ミリタリー・戦争 女性主人公 歴史 青年漫画

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第6巻| 大西巷一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

フス派軍が無敵を誇ったワゴンブルクは、十字軍の名将フィリポ・スコラーリとクマン人の弓騎兵戦術の前に完敗した。先鋒隊を指揮したフロマドカは討ち取られ、天使隊の少女たちも奴隷とされてしまった。遅れてクトナー・ホラに辿り着いたジシュカは1万2千の兵で十字軍10万を迎え撃つが――!? Amazonより引用

 

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第6巻

 

第5巻からの続きになります。表紙には既に失明しているジシュカが目に包帯を巻いたまま右手に杖を持って、シャールカと2人で雪の山を歩いている姿が描かれています。

ボヘミア東部のハブリ市では、ピーポちゃん元気だった!?と、馬に乗った皇后が手を振りながら部下に挨拶をしており、それを聞いたフィリポ(ピーポ)はクトナー・ホラの町を敵に明け渡してしまい、面目次第もございませぬ、と皇后の隣にいる皇帝に頭を下げるのですが、皇帝はそなたの落ち度ではないと逆に褒めます。

そして、今の形勢を逆転するために必要なジシュカ討伐するための秘策がフィリポにはあるようで、ジシュカは蜘蛛の巣にかかった羽虫も同然、身動きできず食われるのみにございますと自信満々で皇帝に話しかけます。

スポンサードリンク


その頃、クトナー・ホラでは城壁が大砲で破壊されてしまっているのをジシュカ達が確認していて、もう守りきれないと思ってスコラーリは町を放棄したんだなと部下たちと話していると、シャールカがこれじゃ私達も守れないんじゃ?、と不安がるのですが、ジシュカはこの町の銀山と造幣局は重要な財源だ、手放すわけにはいかんと答えます。

どうやらこの町を捨てて撤退したスコラーリはボヘミア一豊かな町を餌にしてジシュカたちを足かせにして、何かをしようとしているようですが、それを聞いていた部下たちが籠城が無理なら初めからワゴンブルクで戦えばいいんじゃん、ヴィトコフの再現といこうぜと話していると・・・。

それはダメです、あいつらにはワゴンブルクは通じませんと言いながら、手負いになっているヴィーシャがどこからともなく杖を付きながら歩いてきて、このクトナー・ホラの町に砲撃をしていた際に敵の部隊が現れたので、ワゴンブルクで隊列を組んでいつも通りに防衛をしていた所・・・。

見たこともない騎馬隊が現れてワゴンブルクの周囲を取り囲み、高速で移動しながら弓矢で攻撃をしつつ、ワゴンブルクの防壁をあっさりと突破してしまい、みんな勇敢に戦ったにも関わらず、男は殺されて女は捕らえられてしまい、僕も捕虜になったけど男だとバレて何とか逃げ出せたとのことです。

この少女、実は男だったようです・・・。

この漫画、史実をベースにして描かれているで、大変のめり込みやすく内容も濃い目の為、大変おすすめできる漫画となっております。

 

スポンサードリンク

-ミリタリー・戦争, 女性主人公, 歴史, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

信長のシェフ 第1巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 現代の料理人・ケン。彼が目を覚ますとそこは戦国時代だった。京で評判の料理の噂を聞きつけた信長は、強引にケンを自分の料理人にするが…!?戦と料理が織りなす前代未聞の戦国グルメ絵巻!コ …

no image

惡の華 第1巻|押見修造 (著)

スポンサードリンク ボードレールを愛する、文学少年・春日高男(かすが・たかお)。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた大好きな佐伯奈々子(さえき・ななこ)の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ …

no image

海賊とよばれた男 第1巻|百田尚樹 (著), 須本壮一 (著)

スポンサードリンク 昭和20年8月15日、日本敗戦。それは、石油販売会社「国岡商店」が何もかも失った日でもあった。莫大な借金だけが残り、もはや再生不可能と全社員が覚悟する中、店主・国岡鐡造は「愚痴をや …

no image

アルスラーン戦記 第1巻|田中芳樹 (著), 荒川弘 (著)

スポンサードリンク 国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラー …

no image

ヒトクイ-origin- 第1巻|MITA (著), 太田羊羹 (著)

スポンサードリンク 集団突然死事件が頻発する世界。いずれも死因は心臓麻痺。その謎の鍵は、チェーンメールにあった。メールに記された存在“ヒトクイ”とは一体―――男子高校生・陽太がこの謎に挑む!!恐怖とサ …