ミリタリー・戦争 女性主人公 歴史 青年漫画

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第5巻| 大西巷一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

フス派の援軍として現れた、全裸の男女の軍団アダム派。少女兵シャールカは、その一員となっていた懐かしい友ガブリエラと再会を果たす。ガブリエラに誘われるまま、アダム派のミサに参加したシャールカは、恍惚状態でまぐわう信者たちの姿に圧倒される。異質な信仰を持つアダム派に対してジシュカは警戒心を強めていく。 Amazonより引用

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 5 (アクションコミックス)

 

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第5巻

 

第4巻からの続きになります。今回の表紙は・・・、残念ながら良い子の皆さんには見せない方が良いとの管理人の判断につき、表紙についての感想は自粛させていただきます。ちょっとこの表紙はお母さん見つかると危険な表紙ですね・・・。

黒死病に感染したガブリエラたちは、川の中州の施設で隔離されて暮らしていて、死ぬか直るか、黒死病患者が全ていなくなるまではこの中州の施設から出ることが出来ない状態で、日々弱って亡くなっている人が出てきています。

そこで、新しい患者たちを乗せた船が3隻、中洲の施設にやってくるのを見ていたガブリエラは、またたくさん死ぬのね、苦しんで死んでいくのを見届けなきゃいけないのね、といいながら、もう耐えられない・・・、ごめんねシャールカと冷たい川に飛び込もうとします。

スポンサードリンク


それを引き止めて君は美しいと話しかけてくる、見るからに怪しい若い男性が神がお創りになったものは皆美しい、君は黒死病の試練を乗り越えた君は選ばれた人なんだとガブリエラに強く優しく話しかけるのですが、この若い男性はどうみてもうさん臭いです。

どうやらガブリエラは黒死病から回復できたようで、それで自分が助かったのに他の患者たちが死んでいくのが耐えられなかったようで、思わず自殺をしようと図ったようで、この若い男性がそのガブリエラの不安な心を上手く利用していくような伏線です。

1421年夏。 ハンガリー王国、プレスブルクにて、ヴィシェフラト城陥落までの経緯です。力及ばず申し訳ありませんと、ヨハンが皇帝に前巻でジシュカ達との激しい攻防戦が行われた際の報告をしていて、皇帝がそれを聞きながらボヘミアを取り戻す作戦をアフブレヒトに話しかけます。

ドイツ屈指の大諸候でありハプスブルク家のアフブレヒトは戦争も大事ですが、それよりも大事な話があると言い、皇帝の娘との婚礼を行い、帝国を盤石にして今後の作戦を進める段取りを付けていくことになります。

序盤から、ガブリエラが精神不安定になっていて、それを利用するとしか思えないうさん臭い男性が出てきていますので、ひと波乱ありそうな展開に期待ができますし、この漫画かなり面白いのでお勧めしたいところです。

 

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 5 (アクションコミックス)

スポンサードリンク

-ミリタリー・戦争, 女性主人公, 歴史, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

特攻の島 第4巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 水中特攻兵器「回天」と渡辺たちを乗せ作戦海域へと向かった潜水艦・伊53潜は米軍に発見され爆雷の雨を浴びる。敵駆逐艦に囲まれた水深100メートルの海中――。危機的状況の中で、渡辺の戦 …

no image

アルテ 第1巻|大久保圭 (著)

スポンサードリンク 16世紀初頭・フィレンツェ。芸術など文化活動が花開いたルネサンス発祥の地。 そんな活気あふれる華やかなる時代に、貴族家生まれのアルテが画家工房への弟子入りを志願する。 女性がひとり …

no image

事件記者トトコ!  第1巻|丸山 薫 (著)

スポンサードリンク バカな子ほどかわいい! 立派なカメラを持っていて、事件の鍵を握る警部と仲良しで、上司や同僚にも恵まれている――それなのに、スクープをまったく取ってこれないという新米記者トトコ。だが …

no image

終戦のローレライ 第1巻|福井晴敏 (原作), 虎哉孝征 (画), 長崎尚志 (脚色)

スポンサードリンク ドイツのライン川に伝わる伝説、その美しい歌声で船員を魅了し船を水中に引きずり込むという魔女の名“ローレライ”――。太平洋戦争の終結が迫る昭和20年(1945年)7月の日本。日本海軍 …

no image

限界集落温泉 第1巻|鈴木みそ (著)

スポンサードリンク 追いつめられた人達による、過疎化が進む村の一発逆転への道!!『銭』で大評判となった鈴木みその最新刊!! 今度の舞台は田舎の潰れかけ温泉宿。全く新たな切り口で迫ります。帯には堀江貴文 …