サバイバル タイムトラベル ミステリー 学園 少年漫画 男性主人公

エデンの檻 第7巻| 山田 恵庸 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

生存者、さらに減少。絶滅した動物たちが潜む謎の孤島で中学生グループは生き残れるのか!? ――仲間たちと一緒に協力しながら拡大していったベースに、またもや未知の絶滅動物が襲来! 今度は巨鳥!! 巨大肉食鳥を前にパニックに陥るアキラグループを、さらに恐怖の敵が襲う! 死の包囲網をかいくぐり、グループ全滅の危機を脱することができるのか!? アマゾンより引用

 

エデンの檻 第7巻

 

第6巻からの続きになります。表紙には蹴りをしている女子高生、その前には真理谷がパソコンを使って何かをしている様子があり、背景には巨大な鳥が生徒に襲いかかっているシーンが描かれていますので、今回もまた絶滅動物との熾烈な闘いがありそうな予感です。

冒頭から巨大な鳥が襲撃をしてきており、それから逃げる大森や佐久間が何とか命拾いをしているのですが、逃げている時に誰かが佐久間を蹴り飛ばし、巨大な鳥の囮に使ったらしく、佐久間はショックを隠せない状態なっています。

アキラは杖を突きながら、悲鳴が聞こえた際に撮りに襲われて上半身が食い荒らされている男性を見て、動揺している男女が怒鳴り合っているのですが、それどころではなく、巨大な鳥はどんどん襲撃を繰り返す状態になっています。

アキラがメンバーをなだめるも、みんながパニック状態になっているのを知り止めることが出来ないと困っていた時、表紙に書かれていた蹴りを出している女子生徒が1人で巨大な鳥に立ち向かっており、アキラが言っていた綺麗事など、もしもの時には何の役にも立たない事をアキラに告げるのでした。

スポンサードリンク


この女子生徒は宮内と言い、このグループも全滅することをアキラに告げるのですが、アキラはそんなことはさせないといい、杖をついたまま、指笛を吹きつつ巨大な鳥に向かっていき、巨大な鳥が一斉にアキラに向かって飛んできた時、自分をおとりにしてしますのでした。

その様子を見ていた男子生徒が、アキラがやられているすきに逃げようとしていると、他の生徒達はアキラが動けないのに自分を犠牲にして巨大な取りに立ち向かったことを知り、一致団結して、この巨大な鳥たちを追い払うことに成功します。

この巨大な鳥の正体は絶滅しているはずのアルゲンタビスです。

アルゲンタビスの群れを無事に撃退したアキラたちは、今後はメンバー全員でこの巨大なアルゲンタビスに立ち向かうことを決意して、異常がないか敷地内を巡回していたところ、そこには寝たままの格好で死んでいる男子生徒の姿があったのでした。

そして、周囲と見ると他にも数人の生徒が死んでおり、全く外傷もなく、死体を調べても全く異常もない為、原因不明の奇病ではないかとアキラが懸念していた時、ミイナの世話をしていた杉政が突然呼吸困難になり死んでしまいます。

この原因が全くわからない奇病で、次々と死んでいく生徒たちを埋葬しようとしていた時、その頭から変な石のようなものが落ち、なにかと思ってそれを拾った宮内がこの原因不明の奇病の正体を解き明かすことになるのでした。

スポンサードリンク

-サバイバル, タイムトラベル, ミステリー, 学園, 少年漫画, 男性主人公
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

信長のシェフ 第17巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 織田家家督相続の儀を無事に終えた信長は、岐阜城を後にした。一方、顕如と松永久秀は果心居士の予言を利用しようと考え…。信長と顕如の最終決戦、天王寺合戦で信長を抹殺する計画が動き出す! …

no image

DEAD Tube ~デッドチューブ~ 第5巻|北河トウタ (著), 山口ミコト (著)

スポンサードリンク 戦慄の「孤島編」急展開!! 銃を持ってロッジを占拠した石崎は、ゲーム参加者の女性達をロッジに監禁。<王様の城>と化したロッジで石崎の本性が現れる アマゾンより引用 DEAD Tub …

no image

死役所 第1巻|あずみきし (著)

スポンサードリンク お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“助けたこと …

no image

山賊ダイアリー 第1巻|岡本健太郎 (著)

スポンサードリンク 現役猟師、兼マンガ家。岡本健太郎(おかもと・けんたろう)による狩猟&ジビエ(野生肉)喰い実録日誌。ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥etc、山グルメ満載! 山で迷ったと …

no image

真犯人!! 第1巻|門尾勇治 (著)

スポンサードリンク 20XX年、刑法第11条「死刑改正」。法務省より無作為に選ばれた国民100名は死刑執行人となり、死刑囚を処刑することを義務とする……。何者かに よって、最愛の妻・美樹を殺され、その …