スポーツ 女性主人公 少年漫画

絢爛たるグランドセーヌ 第1巻|Cuvie (著), 村山久美子 (監修)

投稿日:

スポンサードリンク

優れた観察眼と実行力を備えた少女・奏(かなで)。絢爛たるバレエの世界に魅了された少女は、踊ることの楽しさに目覚め、やがては、世界のグランドセーヌ<大舞台>へと駆けあがっていく。第1巻は、幼少の奏がクラシックバレエに興味を持ち、バレエ教室に通うところから始まり、小学校高学年で、「ドン・キホーテ」第二幕第二場「夢の場」にてキューピッド役をソロで演じるまでを描きます。 アマゾンより引用

 

絢爛たるグランドセーヌ 第1巻

 

表紙にはクラシックバレエをしている女性が描かれていますので、普通にクレシックバレエの漫画になるのでしょうけど、一度読んでみないと分からないので、早速、中身を見ていくことにしましょう。

冒頭から、滝本伸子バレエ団の第七回公園が始まり、それをお母さんといっしょに見に来ていた少女、奏は友人の梨沙ちゃんがステージでバレエを踊っているのを見て、あれは妖精さんだと深く感激をしてしまいます。

ただ、この梨沙ちゃんはかなり年上の女の子らしく、お母さんと一緒にバレエを見に来ていた奏は、楽屋でお祝いの言葉をかける時でも梨沙ちゃんの姿を見ながら終始ポーッとしてしまい、その後、自宅に戻ってからは習いたい、私もバレエをやりたい、梨沙ちゃんみたいに踊りたいと父親にお願いをすることになります。

ここで、梨沙ちゃんがマンションのお隣さんであることがわかり、その梨沙ちゃんのバレエ公演にお母さんが連れて行っていたのですが、お母さんが飽きてやめたいっていわない?と聞くと、奏は絶対に言わないといい、父親にお願いを何度も繰り返します。

スポンサードリンク


それを見た父親は、この子が初めて自分から何かをしたいといったのだから、やらせてやろうと決断を下すと、大喜びの奏は父親に抱きつき、大好きだと笑顔で御礼をするのでした。

その後、バレエ教室に通う奏の姿があり、レッスンをしているのですが、大変不満があるような顔をしながら練習をしていて、先生からは注意をされてしまい、梨沙ちゃんが踊っていたバレエのイメージとは全く違うことにムーっとふくれてしまいます。

それを見た母親は、まさか二ヶ月で嫌になったのか?と問いただすと、なんと奏では楽しくないと即答で答えてしまったため、母親はもうちょっと辛抱強いこだとおもっていたのだけどねと、促すのですが、思い通りにならない奏は不満しかないようです。

その後のレッスンでも、全く思うように体が動かず、注意ばかりされてしまう奏は、自分の踊りがあまりに醜いため、それが嫌で大泣きをしてしまうことになります。先生が母親に電話をすると、迎えに行くまでに後2時間はかかってしまうと伝え、大泣きをしている奏に困った先生は、あの梨沙ちゃんのクラスを見学していく?と話します。

それを聞いた奏は泣き止み、梨沙ちゃんの華麗なるバレエにまた見入ることになるのでした。

序盤を見た感じでは、バレエのことを全く知らない人でも普通に読める内容になっていますので、バレエに興味がある人であれば、絵柄もキレイに書かれていますから、女性キャラに抵抗がある人以外は、普通にスラスラ読める漫画になるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

-スポーツ, 女性主人公, 少年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

C.M.B.森羅博物館の事件目録 第1巻|加藤元浩 (著)

スポンサードリンク CMBと刻まれた“3つの指輪”は「知の守護者」の証――神からの謎掛けに挑む!! 魅力的な謎と緻密なロジック、そして躍動するキャラクター! 『Q.E.D. 証明終了』の加藤元浩が繰り …

no image

辺獄のシュヴェスタ 第3巻|竹良実 (著)

スポンサードリンク 16世紀神聖ローマ帝国。罪なき賢者が「魔女」と呼ばれた時代。魔女狩りで天涯孤独となった少女・エラは「魔女の子供達」を集めた女子修道院に収容された。厳しい修道院生活にも慣れた矢先、エ …

no image

赤橙 第1巻|大部慧史 (著), 小川亮 (著)

スポンサードリンク 高校生探偵、黒星潤が逮捕に協力した凶悪殺人鬼・大瓦ユウキが逃走した。雷鳴轟く豪雨の夜に起きた本当の悲劇は、殺人鬼が邸の人を皆殺しにしたことではなく、愛する少女・かなえが潤の兄に襲わ …

no image

憂国のモリアーティ 第1巻|三好 輝 (著), コナン・ドイル (企画・原案), 竹内 良輔 (編集)

スポンサードリンク 時は19世紀末、大英帝国最盛期のロンドン──。この国に根付く階級制度に辟易するモリアーティ伯爵家家長子・アルバート。孤児院から引き取ったある兄弟との出会いによって、世界を浄化するた …

no image

エデンの檻 第21巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク アキラがみつけた写真、りおんに取りついた謎の病原菌、扉に描かれたエデンの園、ヘリを踏みつぶした巨大獣、記憶喪失の少女・ミイナ……。最後の塔で続々と判明していく島の謎。アキラ達が行き …