シリアス ミリタリー・戦争 歴史 男性主人公

アンゴルモア 元寇合戦記 第5巻|たかぎ 七彦 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

壇ノ浦の合戦から対馬に落ち延びた曾祖父・安徳帝に面会した輝日は、防人の末えいといわれる「刀伊祓」という集団が拠点とする入り江へ向かうよう指示を受ける。だが、その平和な入り江にも蒙古軍が迫っていた! アマゾンより引用

 

アンゴルモア 元寇合戦記 第5巻

 

第4巻からの続きになります。表紙には流人の朽井迅三郎と顔に入れ墨をしている防人の刀伊祓が描かれています。それでは元寇を題材にした蒙古軍と対馬の侍たちの熾烈な戦いを見ていくことにしましょう。

対馬の頂きの山頂で、不思議な老人と出会った流人の朽井迅三郎は、そこで腰刀を手渡すと、三条小鍛冶宗近の今剣、間違いありません、源九朗義経の刀ですね。と言われます。

しかし、少弐景資に貰ったその腰刀が、義経公のものだった事は、誰にも話した覚えがないが・・・、そう不思議がる流人の朽井迅三郎。

すると謎の老人は、この腰刀は朕が義経に与えたのですと答えるのでした。

!?流人の朽井迅三郎は義経公にあったことがある?、つまりそういう立場にあった、自分は本物の安徳天皇であるとでも?、と問いただします。

謎の老人は、いかにも、しかしその証は朕の胸中に遺るのみ、ただ、あの義経の技を受け継ぐ者と聞いたので、見ておこうと呼ばせたまでの事、しかし、この腰刀を再び見えるとは・・。

スポンサードリンク


謎の老人の正体は実は、安徳天皇であり、流人の朽井迅三郎が手渡した義経の腰刀を手に取りながら、そこで89年前の壇ノ浦での平氏と源氏の戦いを思い出しながら語るのでした。

寿永4年3月24日 1185年5月2日。

第81代天皇 安徳天皇は平氏の船の中で延々と経を唱えさせられていた際に、矢が船内に飛んできて矢が首に刺さった女中が息絶えてしまい、それを見て恐怖して安徳天皇が船の外に飛び出すと、源の大将軍源九朗義経の姿を見ることとなりました。

義経から都へ一緒に帰るように促された安徳天皇は、戦場で討たれた兵のことを思い出し、自分はいかないと返答し、その代わりにお前にこれを授けると衝動的に守り刀であったこの今剣を力いっぱい投げてしまいます。

それからの激しい戦の結果、平氏は破れてしまい、安徳天皇は生き延びることになります。

今剣を持つものに、たとえ信じられずとも話さないといけない、未だにこうして生きて在る、お前たちの帝と箱となろうとも、朕が生きている限り、彼らは一つ価値続けているのです・・・。

安徳天皇が話していると、そこに対馬の姫、輝日があらわれます。

輝日は、安徳天皇に挨拶を行い、安徳天皇から朕が持っているものは全て与えましょうと言われ、長嶺判官への書状(ひょうたん)を手渡されます。勝ちたくば生きのぶられませと安徳天皇に言われた姫、輝日はこれまでとは違う表情で何かを決意するのでした。

安徳天皇から匿ってくれると聞かされた防人とは一体誰のことなのか?、流人の朽井迅三郎や姫、輝日たちは、蒙古軍の追撃を気にしながら先を急ぐのでした。

スポンサードリンク

-シリアス, ミリタリー・戦争, 歴史, 男性主人公
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

亜人 第5巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 不死の新生物・亜人となった高校生・永井圭(ながい・けい)は亜人テロリスト・佐藤(さとう)の策謀により当局に捕獲されるが、自力での脱出に成功、山村に潜伏した。佐藤は人類との全面対決を …

no image

バトル・ロワイアル 第12巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(12) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第12巻   第11巻からの続きになります。表紙にはスポットライトに照ら …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第2巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 博多への途上に浮かぶ対馬に、蒙古の先鋒部隊が上陸を開始する!見たこともない炸裂弾。馴染みのない集団戦法。朽井迅三郎は、海を越えてやって来た未知の敵に、どう立ち向かうのか?いよいよ両 …

no image

アルスラーン戦記 第1巻|田中芳樹 (著), 荒川弘 (著)

スポンサードリンク 国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラー …

no image

そば屋幻庵 第12巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 勘定方の要職を早々に致仕した牧野玄太郎が営む、絶品夜鳴きそば屋[幻庵]には、っきりなしに客が訪れ連日大賑わい。その中には、一風変わった客もちらほら―――…。病床の父のために思い出の …