サバイバル タイムトラベル ミステリー 学園 少年漫画 男性主人公

エデンの檻 第14巻| 山田 恵庸 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

謎の医者・錦織(にしきおり)が支配する“ピラミッド”へと辿り着いたアキラたち。そこで見たものは“ピラミッド”の地下へと続く不気味な入り口と、その中で見つかったという大きな牙と鱗を持つ謎の生物のミイラだった。さらなる調査のために、危険な地下空間へ行くよう錦織に命じられたアキラたちだが、そこに広がっていたのは……!? アマゾンより引用

 

エデンの檻 第14巻

 

第13巻からの続きになります。表紙には、りおんともう一人ピンク色の髪をした女子高生が描かれていて、2人でアイドルのようなポーズをとっていますので、これまでの謎の島でサバイバルをしているイメージではなく、何か希望を持てるような印象がある表紙になっています。

最初の頃と比べて、かなり絵が上手くなっているのが分かります。

地図に書かれていたピラミッドに向かって移動をするアキラ達、テンションが高まる中、そこに案内をしていた社が、あのピラミッド付近にいる錦織って医者は恐ろしいやつだ、このまま全員乗り込んでも、お前ら全員奴隷になるだけだと警告をします。

アキラはそれについては考えがあるようで、鈴木と2人だけでピラミッドにいる錦織のもとを尋ねることになるのですが、ピラミッドには錦織に奴隷として働かされている多くの人達がいて、実際のピラミッドは予想よりも小さな物であることを確認したアキラは、このピラミッドが本当に飛行場なのかを疑いはじめるのでした。

スポンサードリンク


ふとアキラがピラミッドの下の方を見てみると、穴が空いていて、それを確認しようとした時、同級生で所在が分からなかった桂木と対面することになるのですが、何かに気がついた桂木は、旧に顔色が変わってその場から立ち去ることになります。

そこには、錦織がいて、君誰?と話しかけてくると、アキラは仲間にして欲しいと答えるのですが、そこでアキラは、錦織たちがこのピラミッドの発掘をしていて、そこでさっきアキラが見つけた穴を一週間ほど前に見つけたことを教えられます。

錦織に覗いてご覧と言われ、アキラが穴の奥を覗いてみると、そこには地下通路があり、このピラミッドには広大な地下空間があるのではないかと錦織が話、更にはとんでもないものがありそうなんだと言い、サーベルタイガーのような不思議な動物の頭部を持ち出してくるのでした。

そして、この穴の奥を調査中に、崩落で死者が出てしまって困っているので、アキラ達にこの奥に行くように話しかけ、君の言っている話は不自然なことが分かっているので、他に仲間が隠れているんだろう?、そういうと万年筆でアキラの身体を突き刺して、隠れてる人数を聞き出そうとします。

しかし、アキラはそれに耐え仲間のことを一切話さないため、錦織は同伴していた鈴木の方にターゲットを変えて万年筆で身体の急所に攻撃を加えると、鈴木はあっさりと隠れている人数を錦織に話してしまうのでした。

スポンサードリンク

-サバイバル, タイムトラベル, ミステリー, 学園, 少年漫画, 男性主人公
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

Dr.DMAT〜瓦礫の下のヒポクラテス〜 第1巻|高野洋 (著), 菊地昭夫 (著)

スポンサードリンク 災害現場に届け、医の光――!! 限られた条件下で医療を施す「災害医療」のスペシャリスト、通称“DMAT”。血の苦手な内科医・八雲響は、都内有栖川総合病院の院長の強引な命令で隊員とな …

no image

バイオハザード ~マルハワデザイア~ 第3巻|芹沢直樹 (画), カプコン (著)

スポンサードリンク バイオハザード ~マルハワデザイア~ 3 (少年チャンピオン・コミックス エクストラ)   バイオハザード ~マルハワデザイア~ 第3巻   第2巻からの続きに …

no image

自殺島  第1巻|森恒二 (著)

スポンサードリンク 「自殺島」─それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。果たして、セイ達の運命は!? 極限サバイバルドラマ待望の第1巻リリ …

no image

ソムリエール 第1巻|城アラキ (著), 松井勝法 (著), 堀賢一 (著)

スポンサードリンク 「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、 …

no image

そば屋幻庵 第13巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 神出鬼没の絶品そば屋台を営む牧野玄太郎は、元は幕府の重職。身分を隠し、日々、旨い蕎麦作りを追求する彼の元には、毎度、個性豊かな客が訪れて―――…。第二の人生を目一杯楽しむ姿…、誰で …