サバイバル ミステリー 男性主人公 青年漫画

無職強制収容所 第1巻|鎌倉敦史 (原作), 昭伶 (画)

投稿日:

スポンサードリンク

2022年、非労働者再生法が成立した日本。6カ月を超えて収入のない者は、再生処置施設で脳のリライト処置を受ける。外資系投資会社に勤めていた神条達也は、ある日、職を失う。しかし6カ月後、達也が送られたのは再生施設ではなく強制収容所だった。そこでは、異常な訓練と洗脳、啓発が行われていた。達也なぜ、そこに送られたのか――2016年エブリスタホラー大賞受賞作品! Amazonより引用

 

無職強制収容所 第1巻

 

表紙には手錠をされて鎖でぐるぐる巻きにされている刑務所の囚人服のような衣装を着用した男性が描かれているのと、タイトルが無職強制収容所なので、無職の人を強制的に施設に収容する話の漫画であることが分かりますので、大変わかりやすいタイトルと表紙になっております。

どこかのアパートの一室で、相沢有人25歳は10年間のニート生活をおくっており、ネットで必死になって掲示板の書き込みをしていた所、突然ドアを叩く音がして、非労働者再生法第9条11項に基づく処分を執行するとの声がドアの奥から聞こえてきて、慌ててドアを開けると、その場で月額7万円以上の収入証明がないと連行されていきます。

この漫画の設定では、2022年に非労働者再生法が思考されており、6ヶ月を超えて一定の収入がない無職者は再生処置施設で強制的の能のリライト処置を受ける社会になっているらしくて、すべての記憶を消されて高度な専門知識をもったマシーンへと生まれ変わり、本人にはその自覚すらないそうです。

スポンサードリンク


そこの頃、表紙に描かれていた男性、神条達也27歳は、最近入社した高木と呼ばれている社員が何の実績もないのに投資会社のトップチームに配属されてきており、神条自身も最年少でトップチームに入ったものの、入社から4年間の年月が必要だった為、高木のその待遇に他の社員と共に疑問視しているようです。

この高木についてはどうやら再生者らしくて、能をクロックアップしてIQが高められていて、専門的な知識に加えて仮想的な業務経験もインプットされており、その高木が神条の過去の投資報告書をダウンロードしてみていたらしく、その異常とも思える高木の知識と経験について、同僚から忠告を受けることになります。

神条達也は投資会社の超エリート社員であり、相当裕福な生活を多額の資金を持っていることにより、見た目だけは可愛い彼女もいるようですね。

その後、神条が1人で町中を歩いていると、警察官らしき男性が話しかけてきて、あなたにレッドマークが表示されていたので、検査をしますと神条の腕に機械当てて測定すると、ご探知だったようで、そのまま警察官らしき男性はその場を後にするのですが、伏線の予感が漂ってきますね。

会社に出社した神条は突然人事に呼びされて、その場で本日つけで解雇されることを告げられ、その要因になったのが高木であることを知ることになります。

序盤を見た感じでは、まだ無職強制所のような施設などは出てきませんが、エリート社員の神条がその施設に入る要素が満載ですので、これから会社をリストラされてしまい、その施設に入っていくことになるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

-サバイバル, ミステリー, 男性主人公, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

辺獄のシュヴェスタ 第1巻|竹良実 (著)

スポンサードリンク 16世紀、神聖ローマ帝国。罪なき賢者が「魔女狩り」という名の迫害に遭った時代。魔女狩りを指揮する修道会の処刑で家族を失くした「魔女の娘」エラは、魔女の子供達を集めた女子修道院に収容 …

no image

特攻の島 第6巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 水中特攻兵器「回天」での作戦に臨んだ渡辺。だが「回天」の故障により出撃できず帰還した。再びの特攻作戦へ志願する渡辺だったが、板倉指揮官は拒否。渡辺に後進の指導を命じる。目標を失い、 …

no image

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第4巻| 大西巷一 (著)

スポンサードリンク カトリック派が堅守する重要拠点「ヴィシェフラト城」。ヤン・ジシュカ率いるフス派軍は難攻不落のこの城を攻めあぐんでいた。そこへ天才工学者コンラート・キーザーの孫娘、リーゼロッテが援軍 …

no image

煉獄デッドロール 第1巻|吉村 英明 (著), 河本ほむら (原作)

スポンサードリンク 天才高校生・境裕明は、ある日自殺しようとする女生徒に巻き込まれ、校舎から転落する。目が覚めるとそこは、自殺者たちが絶えず「殺し合いゲーム」をさせられる空間「煉獄」であった…。敗北= …

no image

そば屋幻庵 第14巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 時は寛政年間、場所はお江戸の新橋あたり、柳の下でほのかに灯る、担ぎ屋台の街行灯。夢まぼろしの如き神出鬼没の蕎麦屋台、人呼んでその名も[幻庵]―――。勘定方の重職をあっさり捨てて、早 …