サバイバル ミリタリー・戦争 女性主人公 歴史 青年漫画

辺獄のシュヴェスタ 第4巻|竹良実 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

希望は、どんなに遠くを見渡しても見つからない。なぜならそれはいつも、手の中から生まれるものだから。エラの復讐の標的、クラウストルム修道会総長・エーデルガルト。加速する総長の野心はついにバチカンにまで手を伸ばした。この修道院の中で幻覚を見せるクスリ漬けの食事を摂らずに冬を越そうとするエラと同志たちは、修道会への反逆を隠し生き延びるための策を練るが…!? アマゾンより引用

 

辺獄のシュヴェスタ 第4巻

 

第3巻からの続きになります。表紙には十字架のアクセサリーを握りしめたエラがじっと何かを見つめているシーンが描かれています。大変ストーリが重く、見る度にのめり込んでいく作品なので、続きを見てくことにしましょう。

教皇庁は、クラウストリム修道会に、教皇庁図書館の全面的な閲覧権を与える・・・。

バチカンの書庫はキリスト教世界の叡智の結晶。この黄金の鍵がその鍵だ、これを手にした以上は、命に変えても他人の手に渡ることなきようこれを守ること・・。

エラを閉じ込めている極悪非道な修道院の支配者であるエーデルガルト総長は、ついに図書館の鍵を入手することになります。、ここまでの経緯は3巻に詳しく書かれています。

世界各地の教会から送られる報告、ミサの記録や税の帳簿、世俗の事件を記した年代記。教会の頂点でもあるバチカンは情報網の頂点である・・・。枢機卿から書物としての価値は低いと言われながらも、エーデルガルト総長は意味深にそう話し始めます。

スポンサードリンク


しかし、そこにはイングランド、北欧、ドイツ北部、ジュネーブを中心とした、プロテスタントにころんだ土地の情報が途絶えており、カトリックが1600年架けて築き上げた秩序の綱、それが今まさに危機に瀕している。その綱を守りきれるか、瀬戸際の時代があなたここへ読んだのです。

そう話すと、エーデルガルト総長が、見渡す者の準備をするように部下に指示を出し、目隠しをされた自分の足ではロク歩けない足かせをはめられた少女がそこに連れてこられます。

図書館内がざわめき始めた様子を見て、デ・ロッシ枢機卿がなんの騒ぎだとやってきて、図書館に入って見ると、その中央には椅子に座っているあの見渡す者と呼ばれていた少女が座っていて、本を見たいと話しかけてきたデ・ロッシ枢機卿に対して、見渡す者と呼ばれる少女が、その本の内容をすべて順番に語りだしたのでした。

それを聞いたデ・ロッシ枢機卿は、最初は驚いたものの、単なる複写ではないかといい、その場を立ち去ろうとしたのですが、見渡す者が税帳簿を順番に読み上げていき、それにより凶作を隠れ蓑に横領をしていた当時の司教の行いが発覚してしまいます。

不正を行っている可能性が高いので、この時の司祭を呼べ、調べろと騒ぎになった時、見渡す者が、その司教の名前はデ・ロッシ枢機卿であると話しだし、それを聞いたデ・ロッシ枢機卿はみるみる顔色が変わり、査問会を開くと言われその場を立ち去ります。

エラが脱出を図ろうとしている修道院の支配者であるエーデルガルト総長は、この図書館の情報と見渡す者を使って一体何をしようとしているのか?、エラは無事に脱出できるのか?、序盤ではエラは出てきませんので、これから登場することになりそうです。

スポンサードリンク

-サバイバル, ミリタリー・戦争, 女性主人公, 歴史, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

そば屋幻庵 第10巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 勘定方役人としての重職を早々に隠居した旗本・牧野玄太郎。それは、蕎麦の担ぎ屋台の親爺として第二の人生を歩むためだった!身分を隠し、如何に美味い蕎麦を打つかに熱中する玄太郎の屋台[幻 …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第2巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 博多への途上に浮かぶ対馬に、蒙古の先鋒部隊が上陸を開始する!見たこともない炸裂弾。馴染みのない集団戦法。朽井迅三郎は、海を越えてやって来た未知の敵に、どう立ち向かうのか?いよいよ両 …

no image

山賊ダイアリー 第3巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 空気銃で鳥を仕留め、山を見回り、罠を仕掛ける。獲れた鹿を捌いて食い、余った肉で燻製作り、付け合せは河原で採れたクレソン。とはいえ、時には暗い山の中で数時間も過ごすハメに……狩猟は自 …

no image

アポカリプスの砦 第1巻|蔵石ユウ (著), イナベカズ (著)

スポンサードリンク ゾンビvs.不良!!!!! 監獄を舞台に災厄が最悪を食む!! ――関東中の不良が集まる更生施設・松嵐(しょうらん)学園に、無実の罪で収監された前田義明(まえだ・よしあき)。暴力渦巻 …

no image

亜人 第1巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変 …