シリアス 女性主人公 少年漫画 歴史

アルテ 第3巻|大久保圭 (著)

投稿日:

スポンサードリンク

女性でありながら画家修行をするアルテに対しほかの工房の親方や徒弟から疑問視する声があがる。 果たして彼らを認めさせ、工房の徒弟として修行を続けることはできるのか?アルテの『覚悟』が今一度試される。 アマゾンより引用

 

アルテ 第3巻

 

表紙には貧乏な貴族出身の女性アルテが、女性の立場でありながらなんとか画廊に弟子入りすることに成功をして、大規模で巨大な壁画のような物を描いているシーンが描かれていますので、遂に画家としての仕事を得たのか?、気になる第2巻からの続きになります。

高級娼婦であるヴェロニカの屋敷の部屋で地球儀を指で触りながら回していたアルテは、その部屋に喜びながら入ってくるヴェロニカを見て、すいません忙しいところにやってきて、今日も誰かがいらっしゃっていたのでは?ともう訳なさそうに話すのですが、ヴェロニカは全然・・・と答えます。

その頃、ヴェロニカの屋敷を追い出されて振り向きながらその場を去っている男性がいたのはある手には公然の秘密になっているようです。

アルテの事を大変気に入っているヴェロニカが、今日はどのような用事で自分の屋敷にきたのかを問うと、アルテは実はヴェロニカさんにお願いしたいことがあり、ウベルティーとの交渉の件でどうやらアルテは困っているらしくて、人脈の広いヴェロニカならこの問題をなんとかしてくれるのでは?と考えているようです。

スポンサードリンク


ウベルティーのとは、元々は貧乏な商人の家のでらしいのだけれど、彼1代であの莫大な財を築き上げたかなりの大物とヴェロニカが話していますから、かなりの大物相手に交渉でアルテが困っているのを知り、ヴェロニカは自分が口添えをすればいいのか?何をして欲しいのかをアルテに問いただします。

ところが、アルテはそのような相談できたのではなくて、彼との交渉を上手くいかせる方法を教えてほしい、ヴェロニカなら仕事から話すのが大変得意なため、その方法を教えてほしいとヴェロニカにお願いすると、ヴェロニカは大事な友人のためなのでと快く了解してくれることになります。

そして、明日から毎日いらっしゃい、私が手取り足取り教えてあげると話し始めると、突然アルテのお腹がギュルルとなり始めますので、それを聞いたヴェロニカは、アルテが断食をしているのか?と心配そうに考えて、お土産にお菓子を手渡して、アルテはその場を後にすることになります。

序盤はこのような感じで、アルテが交渉術をヴェロニカに教わりに行くシーンから始まり、これからウベルティーのところにドレスの正装姿で出かけるシーンにつながっていきます。

中世のヨーロッパ的な時代背景が好きな人であれば、誰でも楽しめる内容になっていますのでおすすめです。

スポンサードリンク

-シリアス, 女性主人公, 少年漫画, 歴史
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

そば屋幻庵 第5巻| かどたひろし (著)、梶研吾 (著)

スポンサードリンク ときは寛政年間、場所はお江戸の新橋辺り…夜鳴きそば屋として第二の人生を謳歌する元旗本・牧野源太郎の屋台には、今宵も様々な客が訪れる――西国から音信不通の妹を捜しに来た武士、やたらと …

no image

コンシェルジュ プラチナム 第10巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (著)

スポンサードリンク 震災以降、消費者に敬遠されがちな東北の農産物をアピールしたいという依頼が!! 何とか協力したい想いの九音だったが、イメージダウンを恐れて商店街からなかなか了承を得られない。 しかも …

no image

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ  第2巻| 大西巷一 (著)

スポンサードリンク 1420年、ボヘミア王国。フス派の傭兵隊長ヤン・ジシュカは新兵器「ピーシュチャラ(初期の銃)」と「信仰心」を利用して農民や女性、子供までも軍へと編成した。フス派ターボル軍2千vsカ …

no image

コンシェルジュインペリアル 第1巻|藤栄道彦 (画), いしぜきひでゆき (案)

スポンサードリンク 伝説のホテルコンシェルジュを父に持つ最上優菜。 18歳になった優菜は介護士として働き出す。様々な家庭模様・人間模様が渦巻く環境で “人の生死を看取り”、“人生の最後を幸福に飾る”と …

no image

エデンの檻 第2巻| 山田 恵庸 (著)

スポンサードリンク 謎だらけの島に不時着してはや、数日。いまだ救助は来ず、巨大絶滅獣の襲撃に怯えるアキラたち。社会の檻から解き放たれた同級生たちは、理性を失い、眠っていた野性が覚醒する!? 生き延びる …