スポーツ タイムトラベル 女性主人公 学園 少年漫画 恋愛

アゲイン!! 第1巻|久保ミツロウ (著)

投稿日:

スポンサードリンク

『モテキ』の久保ミツロウが描く、高校生活タイムスリップストーリー! ――高校生活3年間、友達も思い出も作らず卒業式を迎えた今村金一郎(いまむら・きんいちろう)。だが同級生の女子・暁(あきら)と階段から転げ落ち、気づいたら3年前の入学式の日へタイムスリップしていた! 憧れていた女団長・宇佐美(うさみ)と再び出逢った金一郎は、応援団に入団し、宇佐美が独りで頑張る応援団の立て直しを目指す!! アマゾンより引用

 

 アゲイン!! 第1巻

 

表紙をみた感じでは、黒髪の綺麗な女性が描かれていて、学生服を着て白い手袋を着用しているので、普通に応援団か何かだとは思うんですが、個人的にこの黒髪の女性のイラストが可愛いのでそれが印象的でしょうか?

冒頭から出てくるのがやたら綺麗な黒髪の女性であり、普通に学生服を着ているので応援団の関係者だとは思うんですが、このシーンは誰か他の人のこの女性を強く想う回想シーンのようですから、もう少し先を見てみることとしましょう。

なんでも、金ちゃんという男性が卒業式を迎えていて、卒業式くらいは学校に行きなさいと言われていますので、日常的に引きこもりの男性だったのだとは思うんですが、そのいでたちがロングヘアーに金髪なのでちょっとこれは・・・と言った感じです。

当然ですが、そんなひきもりで変ないでたちをしている金ちゃんですから、登校をしていると周囲の人たちからドン引きされてしまって、ご近所さんは怯えてしまう状態。

スポンサードリンク


そこに同級生らしき女子高生がぶつかってしまって、今村!と金ちゃんの顔を見るなり大声を出して、必死になって命からがら逃げてしまいます。

校門前に到着した金ちゃんですが、学校の教師が立っていて、そこでその髪型はダメだろうと注意をしたところ、髪をかきあげて後ろで縛った金ちゃんを見て大丈夫と対応している教師もどうかとは思いましたが、まあおおらかな学校なのでしょう。

その後、卒業式で3年前の入学式のことを思い出して、女団長と金ちゃんが回想していますので、表紙の女性がその人であることがこの時点でわかります。

しかし、相当女団長のことが気になるのか、金ちゃんが卒業式の後に応援団の部室にって見ると、当然鍵がかかっているので、なんとか部屋の中に忍び込もうとしていたところ、登校時にぶつかった女子高生がその場に現れ、犯られると叫びながら逃げていたところ階段から転げ落ちてしまいます。

その女子高生が意識もなく頭から血を流しているのを見た金ちゃんは、その場に行こうとするのですが、階段で転んでしまって女子高生の上におもいっきり転がりこんでしまうのですが、そこでなぜか意識朦朧で入学式の頃の夢を見ていると・・・なんだかこれは夢でない不思議な状況が続くことになります。

果たして金ちゃんは一体どうなってしまうんでしょうか?、興味があれば一巻をご覧になってみてください。

スポンサードリンク

-スポーツ, タイムトラベル, 女性主人公, 学園, 少年漫画, 恋愛
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

エデンの檻 第5巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク ジャングルに散った仲間を探し続けるアキラ達に合流した佐久間雪(さくま・ゆき)。雪のグループが殺人鬼に襲われ、仲間が次々と殺されていると言う。しかし、助けに急ぐアキラ達がたどり着いた …

no image

信長のシェフ 第14巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 明智光秀は、果心居士から自分が信長を討つと予言され激怒するが、信長による蘭奢待切りの予言が的中したことに驚愕する。そんな中、時代は織田・徳川と武田の決戦、長篠の戦いに向けて動き出す …

no image

約束のネバーランド 第1巻|白井カイウ (著), 出水ぽすか (著)

スポンサードリンク 母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知 …

no image

人狼ゲーム 第1巻|川上亮 (著), 小独活 (著)

スポンサードリンク 高校2年生の仁科愛梨は、ある晩何者かに拉致されてしまう。目覚めると、謎の密閉空間に同じ高校の生徒たちが集められていて、強制的に「人狼ゲーム」に参加させられることになる。そしてそれは …

no image

バトル・ロワイアル 第7巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(7) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第7巻   第6巻からの続きになります。表紙には桐山和雄が1人描かれていて …