グルメ タイムトラベル ミリタリー・戦争 少年漫画 歴史 男性主人公

信長のシェフ 第5巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

投稿日:

スポンサードリンク

信長の命により、戦国最大の商業都市・堺へ向かったケン。だが堺の豪商たちは信長に恨みを抱いていた。さらに石山本願寺には奇妙な菓子を作る料理人が!現代の料理人・ケンを取り巻く状況が目まぐるしく動き始める! アマゾンより引用

 

信長のシェフ 第5巻

 

第4巻からの続きになります。今回もケンが和服を着ていて、右手に粉系の調味料のようなものを摘んでいるシーンを、丁度、斜め下から見上げたアングルで描かれています。今回の背景はオレンジになります。

京都。

ケンはお役目といはいえ、久々に平成からタイムスリップした場所である京都に戻ってくることが出来、そこで顔なじみの人たちに声をかけて、1巻でケンを助けてくれた夏を探すことになります。

突然、ケンが京都に帰ってきてことを知った夏は大変喜び、お暇を持ったのかとかけよると、外には馬の姿があり、今回はいとまではないことに落胆をしてしまいます。

ケンは夏に対して信長が領地をくれるようになったと話し、夏はケンが出世するのだからお祝いをと慌て婦ためていていたところ、ケンはそうではなく、その話は断り、代わりに農地と家をいただけることになったと話します。

そして、夏の手を取りながら、岐阜に一緒に来てほしいと伝えます。

スポンサードリンク


しかし夏は、俺んちは先祖代々鍛冶屋をやってきており、京都一の鍛冶屋になる夢があると断るのですが、同伴していた信長の家臣から、これは信長の命令であることを伝えられ、京都市ではなく、岐阜で日本一を目指せば良いと話します。

夏はケンが愛情を持って自分を岐阜に誘ってくれたのではなく、信長の命令で誘っていると勘違いをしてしまし、落胆してしまうのですが、それに対して説明をケンがしようとすると、出来ないまま楓が先を急ぎましょうとこの場を後にすることになります。

堺に向けて移動を始めたケンは楓に堺にいったことがあるのか?と確認すると、楓は凄まじい形相でお前には関係ないと語り、そのまま境に向かうことになります。同伴の家臣が話すには、信長は境をまとめる納屋集と以前トラブルになり、出来るだけ穏便に勧めたいとこのと。

堺周辺は平安時代から日本の鋳物産業の中心地であり、鉄砲の原材料を調達し易い環境にあった。その条件に引き寄せられて、鋳物師や鍛冶職人が集い、日本一の鉄砲産地となっており、当時の火縄銃の価格は一丁30金と言われている。

また、質が良い硝石を堺の商人たちが独占していた為、どうしても堺の商人からなるべく円満に取引をする必要があり、それで今回ケンたち一行は堺に向かっています。

堺につくと、死の商人と言われている今井宗久が待ち構えており、ケンたち一行を自分の屋敷に案内するのですが、そこで今井は楓を見て、楓の下半身を触りながらいい女や、今夜は寝かせへんでといいより、楓を何処かに連れて行くのでした。

スポンサードリンク

-グルメ, タイムトラベル, ミリタリー・戦争, 少年漫画, 歴史, 男性主人公
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

そば屋幻庵 第11巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 大人気シリーズ第11巻!!かどたひろし氏が、江戸っ子たちの粋と人情を、美麗かつ艶やかな画で描き出す!身分を隠し、蕎麦作りに熱中する玄太郎の屋台[幻庵]には、様々な想いや事情を抱えた …

no image

惡の華 第1巻|押見修造 (著)

スポンサードリンク ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ …

no image

バイオーグ・トリニティ 第1巻|大暮維人 (著), 舞城王太郎 (著)

スポンサードリンク ヤバい、マジで榎本芙三歩のことが好き過ぎて俺死ぬ。 両掌に穴が空き、好きなものを吸い込んで融合できてしまう病気「バイオ・バグ」。あやういバランスで成り立つ世界で、恋心とか青春とかは …

no image

バトル・ロワイアル 第3巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(3) (ヤングチャンピオン・コミックス)   第2巻からの続きになります。表紙には片手で自分の肩の部分を押さえている、現時点で生き残っている男子生徒2 …

no image

クダンノゴトシ 第2巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 卒業旅行帰りの大学生7人にかけられた、“件(くだん)”の「死の予言」。辰巳の死も束の間、余命7日間の宣告を受けたあゆみを救うため、光たちは手を尽くす。それぞれが情報集めに奔走するが …