バトル ホラー ミステリー 男性主人公 青年漫画

バイオハザード ~マルハワデザイア~ 第5巻|芹沢直樹 (画), カプコン (著)

投稿日:

スポンサードリンク

 

バイオハザード ~マルハワデザイア~ 第5巻

 

第4巻からの続きになります。表紙にはインカムを耳につけてナイフを持たメラが描かれています。第1巻から全てに言えることとして、表紙の人物はとてもリアルに描かれており、バイオハザードの雰囲気が伝わってくる表紙となっています。

クリスの指示を無視したために、謎のフードをかぶった女性に抑えられ、ナナンやビンディをBOW化させた液体を首に注射されそうになったリッキーに、液体が注がれそうになった瞬間、ナナンがその液体を破壊します。

ナナンは別にリッキーを助けようとしたわけではなく、液体を破壊したのには、他の理由があったようで、それに気がついたリッキーは、クリスがナナンのガス攻撃に苦戦している中、この建物内のどこかにあるであろう操作室を探します。

激戦の中、クリスがナナンに攻撃され、銃を弾き飛ばされてしまい、ナイフでなんとか応戦をしている中、ナナンがガス攻撃を一斉に始めたため、クリスが急いで回避した瞬間、換気システムが稼働して、ナナンのガスを一斉に屋外に排出し始めます。

その後は、クリスの驚異的な身体能力と高い戦闘力で、ナイフのみであのゾンビ化したナナンを倒しその場を制圧するのですが、まさにバイオハザード6の時の飛び蹴りでゾンビを倒していたあのクリスの強さそのものが描かれている感じでしょうか?

スポンサードリンク


ピアーズとメラもクリスのもとに向かっており、後は脱出のみね・・・とインカムで話していた所、鋼鉄のドアに体当たりをするBOWになったビンディが襲い掛かってきており、その先でクリスが倒したナナンの遺体をみて化物になったビンディは泣き叫ぶのでした。

急いでその場を離れるクリスたちは、地下のヘリコプターが格納されている制御室に向かい、暗証番号を入力して扉を開け、ヘリに乗り込もうとうするのですが、扉の向こうではBOWのビンディが凄まじい衝撃音と共に、扉を破壊しようとしています。

ヘリコプターが飛べる状態になる前に、BOWのビンディが扉を破壊して襲いかかって来たため、ヘリの前でコイツだけはやるしか無いとメラが話すと、クリスが全員戦闘態勢の指示を出します。

ヘリコプターは既にリフトで地上に上っており、周囲には感染した生徒たちが大勢あつまっていて、今にもゲートを破壊しそうな状態の中、クリスたちとBOW化したビンディの最後の戦いが始まろうとしていました。

この最後に、今回の事件の発端になった謎の女性の正体が少しだけ明かされることになり、バイオハザード6に物語は続くことになります。

スポンサードリンク

-バトル, ホラー, ミステリー, 男性主人公, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 第1巻|竜田 一人 (著)

スポンサードリンク 福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画! 「いちえふ(=1F)」とは福島第一原子力発電所の通称。「F」は福島。「1」は第一。現場の作業員や地元住人は「フクイチ」ではな …

no image

ヒトクイ-origin- 第1巻|MITA (著), 太田羊羹 (著)

スポンサードリンク 集団突然死事件が頻発する世界。いずれも死因は心臓麻痺。その謎の鍵は、チェーンメールにあった。メールに記された存在“ヒトクイ”とは一体―――男子高校生・陽太がこの謎に挑む!!恐怖とサ …

no image

クダンノゴトシ 第1巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 卒業旅行帰りの大学生7人が事故で轢いてしまった、“異形の何か”。その出遭いこそが、悪夢の始まりだった。前途洋々だったはずの若者たちに、突如下される“余命7日間”の宣告。逃れる術は、 …

no image

COPPELION 第1巻|井上 智徳 (著)

スポンサードリンク 決して誰も見てはいけない未来───。 西暦2036年、東京は死の都と化していた。変わり果ててしまった元首都を目指す3人の女子高生、荊(いばら)・葵(あおい)・タエ子。彼女たちに課せ …

no image

三億円事件奇譚 モンタージュ 第1巻|渡辺潤 (著)

スポンサードリンク 「ボクは三億円事件の犯人の息子です」――1968年12月10日に起きた昭和史最大の未解決事件、三億円事件。大規模な捜査が行われたが、7年後に時効を迎えた……。そして時は流れ現代。1 …