ミリタリー・戦争 女性主人公 歴史 青年漫画

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第6巻| 大西巷一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

フス派軍が無敵を誇ったワゴンブルクは、十字軍の名将フィリポ・スコラーリとクマン人の弓騎兵戦術の前に完敗した。先鋒隊を指揮したフロマドカは討ち取られ、天使隊の少女たちも奴隷とされてしまった。遅れてクトナー・ホラに辿り着いたジシュカは1万2千の兵で十字軍10万を迎え撃つが――!? Amazonより引用

 

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第6巻

 

第5巻からの続きになります。表紙には既に失明しているジシュカが目に包帯を巻いたまま右手に杖を持って、シャールカと2人で雪の山を歩いている姿が描かれています。

ボヘミア東部のハブリ市では、ピーポちゃん元気だった!?と、馬に乗った皇后が手を振りながら部下に挨拶をしており、それを聞いたフィリポ(ピーポ)はクトナー・ホラの町を敵に明け渡してしまい、面目次第もございませぬ、と皇后の隣にいる皇帝に頭を下げるのですが、皇帝はそなたの落ち度ではないと逆に褒めます。

そして、今の形勢を逆転するために必要なジシュカ討伐するための秘策がフィリポにはあるようで、ジシュカは蜘蛛の巣にかかった羽虫も同然、身動きできず食われるのみにございますと自信満々で皇帝に話しかけます。

スポンサードリンク


その頃、クトナー・ホラでは城壁が大砲で破壊されてしまっているのをジシュカ達が確認していて、もう守りきれないと思ってスコラーリは町を放棄したんだなと部下たちと話していると、シャールカがこれじゃ私達も守れないんじゃ?、と不安がるのですが、ジシュカはこの町の銀山と造幣局は重要な財源だ、手放すわけにはいかんと答えます。

どうやらこの町を捨てて撤退したスコラーリはボヘミア一豊かな町を餌にしてジシュカたちを足かせにして、何かをしようとしているようですが、それを聞いていた部下たちが籠城が無理なら初めからワゴンブルクで戦えばいいんじゃん、ヴィトコフの再現といこうぜと話していると・・・。

それはダメです、あいつらにはワゴンブルクは通じませんと言いながら、手負いになっているヴィーシャがどこからともなく杖を付きながら歩いてきて、このクトナー・ホラの町に砲撃をしていた際に敵の部隊が現れたので、ワゴンブルクで隊列を組んでいつも通りに防衛をしていた所・・・。

見たこともない騎馬隊が現れてワゴンブルクの周囲を取り囲み、高速で移動しながら弓矢で攻撃をしつつ、ワゴンブルクの防壁をあっさりと突破してしまい、みんな勇敢に戦ったにも関わらず、男は殺されて女は捕らえられてしまい、僕も捕虜になったけど男だとバレて何とか逃げ出せたとのことです。

この少女、実は男だったようです・・・。

この漫画、史実をベースにして描かれているで、大変のめり込みやすく内容も濃い目の為、大変おすすめできる漫画となっております。

 

スポンサードリンク

-ミリタリー・戦争, 女性主人公, 歴史, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

コンシェルジュインペリアル 第1巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク 伝説のホテルコンシェルジュを父に持つ最上優菜。 18歳になった優菜は介護士として働き出す。様々な家庭模様・人間模様が渦巻く環境で “人の生死を看取り”、“人生の最後を幸福に飾る”と …

no image

特攻の島 第5巻|佐藤秀峰 (著)

スポンサードリンク 敵艦隊停泊地の眼前で、潜水艦・伊53潜に搭載された水中特攻兵器「回天」に乗り込んだまま意識を失った渡辺。「回天」内で発生したガスと浸水により、一刻を争う事態に、艦長が下した決断は、 …

no image

アンゴルモア 元寇合戦記 第1巻|たかぎ 七彦 (著)

スポンサードリンク 中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、こ …

no image

コンシェルジュインペリアル 第2巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク 優菜が目指す、新たな介護システムの創出!! 誰でもわかりやすく、公平に評価できる…そんな介護の基準。 正しく価値を見極め、本当に幸福へとつながる介護士・介護施設と出会ってほしいから …

no image

勇午 Final 第1巻|赤名修 (著), 真刈信二 (著)

スポンサードリンク 交渉とは言葉を武器にした戦いである。世界一の交渉成功率を誇る交渉人・別府勇午(べっぷ・ゆうご)。長きにわたり読者を魅了し続けた男が最後の交渉に挑む。舞台はトルコ。「勇午」史上、最凶 …