シリアス 女性主人公 少年漫画

ナッちゃん 第1巻|たなかじゅん (著)

投稿日:

スポンサードリンク

亡き父の遺志を継ぎ、家業の鉄工所を切りもりする元気娘、ナッちゃん! 父親ゆずりの職人魂で町工場の機械を直すナッちゃんは下町の太陽だ! 町工場の仕事って、ホンマはカッコええねんで…! アマゾンより引用

 

ナッちゃん 第1巻

表紙にはレンチを持った若い女性が汚れた格好で一人立っていますので、車の整備などをしている状態ではないかと思える表紙になります。

坂本工作所にて、何処へ持っていってもすぐには直らんゆうてたんや、ホンマ助かりましたわ、坂本はんのおかげですわ、そう機械を触りながらお礼を言っている男性がいて、その男性の前にはタバコをくわえてお父ちゃんは天才やからな、お父ちゃんは機械見た瞬間に何処が悪いんか、どうやったら直るんかがパッと頭に浮かぶんや。

そう話している父親のすぐ近くに、あの表紙の女性がまだ幼い時の姿でお父ちゃんと言いながら、ウチが昨日作った機械を見てくれと相談しているのでした。

10年後。あのお父ちゃんが亡くなってしまって、その後を継いだこの女の子は、取引先からあんた勘違いしたらあかんで、お父ちゃんと同じ値段とろうなんて、と言われながら、どうやら亡くなった父親が以前提出していた見積書の金額では納得できない様子で、取引先の社長が冷たく対応しているようで、半額にしろと相手にしてくれません。

スポンサードリンク


この女性の名前は坂本ナツコ、ちょっと前までは普通のOLだったようですが、何故か今、家業の鉄工所を継ぐハメになってしもて、何処に言っても女だからの理由で足元見てきて安く買い叩くので、かなりの苦労をして父親から継いだ工作所を経営しているようです。父親が癌で倒れた際にはナツコが全て入っていた仕事をこなしたらしい・・・。

母親は機械のローンも、ここを全部売り払ったらなくなるので、そうしたらどうかとナツコに話すのですが、ナツコはこの仕事がすきなので・・・、でもやっぱりやめようかなと母親と話していた所、そや、ここ処分してうちにある鉄板つこうて2人でちっちゃいお好み焼き屋でも始よか、ウチ大きい鉄板の台を作るわ・・と話しています。

その後、お好み焼きの鉄板を作っていたナツコのもとに、坂本工作所を訪ねてきた、どうしても作って欲しい機械があると設計図を持った男性がやってくるのですが、ナツコはもうこの鉄工所は占めると言って、最高の職人がおるゆうて和歌山から来たと言っているこの男性に、お役に立てなくてと頭を下げて帰ってもらいます。

その男性、どうやら大きな鉄工所にいって、設計図をわたしてこれを作って欲しいと依頼をした所、こんなラフな図面じゃいかんと追い返されてしまい、この機械が完成しないと首をくるしかないと言い、ナツコの鉄工所に無理やりやってきて、今にも首を吊ろうとするのでした・・・。

これ、相当珍しい、女性が主人公の鉄工所を経営していく漫画のようで、かなり面白いのではないかと思います。ですからおすすめできる漫画になります。

スポンサードリンク

-シリアス, 女性主人公, 少年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

僕だけがいない街 第1巻|三部 けい (著)

スポンサードリンク 毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それと …

no image

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第6巻| 大西巷一 (著)

スポンサードリンク フス派軍が無敵を誇ったワゴンブルクは、十字軍の名将フィリポ・スコラーリとクマン人の弓騎兵戦術の前に完敗した。先鋒隊を指揮したフロマドカは討ち取られ、天使隊の少女たちも奴隷とされてし …

no image

エデンの檻 第10巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 史上最強の類人猿・ギガントピテクスを相手に奮戦するアキラたち。「俺は休むけどお前らはやり遂げてくれよな……」。アキラチームに訪れる絶体絶命の危機! かつてない苦難を乗り越えることが …

no image

岳 第1巻|石塚真一 (著)

スポンサードリンク 秋の北穂高岳。登山中の中年男性・黒岩が、雪に足をとられて崖から転落、腕を骨折して動けなくなってしまった。山麓の警察署では下山時刻が遅れていることから、山岳遭難防止対策協会のボランテ …

no image

コンシェルジュインペリアル 第2巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク 優菜が目指す、新たな介護システムの創出!! 誰でもわかりやすく、公平に評価できる…そんな介護の基準。 正しく価値を見極め、本当に幸福へとつながる介護士・介護施設と出会ってほしいから …