サバイバル タイムトラベル ミステリー 学園 少年漫画 男性主人公

エデンの檻 第20巻| 山田 恵庸 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

この島が沖縄の近くであると信じ、海へ漕ぎ出す計画を立てるアキラたち。操栖(くるす)の手術も無事終わり、ついに最後の塔「ビル」の探索が始まる! 島や絶滅動物、そして記憶喪失になっている本物のミイナの謎は解けるのか!? アマゾンより引用

 

エデンの檻 第20巻

 

第19巻からの続きになります。表紙には何処かのホールのような場所を探索しているアキラ、りおん達が描かれていますので、いよいよあの最後の居住区だと予想していた塔の中に入っていくメンバーたちの様子が表紙に出てきた感じでしょうか?

本物のミイナが描いたスケッチブックに描かれているディアトリマのイラストを見た真理谷たちは、それと全く同じ絵の破片を灯台で矢頼が見つけていて、それはコピーされたものではなく、実際に描かれたもので、かなり古い年代のものである事がわかります。

更に調べていると、全く同じものではなくて、大変良く似ているのですが、あまりに似ているため、真理谷は灯台に何か秘密があるのではないかと、矢頼と行動を共にしていた瀬川に対して確認を取ることになります。

瀬川は、あの灯台には一つだけ妙なところがあり、エレベーターが無くて階段しかなかったこと、そして、そこで見つけた身分証には所属セクションのような物が書かれていて、スパイラルとあったため、この塔は階段と何か関係があるのか?と話します。

スポンサードリンク


すると、真理谷はスパイラル、螺旋階段・・・、このことから、この島では特別な意味を持つことに気が付かないか?と話し、DNAだよ・・・と答えるのでした。

この島で度々見られた絶滅動物たちは、DNAの操作によって生み出されたものであり、そのDNAをコントロールして、絶滅動物を作っていたのが、ピラミッドであり、だったらあの灯台にも同じように何らかの役割があったはずだと真理谷は話を続けます。

そして、灯台がこの島の頭脳的な部分を担っていたのであれば、それは絶滅動物の設計所であり、全く新しい生命を作るためには、その土台になるべく設計専門の部署があったはずだと話した所、瀬川がそんなことは関係ない、ミイナが書いた絵とそっくりな絵が灯台に何故あったのかが重要なのだと反論をするのでした。

その時、塔に書かれていた謎の文字の意味になんとなく気がついていた大森は、あのアンテナ型の塔がミイナのお墓であるかもしれないなんて、いえないと・・・じっとミイナを見つめているのでした。

そして、真理谷が、やはり最後の居住区らしい塔にすべての謎を解く鍵になるものがあり、その最後の塔に行けばきっと何かが分かるはずだと、全員で最後の塔に行く事になります。

それを黙って聞いていた錦織は、ロープで縛られて捕らえられた状態で、奴らは肝心なことを見落としていると不適に笑みを浮かべるのでした。

スポンサードリンク

-サバイバル, タイムトラベル, ミステリー, 学園, 少年漫画, 男性主人公
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

そば屋幻庵 第9巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク 勘定方の要職を早々に致仕し、安くて旨い蕎麦を食べさせる屋台を家族に内緒で開店した牧野玄太郎。本作は、そば屋[幻庵]を舞台にした、味のある店主と個性豊かな常連客たちが織りなす極上の[ …

no image

巨蟲列島 第4巻|REDICE (著)、藤見泰高 (著)

スポンサードリンク ジグモの巣から茉莉華先生と睦美を救い出そうとする青山たち。一方、寺に逃げ込んだグループにも新たな脅威が襲いかかる。だが待望の救助船が、ついに島に到着……!! Amazonより引用 …

no image

ドクムシ 第1巻|合田 蛍冬 (イラスト), 八頭 道尾 (その他)

スポンサードリンク 廃校に閉じ込められた見ず知らずの6人の男女と1人の少女。そこにあるのは7日間をカウントダウンする電光掲示板と監視カメラ、そして土鍋と肉切り包丁……7日間生き残れば解放されるのか、そ …

no image

アゲイン!! 第1巻|久保ミツロウ (著)

スポンサードリンク 『モテキ』の久保ミツロウが描く、高校生活タイムスリップストーリー! ――高校生活3年間、友達も思い出も作らず卒業式を迎えた今村金一郎(いまむら・きんいちろう)。だが同級生の女子・暁 …

no image

信長のシェフ 第10巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 織田包囲網最強の大名・武田信玄は、「三方ヶ原の戦い」で徳川・織田連合軍に圧勝しながらも病死した。この好機に信長は、将軍・足利義昭を討つという大きな決断を下す。そして今、時代は大きく …