バトル ホラー ミステリー 男性主人公 青年漫画

バイオハザード ~マルハワデザイア~ 第4巻|芹沢直樹 (画), カプコン (著)

投稿日:

スポンサードリンク

 

バイオハザード ~マルハワデザイア~ 第4巻

 

第3巻からの続きになります。今回の表紙にはフル武装をしたピザーズがライフルを構えている姿が描かれていているのですが、この人物はクリスほど有名ではなく、バイオハザードのゲーム内に登場していたのかも個人的には分かりません。絵は凄くリアル。

冒頭から、自分の頭にハンドガンを突きつけ、泣きながら自殺をしようとしているリッキーが今にもハンドガンの引き金を引きそうになった瞬間、激しい銃声とともに、あのクリスが救援に駆けつけてきて、リッキーは何とか窮地に一生をえます。

この時、学園はパンデミック状態になっており、もう生存者の数すらわからないくらいであり、スナイパーライフルでゾンビ化した生徒を狙撃しているピアーズも予想の斜め上を言っていると報告をしています。メラも生存者が確認できないと報告。

クリスは、先程ギリギリの所で救出したリッキーを確認し、自分がBSAAのクリスであることを名乗り、それを聞いたリッキーは、叔父のダグ教授がBSAAのクリスさえ来てくれればと話していたことを思い出し、安心するのですが、クリスは単に教授に会いに来ただけで装備も充分でないことを告げるのでした。

スポンサードリンク


しかし、クリスはだからと言って生きる希望を捨てるなと言い、予備のインカムをリッキーに手渡し、この学園で何が起こっているのかを話してくれと言います。そして、個々の生徒がバイオテロを起こしたことを知ったクリスたちは、状況を初めて知ることになるのでした。

その時、特殊なゾンビ化してしまった生徒会長のビンディは1人不気味に廊下を歩いて何処かに向かおうとしていました。

学園の中はもうゾンビ化した生徒で溢れており、ピアーズは専用車両で一旦救援を呼びに戻り、メラは実行犯の1人であるビンディを探し、クリスとリッキーはダグ教授を救出に向かいます。

医務室で意識を失い集中治療中のダグ教授がぼんやり目を開けると、そこにはあのナナンが立っており、それを見た教授はゆっくりと目を閉じるのですが、ダグ教授はゾンビ化していまい、その姿を見たリッキーは泣きながらその場にかがみ込みます。

クリスは教授の処置をメラに確認すると、その場で射殺しようとするのですが、リッキーがオレがやるといい、頭を狙撃して教授を射殺します。

その頃、教会内で生き残った生徒たちが祈りを捧げていた所、教会のドアを破壊して中に侵入してきたゾンビ化したビンディがあなた方で最後ですと、既に顔の半分がゾンビ化した状態で、不気味な笑みを浮かべて話します。

ダグ教授のベッドには、マザー・グラシアからの最後の手紙が置かれており、そこには、地下制御室に行き、緊急事態用のヘリであなた達だけでも脱出するように指示が書かれていたのでした。

スポンサードリンク

-バトル, ホラー, ミステリー, 男性主人公, 青年漫画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

信長のシェフ 第5巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 信長の命により、戦国最大の商業都市・堺へ向かったケン。だが堺の豪商たちは信長に恨みを抱いていた。さらに石山本願寺には奇妙な菓子を作る料理人が!現代の料理人・ケンを取り巻く状況が目ま …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第3巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 老夫婦の銀行強盗、スターを利用した犯罪、遺産相続でもめる女性、迷子の少女の捜索、失われた料理の再現。ホテルと商店街に迫る様々な問題を”心を読む”コンシェルジ …

no image

海賊とよばれた男 第4巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 時代は明治41年。若き国岡鐡造(くにおか・てつぞう)は神戸高商の最終学年になり、従業員たった3名の「酒井商会」へと就職をはたした。神戸高商時代の同級生が大会社で活躍していく中、鐡造 …

no image

岳 第1巻|石塚真一 (著)

スポンサードリンク 秋の北穂高岳。登山中の中年男性・黒岩が、雪に足をとられて崖から転落、腕を骨折して動けなくなってしまった。山麓の警察署では下山時刻が遅れていることから、山岳遭難防止対策協会のボランテ …

no image

エデンの檻 第14巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 謎の医者・錦織(にしきおり)が支配する“ピラミッド”へと辿り着いたアキラたち。そこで見たものは“ピラミッド”の地下へと続く不気味な入り口と、その中で見つかったという大きな牙と鱗を持 …