バトル 女性主人公 青年漫画

キャタピラー 第1巻|村田真哉 (著), 匣咲いすか (著)

投稿日:

スポンサードリンク

「アラクニド」から派生したもう一つの「蟲」同士の戦いがここに! 「組織」に飼い慣らされた「芋蟲」の孤独な戦いが始まる!! アマゾンより引用

 

キャタピラー 第1巻

 

表紙には背景の蝶が描かれていて、金髪の女性が上着を脱ぎながらこちらを見ているのですが、この表紙とタイトル名キャタピラー、イモムシ?だけでは、どのような作品なのか分かりませんので、早速中身を見ていくこといしましょう。

組織の目的は、無価値な人間を殺し、戸籍・資産・臓器などを商品とすることである。実行するのは人の社会から隔絶された名も無き暗殺者。人に溶け込み、人を殺す、人ならざるもの。それらは蟲と呼ばれた。

こんな感じで、序盤からスタートしていますので、殺し屋関係のストーリー展開をしていくんでしょうけど、芋蟲がやたらと出てきますから、最近流行りの蟲人間がメインの展開の予想がしてきます。

金魚すくいをしていて、何回やっても金魚を一匹も救えない表紙に描かれていた女性、一匹を狙いすぎだと店のおじさんから言われてしまうのですが、実は掬おうとしていた金魚は最初から掬えない金魚だったそうで、それを聞いた女性はバカ野郎と怒りだします。

スポンサードリンク


何か用事があるとのことで、その場を急いで走り去っていくのこの女性が向かった先は、どこかの雑居ビルであり、その中では女子高生が撮影されながら暴行を受けていて、ドアを開けてさっきの金魚を持ったまま中に入った女性は、その場で銃撃を行います。

無表情のまま、次から次から、女子高生に暴行をしていた男たちに発泡を繰り返していると、銃がつまってしまい、そこを刃物を持った男におそわれてしまうのですが、そこで女性は自分が芋蟲であることを名乗り、組織が必要としなくなったお前たちを抹殺すると告げます。

当然、相手の男はナイフを持って芋蟲を名乗るこの女性を殺害しようとするのですが、そこで女性が攻撃を交わした瞬間、芋蟲に関する解説が始まります。

イモムシは攻撃性は皆無。概して草食性で天敵も多く、常に捕食される側だと思われがちだが真実は違う。ハワイ諸島に棲む尺取り虫の一種、カニヴィラスキャタピラーは、他種と同様に直立不動の体勢で小枝に擬態し、外敵の目を欺く。

だが、獲物が足元を通りかかると、瞬時に体を屈曲させ捉える。およそ蛾の幼虫とは思えぬ獰猛さを備えたこのイモムシは、隔絶された弱肉強食の世界に適応し、独自進化を遂げた戦闘種なのである。

その後、アンカーボルトキャタピラーキャノンという必殺技で、男に頭突きをしてから倒してしまい暗殺の任務を終えることになります。この時点ではイモムシとこの女性がどう関係しているのかは、必殺技くらいしか分かりません・・・。詳細を知るには、見ていくしかないようです。

スポンサードリンク

-バトル, 女性主人公, 青年漫画
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

アルテ 第2巻|大久保圭 (著)

スポンサードリンク 自らの制御できない感情に思い悩むアルテを引き連れ、貧民街へとやってきたヴェロニカ。 そこにはヴェロニカと同じように、かつて高級娼婦として活躍していた女性の落ちぶれた姿が……。 ヴェ …

no image

赤橙 第1巻|大部慧史 (著), 小川亮 (著)

スポンサードリンク 高校生探偵、黒星潤が逮捕に協力した凶悪殺人鬼・大瓦ユウキが逃走した。雷鳴轟く豪雨の夜に起きた本当の悲劇は、殺人鬼が邸の人を皆殺しにしたことではなく、愛する少女・かなえが潤の兄に襲わ …

no image

東京シャッターガール 第1巻|桐木憲一 (著)

スポンサードリンク 東京シャッターガール 1   東京シャッターガール 第1巻   表紙にはカメラを両手で持った女子高生が街並みを歩いているシーンが描かれていて、タイトルがシャッタ …

no image

東京喰種トーキョーグール 第1巻|石田スイ (著)

スポンサードリンク 【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青 …

no image

真犯人!! 第3巻|門尾勇治 (著)

スポンサードリンク 20XX年、刑法第11条「死刑改正」。法務省より無作為に選ばれた国民100名は死刑執行人となり、死刑囚を処刑することを義務とする……。何者かに よって、最愛の妻・美樹を殺され、その …