第6巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 昭和23年、石油の輸入自由化により、国岡(くにおか)商店は石油元売会社の指定を受けることに成功する。一方、他の元売会社は次々と欧米の石油メジャーと提携し、民族資本を守ろうとする国岡 …