サバイバル タイムトラベル ミステリー 学園 少年漫画 男性主人公

エデンの檻 第12巻| 山田 恵庸 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

「人類最後の砦」となるはずだったベースは跡形もなく崩れ落ち、3種類の絶滅動物たちに包囲されたアキラたちは、絶体絶命の危機に陥っていた! そんな時、本物のミイナが口にした、誰も知るはずのない絶滅動物たちの特徴と弱点。それは真実なのか、まったくのデタラメなのか……。生き残るため、一か八かの賭けに打って出る!! アマゾンより引用

 

エデンの檻 第12巻

 

第11巻からの続きになります。表紙にはスケッチブックを持った本物のミイナ、アキラ達と行動を共にしていた偽物のミイナが腕を組んで2人で正面を向いている様子が描かれています。背景には満月が見えますので、この2人がとても仲がよく似たような性格なのがよく分かります。

序盤から前巻の続きである、アキラたちの居住区を狙って巨大なカンガルーの集団がアキラたちに襲いかかっているシーンから始まり、その時、塔の近くで待機していた、りおんがその先でアキラたちが争っているような音を聞き、心配し始めます。

それを聞いた真理谷が、助けに行こうとするのですが、突然物音が静まり、もしかしたらアキラたちがやられてしまったのではないかとざわつき始めた頃、アキラはお坊さん正剛に担がれた状態で、意識のないまま、りおんたちが待つ塔の元まで運ばれてきたのでした。

そして、正剛はこの付近は絶滅動物であるスミドロン、ティタニス、巨大なカンガルーたちに囲まれており、自分たちを餌として包囲している状態のため、大変危険な状態であることを話し始めます。

スポンサードリンク


また、この塔の近くには水場がないため、誰かが水を汲みに行く必要があるので、誰が危険な場所まで水を汲みに行くのかと相談していると、怪我をしている引目が俺がいくと名乗り出る事になり、それを見た女子生徒高橋も手伝う目的で同伴することになります。

その後、巨大なカンガループロブレオブスに襲われて気絶していたアキラが目を覚まし、エイケンからそのプロブレオブスについて詳しく説明を聞いていたアキラが、ずいぶん詳しいじゃないか、真理谷にきいたのか?とエイケンに訪ねます。

エイケンは、本物のミイナに聞いた話であり、このミイナはこの島で見かける絶滅動物に異常に詳しくて、それは真理谷も驚くほどでだったのですが、エイケンはミイナがスケッチを描いているところを一度も見たことがないことを不思議そうに話しかけます。

それを聞いたアキラは、石動財閥の一人娘で、おまけに記憶喪失だなんて・・・、この本物のミイナに対して、何か気になると疑問を持ちはじめるのでした。

その頃、水を汲みに行った引目たちが川で水をくんでいると、水の中から巨大なサーベルタイガー、スミロドンが襲ってきて、驚いた高橋をかばって引目が命を落とすことになるのでした。

この危機的な状況をアキラたちはどうやって乗り越えていくのか?、メンバーどうしがバラバラになりながらも、困難に立ち向かっていく展開になっています。

スポンサードリンク

-サバイバル, タイムトラベル, ミステリー, 学園, 少年漫画, 男性主人公
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

そば屋幻庵 第11巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 大人気シリーズ第11巻!!かどたひろし氏が、江戸っ子たちの粋と人情を、美麗かつ艶やかな画で描き出す!身分を隠し、蕎麦作りに熱中する玄太郎の屋台[幻庵]には、様々な想いや事情を抱えた …

no image

バイオハザード ~マルハワデザイア~ 第2巻|芹沢直樹 (画), カプコン (著)

スポンサードリンク バイオハザード~マルハワデザイア~ 2 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)   バイオハザード ~マルハワデザイア~ 第2巻   第1巻の続きになります …

no image

DEATH NOTE  第1巻|大場つぐみ (著), 小畑健 (著)

スポンサードリンク このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!  …

no image

人狼ゲーム 第1巻|川上亮 (著), 小独活 (著)

スポンサードリンク 高校2年生の仁科愛梨は、ある晩何者かに拉致されてしまう。目覚めると、謎の密閉空間に同じ高校の生徒たちが集められていて、強制的に「人狼ゲーム」に参加させられることになる。そしてそれは …

no image

信長のシェフ 第7巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 石山本願寺、浅井、朝倉による包囲網の中で森可成を失った信長は、帝の御前での料理勝負による和睦提案で苦境を乗り切る。だが、平穏もつかの間、新たなる包囲網が出来つつあった。その鍵を握る …