グルメ 少年漫画 歴史 江戸時代 男性主人公

そば屋幻庵 第5巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

ときは寛政年間、場所はお江戸の新橋辺り…夜鳴きそば屋として第二の人生を謳歌する元旗本・牧野源太郎の屋台には、今宵も様々な客が訪れる――西国から音信不通の妹を捜しに来た武士、やたらと盗賊に縁のあるお調子者の奉公人など、今まで以上に個性豊かな客とのやり取りに加え、ある有名画家の幼少期に玄太郎が関係する、いつもとはちょっと違った風味の話も収録! アマゾンより引用

 

そば屋幻庵 第5巻

 

第4巻からの続きになります。表紙にはいつもの玄太郎と藤丸が描かれていて、今夏の玄太郎は武家らしい立派な着物を羽織っており、藤丸は日傘をさして、芸者として今にも座敷にあがる前の着物を着ています。背景は紅葉のようですね。

田舎から出てきた侍が、みすぼらしい格好をしてお店の前で江戸の旗本の関係者とトラブルになっており、それを見た店の店主が、店の前ではやめてくださいと止めに入るのですが、そのあまりにみすぼらしい姿を見て、思わず、店主がうちの店は安くありませんが・・・と話します。

どうやらこのみすぼらしい侍は、手持ちのお金もほとんどないようで、腹をすかせて裏通りで座り込んで水を飲んでいると、蕎麦の屋台を背負った玄太郎が付近を通り、具合でも悪いのか?と訪ねます。

スポンサードリンク


みすぼらしい侍は、恥ずかしながら腹が減って仕方がないと言い、あいにく蕎麦は切れてしまいましたが、賄い分が余っているので召し上がりませんかと快く答えると、侍はかたじけないと嬉しそうに蕎麦を食べ始めます。

こんな旨い蕎麦は食べたことがないと言いながら、代金を払おうとするのですが、玄太郎は代金はいらないといい、失礼ながらかなり無理をして江戸に来られた様子なので、出費はなるべく控えたほうが良いといつもの調子で答えます。

そうしていると、この侍は土田新右衛門と名乗り、妹が一年前に江戸に出たまま頼りの一つもなく、良からぬ連中とつるんでいるとの噂を聞き、年老いた両親は寝込んでしまう始末で、それで拙者がこうして長州から妹を探しに来たと話します。

また、普段は内職で食いつないでいるらしく、満足な路銀もなく、このような有様で、妹はふかがわで見かけられたことを伝えると、玄太郎は丁寧に深川に案内することになるのでした。

その後、深川で土田が1人で妹をさがしていると、ガラの悪そうな侍たちにぶつかり、謝ろうとすると、実は昨日の晩、店の前でトラブルになっていたあの連中であり、俺達のシマでうろつくなと言われるのですが、その中に妹がいることに気がつくのでした。

スポンサードリンク

-グルメ, 少年漫画, 歴史, 江戸時代, 男性主人公
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

コンシェルジュ プラチナム 第6巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク コンシェルジュシリーズの初代主人公「最上拝」と「川口涼子」が登場!!人の心が見えすぎるがゆえに悩む九音に極意を授ける!? そして、九音の大学時代の知人達が来日。今まで断片的にしか語 …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第3巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 対馬に陸続と上陸する蒙古軍に一矢報いるため、夜襲を仕掛けた対馬軍!だが、女真族出身の征東軍副元帥・劉復亨が驚異的な戦闘力で迎え撃つ!身内の裏切りもあり苦境に立つ朽井!危機を脱するこ …

no image

特攻の島 第7巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 沖縄は米軍に占領され、戦艦大和は沈んだ。迫りくる本土決戦を目前に、最後の回天戦が始まる!それは停泊する敵艦ではなく、洋上を航行する敵艦に突っ込むという成功率の低い作戦だった! アマ …

no image

エデンの檻 第13巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 海沿いを進んでいた矢頼(やらい)グループは、岸辺にたたずむ巨大な人工塔へと辿り着いていた。灯台のように見えるその塔は、一体誰が何の目的で建造したものなのか。島の謎へと近づくために、 …

no image

闇鍵師 第1巻|赤名修 (著), 中島かずき (著)

スポンサードリンク 『勇午』(講談社刊)の赤名修と、劇団☆新感線の中島かずきのまさかのコンビが放つ新感覚☆時代劇! 江戸で評判の錠前屋・錠之介の裏の顔。それは町にはびこる魔を封印する“枢り屋”である! …