シリアス ミステリー 少年漫画 推理 男性主人公

憂国のモリアーティ 第1巻|三好 輝 (著), コナン・ドイル (企画・原案), 竹内 良輔 (編集)

投稿日:

スポンサードリンク

時は19世紀末、大英帝国最盛期のロンドン──。この国に根付く階級制度に辟易するモリアーティ伯爵家家長子・アルバート。孤児院から引き取ったある兄弟との出会いによって、世界を浄化するための壮大な計画が動き出す。名探偵シャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ教授の語られざる物語の幕が開く──!! アマゾンより引用

 

憂国のモリアーティ 第1巻

 

表紙にはピストルを左手に持ち自分の頭に照準を向けている金髪の男性が描かれていて、それだけではよくわからないのですが、中央に原案コナンドイルとあり、タイトルにモリアーティとあるので、これがあのモリアティ教授であると予想できますね。

有名なシャーロックホームズのライバルとして色々な作品で取り上げられてきた、モリアティ教授が、現代の漫画で主役となり、どのように描かれるのか、シャーロックホームズが好きな人でしたら、気になる作品ですから、早速中身を見てみます。

1866年、イギリスロンドン郊外。

そこにモリアーティ家のおぼっちゃんが笑顔で一人郵便を届けにやってきました。そこでは、バーストかよと叫ぶ帽子をかぶった男性がいて、いくかやめるかと判断を悩んでいたところ、モリアーティ家のおぼっちゃんが、ツイストと声をかけます。

笑顔でツイストですよと言われて、迷っていた男性も信用するぞと賭けに出てみると、ぴったし21でこのトランプの賭けに勝利することとなり、モリアーティのお坊ちゃんは未来が見えている凄いと言って、大喜びをします。

スポンサードリンク


そうしていると、お坊っちゃまお知恵を貸してくださいといった感じで、多くの人たちが集まってきており、それに優しく対応するのがモリアーティ家のお坊っちゃまだったのです。そこに兄のアルバートが馬車でやってきて、一緒に帰ろうと誘い、馬車に乗ります。

その馬車の中で、弟に対してその知識はいずれ世界の宝になるといい、弟はネズミ退治の助言の際のいただいたパンを兄アルバートに見せると、それは正当な報酬だから黙って一緒に食べておきなさいと優しく声をかけます。

屋敷に着くと、もう一人の弟がなぜか掃除をしていて、先ほどのトランプの助言をしたモリアーティのお坊っちゃまの弟と話をしていると、執事がやってきます。おい貴様、誰の許しを得て馬車に乗っていると怒鳴りつけるのですが、このモリアーティのお坊っちゃまにはなにやら事情がありそうですね。

どうやら、あの頭の大変良かった礼儀正しいモリアーティのお坊っちゃまは、実は貴族のご子息ではないらしくて、少し前まで裏路地で残飯漁りをしていたところをこの屋敷に拾われた広い後だったのです。

そして、屋敷の中では本物の貴族の子息で理解者である兄アルバートを除き、あらゆる人たちからモリアーティのお坊ちゃんは嫌がらせや虐待を受けることになるのでした。

しかし、モリアーティの顔は不気味に微笑んでいたのです。

スポンサードリンク

-シリアス, ミステリー, 少年漫画, 推理, 男性主人公
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

亜人 第2巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 当局の管理下にない自由亜人・サトウ登場。人間との抗争を辞さないサトウは亜人の同志・田中と共に永井圭奪還を図り武装蜂起した! アマゾンより引用 亜人(2) (アフタヌーンコミックス) …

no image

そば屋幻庵 第3巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク そば屋を始めた元旗本が、様々な問題解決に東奔西走! 魅惑の[大江戸人情活劇]!! 隠し子疑惑が持ち上がった武家の夫婦、役人と狂歌師という二足の草鞋を履いた武士、過去の因縁に翻弄され …

no image

エデンの檻 第15巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 孤島の地下深くに広がる空間には、地上と同じ植物が生い茂る森と大規模な自家発電所が存在した! アキラたちは、さらに地下の深奥部へと繋がるダストシュートを発見。りおんが先陣を切って、た …

no image

釣りキチ三平 第1巻|矢口高雄 (著)

スポンサードリンク 天才釣りキチ少年、三平三平(みひらさんぺい)登場! 世代を超えて釣ろう、でっかい夢を!! 同じく釣りキチのじいちゃん・一平(いっぺい)譲りの才能で、参加した鮎釣り大会に初出場で見事 …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第4巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 山間の隘路を撤退する朽井達に、モンゴル人の若き将軍ウリヤンエデイが迫る!見通しのきかない曲がり道を巧みに利用し、ゲリラ的な待ち伏せ攻撃を企図する対馬軍は、蒙古軍を振り切ることができ …