ミリタリー・戦争 女性主人公 歴史 青年漫画

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第4巻| 大西巷一 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

カトリック派が堅守する重要拠点「ヴィシェフラト城」。ヤン・ジシュカ率いるフス派軍は難攻不落のこの城を攻めあぐんでいた。そこへ天才工学者コンラート・キーザーの孫娘、リーゼロッテが援軍に駆けつける。リーゼロッテの奇策からフス派軍は突破口を見つけるが、戦局は膠着し、ジシュカは勝利の為に非情な決断を下す!! Amazonより引用

 

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第4巻

 

第3巻からの続きになります。表紙には防護服か潜水服のような格好をして、大きなヘルメットのような物を手に持ったシャールカを含む5人の少年少女が巨大なお城の前で立っている様子が描かれています。果たしてこの奇抜な格好で一体何を始めるのか?、史実がベースの中世歴史漫画の決定版を見ていきましょう。

シャールカたちはペストに感染してしまって、船で川の中州に運ばれていくガブリエラを見つけて全員でガブリエラと叫んで見送っています。その中で黒死病でもそこで治る可能性があることを年配の男性が話しているのを聞き、シャールカは自分のせいでガブリエラが黒死病になってしまったのでは・・・と泣きながら見送ることになります。

この部分は第3巻を見ていないと多分分かりにくいので、よろしければ、第3巻を見ておくことをお勧めいたします。

スポンサードリンク


その時、ジシュカ率いる戦車隊は騎士団を相手に実践さながらの訓練をしていて、誇り高き騎士団達を相手に、なかなか女子供たちで組織したこの戦車隊の戦略を理解してもらえないまま、揉め始めることになるのですが、そこでジシュカは農民は号令に合わせて動くことに慣れているとこの戦車隊の優位性を話し始めます。

それを聞いた騎士団の騎士は自分たちが農民に劣るのか?と抗議をしようとするのですが、ジシュカは自信に満ち溢れながら、俺の生み出したワゴンブルクは守りの戦術、騎士の突撃は責の戦術だ、その2つを融合して最強の軍団を作る、そのために今日は騎士たちに馬を降りてもらった・・・そう答えるのでした。

馬上では見えぬもの・・・、それについては騎士はよく理解できていないようなのですが、ジシュカの戦略性の高さを知っている以上、それ以上の反論はできません。

その後、自主化はシャールカを馬に乗せて、その場を後にしようとすると、シャールカからみんなに内緒にしていていいの?・・・、私が気が付かないと思っているの?と真顔で問いただすと、ジシュカは大変厳しい顔をしたまま真っ直ぐどこかを見つめていました。

今回はガブリエラが黒死病に掛かる経緯を前巻で知っておかないと良くわからない部分がありますが、ジシュカが組織している農民や女子供で構成された戦車隊の根本的な強さの部分について語られているので、その点は分かりやすく、後はジシュカに何かが起こっているのをシャールカが追求するシーンも印象的です。お勧めできる漫画です。

 

スポンサードリンク

-ミリタリー・戦争, 女性主人公, 歴史, 青年漫画
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

アルテ 第4巻|大久保圭 (著)

スポンサードリンク 突然アルテの目の前に現れたヴェネツィアの名門貴族ファリエル家のユーリ。ユーリはアルテに、ヴェネツィアでの仕事を依頼する。一介の徒弟にとって望外の機会だったが、それは同時にレオとの別 …

no image

コンシェルジュインペリアル 第2巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク 優菜が目指す、新たな介護システムの創出!! 誰でもわかりやすく、公平に評価できる…そんな介護の基準。 正しく価値を見極め、本当に幸福へとつながる介護士・介護施設と出会ってほしいから …

no image

信長のシェフ 第17巻|西村ミツル (著), 梶川卓郎 (漫画)

スポンサードリンク 織田家家督相続の儀を無事に終えた信長は、岐阜城を後にした。一方、顕如と松永久秀は果心居士の予言を利用しようと考え…。信長と顕如の最終決戦、天王寺合戦で信長を抹殺する計画が動き出す! …

no image

大正処女御伽話  第1巻|桐丘さな (著)

スポンサードリンク 時は大正――。事故がもとで母と右手の自由、父の期待を失い田舎に養生という名目で家を追われた青年・珠彦。世の中の全てに嫌気がさし、引き籠もりの厭世家となり果てていた珠彦のもとに、夕月 …

no image

辺獄のシュヴェスタ 第3巻|竹良実 (著)

スポンサードリンク 16世紀神聖ローマ帝国。罪なき賢者が「魔女」と呼ばれた時代。魔女狩りで天涯孤独となった少女・エラは「魔女の子供達」を集めた女子修道院に収容された。厳しい修道院生活にも慣れた矢先、エ …