シリアス ミステリー ミリタリー・戦争 男性主人公 青年漫画

勇午 Final 第1巻|赤名修 (著), 真刈信二 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

交渉とは言葉を武器にした戦いである。世界一の交渉成功率を誇る交渉人・別府勇午(べっぷ・ゆうご)。長きにわたり読者を魅了し続けた男が最後の交渉に挑む。舞台はトルコ。「勇午」史上、最凶の事件が襲いかかる。勇午は、人類同士の大量虐殺を阻止できるのか―――!? アマゾンより引用

 

勇午 Final 第1巻

 

表紙には左肘をついて首を傾げている男性が描かれていて、シャツには十字架のカウスがついているくらいで、後は表紙を見ただけではよくわかりませんし、勇午のタイトルを見ても内容が伝わってこないのでとにかく中身を見てみることにします。

冒頭から戦車から遠方を監視している軍隊がいて、そこに交渉人がやってきたと話していますので、どうやら表紙に描かれていた男性は、交渉人(ネゴシエーター)であり、勇午(ユーゴ)がその名前のようです。

カモメがたくさん飛んでいる中、勇午が歩きながら、銃を構えて4WDの中から撃つぞと話している男たちの元に駆け寄り、交渉人として不本意だが、僕一人の命でその他大勢が助かるのであれば良いだろうと言い切ります。

そして、そもそも君たちはここで事を構えるつもりではなかったんじゃないのか、たぶん、君たちの計画はここに来て変更を余儀なくされたと銃を持った男たちに伝えると、男たちは状況を理解して、勇午を車の中に乗せることになります。

スポンサードリンク


その車のトランクの中には、怪しげな爆弾のような荷物が積まれており、それを背後の監視カメラに見せるようして、勇午は車に乗り込むと監視カメラの映像を入手したアメリカのホワイトハウスでは、それがスーツ型の核爆弾に間違いないと確認します。

この核爆弾の威力は半径5km以上で死者は数十万人に及ぶとのことで、実行犯の男二人について、彼らが実は何が起こっているかすら知らないのではないかと結果を出すのでした。

このスーツ型核爆弾にはGPSついており、特定の場所に行けば起爆しなくなる仕組みのようで、その目的地に行かない限り、起爆装置であるトリガー以外でも、砲弾や衝撃気温の変化など、あらゆる要素で爆発してしまうと男たちは勇午に伝えます。

それからユダヤ、イスラエル等、その辺の情勢などを話しながら勇午が交渉を続けていくのですが、突然付近のスピーカーから、トルコ政府からの決定が大音量で流され、我々は君達の要求に応じるつもりはない、トルコ政府はテロに一切応じないと勇午の交渉を妨害に入るのでした。

勇午の交渉、スーツ型核爆弾、実行犯の男二人、トルコ政府、これからこの事件はどのような結末を迎えるのか、若干面倒な国際情勢の話が出てきますので、大人向けの漫画になります。

スポンサードリンク

-シリアス, ミステリー, ミリタリー・戦争, 男性主人公, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

海賊とよばれた男 第5巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 関門海峡一帯での石油販売業を成功させた国岡商店。大正3年、次なる販路を求めて、店主の国岡鐡造(くにおか・てつぞう)は海外・満州に狙いを定める。満州にはアジア最大といわれる南満州鉄道 …

no image

煉獄デッドロール 第1巻|吉村 英明 (著), 河本ほむら (原作)

スポンサードリンク 天才高校生・境裕明は、ある日自殺しようとする女生徒に巻き込まれ、校舎から転落する。目が覚めるとそこは、自殺者たちが絶えず「殺し合いゲーム」をさせられる空間「煉獄」であった…。敗北= …

no image

信長のシェフ 第4巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 義弟・浅井長政を討つため出陣した信長は、ケンを敵方の料理人に仕立て上げ、浅井の本城へと送り込む。だが、その正体が見破られ…。戦史を代表する凄惨な戦い「姉川の合戦」が迫る中、ケンは! …

no image

エデンの檻 第9巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク TVや雑誌で話題の予知能力者「千里眼のマミ」を中心としたグループに出会ったアキラたち。アキラの仲間の死を予言したマミだったが、真理谷(まりや)はその嘘を見破る。しかし、視えないはず …

no image

そば屋幻庵 第10巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 勘定方役人としての重職を早々に隠居した旗本・牧野玄太郎。それは、蕎麦の担ぎ屋台の親爺として第二の人生を歩むためだった!身分を隠し、如何に美味い蕎麦を打つかに熱中する玄太郎の屋台[幻 …