バトル 女性主人公 青年漫画

キャタピラー 第1巻|村田真哉 (著), 匣咲いすか (著)

投稿日:

スポンサードリンク

「アラクニド」から派生したもう一つの「蟲」同士の戦いがここに! 「組織」に飼い慣らされた「芋蟲」の孤独な戦いが始まる!! アマゾンより引用

 

キャタピラー 第1巻

 

表紙には背景の蝶が描かれていて、金髪の女性が上着を脱ぎながらこちらを見ているのですが、この表紙とタイトル名キャタピラー、イモムシ?だけでは、どのような作品なのか分かりませんので、早速中身を見ていくこといしましょう。

組織の目的は、無価値な人間を殺し、戸籍・資産・臓器などを商品とすることである。実行するのは人の社会から隔絶された名も無き暗殺者。人に溶け込み、人を殺す、人ならざるもの。それらは蟲と呼ばれた。

こんな感じで、序盤からスタートしていますので、殺し屋関係のストーリー展開をしていくんでしょうけど、芋蟲がやたらと出てきますから、最近流行りの蟲人間がメインの展開の予想がしてきます。

金魚すくいをしていて、何回やっても金魚を一匹も救えない表紙に描かれていた女性、一匹を狙いすぎだと店のおじさんから言われてしまうのですが、実は掬おうとしていた金魚は最初から掬えない金魚だったそうで、それを聞いた女性はバカ野郎と怒りだします。

スポンサードリンク


何か用事があるとのことで、その場を急いで走り去っていくのこの女性が向かった先は、どこかの雑居ビルであり、その中では女子高生が撮影されながら暴行を受けていて、ドアを開けてさっきの金魚を持ったまま中に入った女性は、その場で銃撃を行います。

無表情のまま、次から次から、女子高生に暴行をしていた男たちに発泡を繰り返していると、銃がつまってしまい、そこを刃物を持った男におそわれてしまうのですが、そこで女性は自分が芋蟲であることを名乗り、組織が必要としなくなったお前たちを抹殺すると告げます。

当然、相手の男はナイフを持って芋蟲を名乗るこの女性を殺害しようとするのですが、そこで女性が攻撃を交わした瞬間、芋蟲に関する解説が始まります。

イモムシは攻撃性は皆無。概して草食性で天敵も多く、常に捕食される側だと思われがちだが真実は違う。ハワイ諸島に棲む尺取り虫の一種、カニヴィラスキャタピラーは、他種と同様に直立不動の体勢で小枝に擬態し、外敵の目を欺く。

だが、獲物が足元を通りかかると、瞬時に体を屈曲させ捉える。およそ蛾の幼虫とは思えぬ獰猛さを備えたこのイモムシは、隔絶された弱肉強食の世界に適応し、独自進化を遂げた戦闘種なのである。

その後、アンカーボルトキャタピラーキャノンという必殺技で、男に頭突きをしてから倒してしまい暗殺の任務を終えることになります。この時点ではイモムシとこの女性がどう関係しているのかは、必殺技くらいしか分かりません・・・。詳細を知るには、見ていくしかないようです。

スポンサードリンク

-バトル, 女性主人公, 青年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

今際の路のアリス 第1巻|黒田 高祥 (作画), 麻生 羽呂 (原著)

スポンサードリンク 廃墟と化した世界で、少女は故郷を目指す。 女子高生・小島亜里朱がある朝目覚めたのは、人が消えたまま何十年も経ったかのような京都の街。彼女は自分と同じように記憶をなくし、トランプの絵 …

no image

大正処女御伽話  第3巻|桐丘さな (著)

スポンサードリンク 時は大正――。事故で右手の自由を失い、田舎で養生中の珠彦のもとに嫁として夕月がやってきた。二人は共に生活する中で少しずつ距離を縮め、いつしか彼女を幸せにしたいと思い始めた珠彦。夕月 …

no image

Sエス―最後の警官― 第1巻|藤堂裕 (著), 小森陽一 (著)

スポンサードリンク 韓国大統領の来日に向け、警備に追われるNPS隊員たち。しかし、雑用を押し付けられた神御蔵の近くで無差別殺傷事件が発生。犯人の命を奪ってでも事態を解決する制圧部隊SATが出動したため …

no image

バトル・ロワイアル 第12巻|田口雅之 (著), 高見広春 (著)

スポンサードリンク バトル・ロワイアル(12) (ヤングチャンピオン・コミックス)   バトル・ロワイアル 第12巻   第11巻からの続きになります。表紙にはスポットライトに照ら …

no image

亜人 第1巻|桜井画門(著)

スポンサードリンク 「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。圭をとりまく環境は一変 …