アニメ化作品 サバイバル バトル ミリタリー・戦争 女性主人公 少年漫画

アカメが斬る! 第1巻 |タカヒロ (著), 田代哲也 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

殺し屋集団ナイトレイド――その一員である黒髪赤目の少女アカメ。彼女と出会った時、少年タツミの運命は大きく動き始める…。「つよきす」「真剣で私に恋しなさい!」のタカヒロが贈る、ダークヒロイン・アクション開幕!! アマゾンより引用

 

アカメが斬る! 第1巻

 

背景が真っ黒なこの漫画の表紙には、日本刀を持った目の赤い女性が描かれていますので、タイトルのアカメの由来はこの女性であることが予想できるのですが、これ以上はタイトルからは分かりませんので、早速中身を見ていくことにしましょう。

どうやら、このアカメらしき少女は殺し屋の一団に所属しているらしいけど現在は謎の扱いのようです。

序盤ではタツミと言う男性が登場してきて、怪物に襲われている人を助けながら、自分の名前をアピールしているようですが、どうやら帝都と呼ばれている場所を目指しているようです。

しかし、このタツミに助けられた人たちから、帝都は君が思う夢がある場所ではないこと、怪物よりも恐ろしい心が化物になった人たちがいることを伝えられるのですが、タツミは引き返すつもりはないことを告げて、帝都に向かうことになります。

帝都についたタツミはそのあまりの凄まじさに驚いて感動をしていて、ここで出世をすれば村ごと買うことができるとにやけながら帝都内をうろつき始め、帝都の軍隊への入隊希望届けを出しに行くのですが、兵士の応募者が圧倒的に多くて、結局交渉決裂でその場を追い出されてしまいます。

スポンサードリンク


そこで登場するのが、背が高い可愛いお姉さんなのですが、この人、たしかタツミが初めて帝都に来ていた際にうろうろしている姿をじっと観察していた人ではないかと思いますので、怪しさが満点といった感じでしょうか?

この背が高いお姉さんが話すには、タツミが田舎から帝都に出てきた事を見ればわかる事を伝えて、手っ取り早く軍隊に仕官できる方法を、ご飯をおごってくれたら教えてあげるといいながら、強引に食事とお酒をおごらせることになります。

そこで、お酒が回ってきた頃に、人脈と金が必要であり、その金を渡せばうまくいくような話をするのですが、そこで何を思ったのか、タツミが有り金全てを渡してしまって、お姉さんがこれなら隊長即決だといい、そこで待っていてと言いながらその場を去ります。

それから、10時間そこで待ち続けて、お店のマスターから、あんたのこと見ていたけど、あれ金を持ち逃げされたと言われ、初めて自分が騙されたことに気がつくタツミだったのですが、一文無しなっていくあてもなく帝都の街を歩いていると、どこかのお嬢様に声をかけられ、そのまま馬車で豪邸に一緒に行くこととなりました。

心が化物な人しかいないとされる帝都で、いきなり全財産をだまし取られたタツミですが、突然夜の街で助けてくれて自宅に招待してくれたこの女性は一体誰なのか?、これからタツミの物語が始まります。

ちなみに現時点でアカメは出ておりません・・・・。

スポンサードリンク

-アニメ化作品, サバイバル, バトル, ミリタリー・戦争, 女性主人公, 少年漫画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

6000―ロクセン― 第1巻|小池ノクト (著)

スポンサードリンク 暗黒と狂気が支配する深海6000メートル。フィリピン海の巨大深海プラント「コフディース」。日本企業と中国企業の思惑が複雑に入り組んだこの施設で起こった、原因不明の作業員全滅の事故。 …

no image

特攻の島 第8巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 本土決戦を目前に、作戦海域へ到着した 伊53潜は、17隻からなる大輸送船団と遭遇。艦長は数的不利を鑑み、敵を分断する策を試みる。だがその作戦の最中、艦長は負傷。敵の護術艦が迫る!  …

no image

そば屋幻庵 第10巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 勘定方役人としての重職を早々に隠居した旗本・牧野玄太郎。それは、蕎麦の担ぎ屋台の親爺として第二の人生を歩むためだった!身分を隠し、如何に美味い蕎麦を打つかに熱中する玄太郎の屋台[幻 …

no image

終戦のローレライ 第1巻|福井晴敏 (原作), 虎哉孝征 (画), 長崎尚志 (脚色)

スポンサードリンク ドイツのライン川に伝わる伝説、その美しい歌声で船員を魅了し船を水中に引きずり込むという魔女の名“ローレライ”――。太平洋戦争の終結が迫る昭和20年(1945年)7月の日本。日本海軍 …

no image

彼岸島 第1巻|松本光司 (著)

スポンサードリンク 吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実 …